SHS(静岡ホビーショー)など

facebookのこの関係の文章を掲示したら皆さんに読んでもらえたようでありがたいと思います。

SHS(静岡ホビーショー、以下SHSと記す)は、すでによくわからないうちに全世界規模になりました。

参加クラブも増え続け、会場も拡張し、通路も狭くなりました。

見学者はうなぎのぼりで・・・数十万人レベルとなっている。

こうなると問題が出てくるのは当たり前で・・・

まず、合同展示会への参加者で、一部非常にモラルが低い者が出てきたということである。

会場地下駐車場で車中泊、ついでに、宴会・・・・厳重注意

企業の好意で借りていた駐車場で車中泊…ついでに、宴会・・・今年からその駐車場が使えなくなった。

作品を盗むやつまでいる。

大体、土曜日の夕方、懇親会に出るために皆がぞろぞろと会場を後にする時間帯・・・に盗むんだと思うが・・

多くの店員が見ている中、掠め取ったやつもいる。

きっと、万引きも横行しているんだろうな・・・と

会場へ見に来る人の問題行動も顕在化している。

見る側の、マスでの移動が多くなった。

撮影態度も悪い。

うちのクラブの横が有名モデラーさん(雑誌に作例をよく載せている人らしい・・・)の主催ブースだった

うちの際(きわ)に、スターウオーズの情景があった。

見る人の目線を考えた置き方で、高い位置にわざわざ置いた。

皆さん普通の位置で撮影を敢行。

人が寄ると、つられて人が寄る・・・うちのブースの前にはみ出して撮影・・・

で、女性の肩から下げたカバン

おっさん、兄ちゃんの肩から下げたカバン・・・カメラ・・・が、作品の上を周回する

みんなスマホの撮影に夢中で気が付かない。

おかげ注意すること再三再四・・・

で、隣のブーズは無人・・・誰もいねぇえよ・・・

誰か、必ずいるように指導が入っているがいない・・・

で、待つことしばし、有名もデラーがご本人が、ご帰還。事情を説明した。

うちの会員が、「会長(こういった時だけ会長・・・)、危ないでさ、となりに言ってよ」と・・・

云うと、この方、ああすいません…と言いながらすぐに移動してくださいました。

おかげで、フルスクラッチ作品の破損という事態は免れました。

数年間隣が、ある特殊な作品群でした。

ここに来る客の撮影態度もひどいものでした。

注意する気も失せるぐらいでした。

まあ、丁寧に、注意したら反応よくどいてくれるのでいいのですが・・・ねぇ

向こうは1回、こちらは2日間ずーと注意してると嫌になる。

 

懇親会は盛り上がっていいのです。

うちのクラブと、関係クラブはいつも同じような位置のテーブルの周辺にたむろしてます。

年寄りが多いので、座るモードです

同じような位置のテーブルなので、毎年同じような人がいます。

乾杯が済んで、会食が始まると、テーブルかぶり付きで延々と食いつ続ける人がいる。

こちらは、すいませーんと言いながらクラブ員の分をもって帰る

親鳥の、餌運びみたいなものです。

大体、21時から二次会があるので、ちょっとセーブ気味

とはいえ、昼食べてないので、少しは食べる・・・が

20分もするとテーブルの上は・・・から

ほかのテーブルは、結構余っているとも聞いたので、場所によるのかなぁ・・・と

なかなか、厳しい意見も多いもですが、ここは、自主的に是正する方法にもっていきたいと思います。

入場料を取るは厳しいと思います。

合同展示会の参加者から徴収するのは可能であると思います。

参加者一人頭1000円、1000円分×人数、記念バッチは、その人数分とするとか。

一時時期参加クラブをかなり抑制していましたが、現在は膨張気味です。

島ブースは、場所のロスが大きいように感じますので、やめるとかも考えてほしいですね。

また外国の参加者で、やたらとその国をを意識させるTシャツを着こんだ一群がいました。

大陸系です。

ちょっと威圧感を感じました。

中華民国の方は、圧を感じません。

今年は、臺灣大学出身の方と、うちのクラブのM113好きと意気投合してしてました。

非常に、友好的で圧を感じませんでした。

日本人が、同じTシャツ姿でいてもあまり圧を感じたことはありませんでしたが、今回は何か、いやな「圧」を感じました。

改善点を、みんなが、要望として提出することも必要ではないかと思うのですが・・・

| | コメント (0)

SHS悲報 駐車場が使えなくなった訳

SHS(静岡ホビーショー)では、今年(2019年)から、ある企業の駐車場が使えなくなった。

理由は、昨年(2018年)の土曜の夜半

この駐車場で車中泊をしていた一団が、夜、駐車場で宴会をを開いて近隣から苦情が来たと判明・・・・

2017年は、会場地下の駐車場で車中泊、宴会で大問題となった・・・・

宿泊が取れないないからか、宿泊代(現在高騰中)がもったいないからか・・・よくわからないが・・

金がないので…でというのが真相ではないだろうか。

金がないなら来るなとは言わないが、もう少し考えてほしいという事である。

夜のパーティーで、テーブルにかぶりつきで、延々と食っているのが多数いる。

あんた一人のテーブルじゃないと思いつつも・・・すいませーんとか言いながら突入すると

めぼしいものは残っていない・・

車中パーテイ組は、この食材を持ち帰り宴会の具材としていたということも聞いた。

一部の迷惑な人の行為で皆さんが被害を被ることが多い

最近この辺の話が多い

車のイベントでも、爆音を立てて入場する車の所為でイベントが中止になることが多い

多くは、近隣住民からの苦情である。

SHSの会場近くのイトーヨーカドーも買い物に来ないSHS来場者の駐車で困っているそうである。

何か買えばいいと思うのだが‥モデラーは買わない

駐車場は誰のためにあるのか・・・何のためにあるのかを考えてほしいと思うのだが・・

多くの現場では、SHSへの入場料を取るべきという論議がある。

合同展示会の会場でも、出品ブース1人1000円とかね。

土日の会場周辺の交通渋滞がひどいので、今年は、静岡県警から重大警告があったようである。

来年は、一般駐車場が閉鎖、遠方の駐車場、来場者はシャトルバス輸送になる可能性がある。

そういえば、タミヤは、小売店さんお実体調査に乗り出したようである。

模型店が全滅し他県が実は多い。

小売店としての模型店の絶滅地域が多い

友人によれば、静岡、徳島は全滅である。

うちの近所のは、某店舗があるので助かっているが、それでも、中華系の暴利ななキットは買わない。

代理店の暴利があまりにもひどい

某社が代理店になると暴利なモードになる。

それのほかの代理店も合わせる・・・海外で6000円の商品を、日本で12000円・・・これでは、一般の模型屋は仕入れができない。

で、直販は、20%引きと云って売るのである。

某社の5000円を切る価格帯というのは結構大切である。

この内容なら5000円でもというキットなら良いが、珍奇なだけのものはいらない。

模型の販売、製作環境が悪くなる中で、同窓会の様な楽しみがあり、モデラーの楽しみであるSHSの合同展示会の火を消さない様に皆さんで協力していただきたいなぁと切に願うのである。

 

| | コメント (0)

FACとルノーの決裂、残念だわぁ

昨日(6月6日)の日本経済新聞の夕刊では、ルノー公団と、FCA(フィアットクライスラーグループ)の交渉が決裂したという報道があった。

個人的な感覚では、ものすごく残念である。

だって、日産がなくなる可能性が高まったんだもの・・うまくいけば・・・

図々しいフランスは、立場もわきまえず要求をしたという報道である。

フランス経済の低迷と、自動車工業の低迷で、外貨を稼ぐ手段としての自動車工業の役割は少ないが、現在のフランス経済を見ればフランスは困窮の極みにあることは周知の事実である。

フランスの暴動は、原因は、熟女好きの若いだけで、無能な大統領を選んだ国民に責任がある。

フランスのルノー公団自体は、もともと、WW2の戦中、ルノーがドイツに協力したということで、フランス政府が私有財産を強奪したことから始まる。

以前、国営放送のF2(アンデンドーウ)で、フランス産の車が久々に輸出超過に転じたことを喜ばしい事実として報道していたことがある。

その車の主力は、TOYOTAのYARIS(トヨタビッツ)である。

10年ぐらい前のことではないかと思う。

つまりその時点で、フランス国内生産の車は、ほぼ国内消費のみということがよくわかる。

よくわからないのは、FCAが申し込んだのか、ルノーが申し込んだのか・・・

日本経済新聞(6/7)の言い草は、FCAは、ルノー公団を買うという姿勢を見せたくなかったと書いてある。

つまりFCAは、経営統合により利益を最優先にして、ルノーの言い分を最初は聞いていた‥と言うことであろう。

表面上は、ルノーの顔を立てる、実利益は自分たちの手へという感覚だったかもしれない。

イタリアのFIATは、国内の老朽化した設備に見切りをつけて、旧東欧で最新工場を建築し、稼ぎ頭である安い車の生産を移管した。

生産性の向上を、東欧に求めたが・・・肝心の車の性能が付いてこない・・。

例えば、本来、安いはずの、500が日本では大変高い。

それにスペシャルバージョンを乱発して高い値段をつけている。

価格と性能が見合ってないことは、明らかである。

エイバースバージョンを何台か乗ったが・・・この車格に必要か?と思うだけである。

エイバース(アバルト)バージョン(英語では、エイバースと表現する〉でを乱発してるが、どうなんだと思う。

古(いにしえ)のエイバース(アバルト)ではない。

米国の車の不人気度合いを見ると面白い。

ヒュンダイ並みである。

つまり、壊れる、直しても壊れる、中古車価格が安い・・・・次買わない・・・

でである、対FCAに対して、ルノーの要求というか、フランス政府の要求は、強欲そのもので、生産の向上を目的とする経営統合に反する行為を主張した。

フランスでの生産を継続する年数を伸ばせ

代表者は、ルノーからだせと・・・

本社はフランスに・・・自分勝手である。

これを身勝手な主張という

FIATは弱っていると思ったが、そこまで弱ってはいないようで、

交渉決裂後、イタリアの副首相が、さっそく声明を出して、フランス政府を批判している。

イタリアは、やはりフランス野郎には屈服しなかったようである。

この結果を読んで、日産の西川君は、ほっとしてるんだろうね。

どのみちルノーは、紆余曲折を経ながらも日産を吸収することは目に見えている。

Renaultのフランスの生産設備は総じて古い。

稼働率も悪い

第三世界で、最新鋭の機械を導入した工場を設立した方が効率がいいに決まっている。

ただし、効率だけで、いろいろなものを判断するのは間違いである。

フランス政府が、フランスの国内産業を守ろうとするのは当たり前のことである。

例えば、現在のトヨタの田原工場のラインの稼働率は半分程度である。

田原工場をつぶして、生産を一貫した工場に移管した方が良いという意見もある。

愛知県内の工場群をすべて維持するのは困難であることは明白である。

新型クラウンは、当初の予定生産台数の半分程度の発注しかない。

レクサスに、客を喰われているといわれている。

昔、新型クラウンが出ると半年ほどで巷(ちまた)には、新型があふれていた。

でも、田原工場の撤収となるとハードルは高い(いずれは撤去となるのではないかと予想をしている。)。

ただ港が近いので、完成車の輸出には便利である、長距離郵送をしなくてすむ。

パーツの輸送コストはかかる・・・

工場の閉鎖と言いう点では、みよし市では、トヨタの三好工場が閉鎖されたらどうなる?

という論議が、10年ぐらい前からなされている。

豊田市とは合併したくない、農協が合併していいことがなかったから・・・

では、隣接の・・・・みんな貧乏である。

三河は、自動車がなければ生活できない地域である。

自動車工業に従事している者の就業割合が30%以上である。

工場を閉鎖するのはハードルが高い。

フランス政府は、雇用を守る必要性があるので、おいそれと、経営統合、国内工場の撤去はできない。

すでに外国で、日産の技術で、日産との合弁で工場を作っている。

フランス国内の工場を生産性の高いものに変更することは可能か?

緩い労働に慣れ親しんだ労働者が、半自動化の進んだ工場に適応できるのか?

それに人員整理もある。

それに組合が乗れるのか?

似たような話が、ゴーン出現時にあった。

村山工場の廃止である。

日産(旧プリンス)の村山工場は、共産党ファシストの巣窟の様な組合が牛耳る工場であった。

この工場は非効率の塊のような工場であった。

プリンス時代からほとんど進化していない、だらけた工場だった。

労働者は貴族

労働組合の幹部は、豪邸に住み、下男下女を使い、王侯貴族の様な生活を送っていた。

これを容認したのは、他ならない日産の当時の幹部職員たちである。

自分たちは、組合に取り入ることで、工場の運営を問題なく行い、より高い地位に上がる。

組合の意見は優先し、製品の性能を上げることは、労働強化につながるから反対

部品の公差を上げることに反対したのも、工程が増えるから反対。

いい加減な公差でエンジン組むと、出来不出来の差が大きい。

いいエンジンに当たると、日産最高!

不出来なエンジンに当たると・・・最低な車となる

日産の組合の人に話を聞いたことがあるが、彼らの認識は「会社幹部は、奴隷」である。

工場の程度は、丁度、フランス車の国内工場と同じとみればいいかもしれない。

村山工場がなくなって、地域の遅れた機械工業はほぼ壊滅した。

村山工場周辺の下請け工場の悲哀を特集に組んだ赤新聞があった。

これは、楽をしたい組合の扇動と、組合への流行の言葉を使えば「忖度」した記事である。

実際は、精度を求められな仕事しかしていないので、他の地域の仕事を取ることもできなかった。

地域的には跡継ぎもいないようなところもあった。

赤新聞が書くような「お涙頂戴」は、会社の「工場をなくすという」対応に対する悪意的な記事であった

それらの記事は、組合幹部の意を受けたものか、新聞のその市域での販売強化をその狙った記事だったかよくわからない。

しかし、工場廃止を阻止しようとした活動自体の一部であったことは否定できない。

そうして、そのころから新聞はすでにお信用度合いが下がりつつあったので、ほとんど影響がなく、そのお涙頂戴作戦がが失敗したに過ぎない。

フランス車の生産メーカーは、基本的には自社の状況が危機的状況なのだとわかっている。

しかし、フランス車のメーカーが、フランスで車をつくらなくなると・・・果たして、フランス車といえるのか?

フランスに本社のある車メーカーという立ち位置になる可能性がある。

Renaultは、国営である。

フランス国内の工場は切れない

トヨタが、豊田市内、豊田近郊の工場をなかなかつぶせない事情もある。

地域の雇用は重要である。

愛知県は明治大正は、軽工業都市であった。

昭和初頭から、重工業へ移行する

此れの掛け声が「中京工業化(中京デトロイト化)(具体的な構想・計画はなかった。)である。

戦時中は、軍需産業の一大拠点であった。

愛知、岐阜は航空機の生産工場が立ち並んだ。

戦後も、その余波でオートバイ工業の勃興があり、自動車工業の先進地域となつた。

トヨタは、常に社員を一から教育し、最新設備を導入することをいとわなかった。

でも、トヨタも考えるのではないだろうか?

工場の統合・・・要は廃止である。

「先行きを考えろ」という発言がある。

ルノーは、FCAとの交渉が失敗したので、日産の取り込みに血道を上げる可能性は高い。

ゴーンの違法な資金支出を告発した。

日本で、服役して、その後は、フランスに移送されて裁判、で服役・・・なんてこともあり得るかもしれない。

(パナマのノリエガ将軍みたいだなぁと一瞬おもった。)

さてさて、日産はどこへ・・・

20190607初出

20190608加筆改定

 

| | コメント (0)

悲しき日産の末路・・・

日産は不幸だ

西川君ではこの難局は乗り切れなとみるのが妥当ではないかと思う。

ルノーは、フィアットクライスラーグループと手を組むそうである・・・

日産は、蚊帳の外

当然、三菱は・・・おんもの子である

ダメな会社がよってどうしたいのかなぁとも思う

どうやって統治するのか?

FIATは、生産の主体は東欧

米国では人気がない

クライスラー・・・・まだあったのレベルである

クライスラーといえば、リーアイアコッカ氏である。

ゴーンは、アイアコッカ氏の亜流である。

真似は所詮劣化する。

ゴーンは、アイカコッカ氏ほど能力がないから、会社の資産を売り飛ばす、販売奨励金で実際はたんなる値引き販売で売り上げを伸ばしただけというあまり良ろしくない経営者だった。

日産の業績降下は、販売奨励金という、会社が損をしながら車を売る行為をやめたからである。

本来売れない車を値引きで売っていただけである。

値引きがなくなれば、当然に、とたんに売れなくなる。

これは、ゴーンのV字回復とは、基本的にはまやかしであった。

が、と言っても、当時の日産の幹部には一切できなかった事である。

ゴーンの経営手腕がインチキなんてことは誰もが知っていた。

日産の幹部は皆知っていた、ついでに言うなら日〇経〇新聞だって知っていることだった。

ゴーンのまやかしのV字回復と復活劇を、褒めていた人たち、各新聞社、雑誌社の記者は「決算書」読んだことあるのか?と聞きたい

悪いことは、その時は、書かない

書くと日産のというか、ゴーンの評判が下がるからである。

日産の存在は、今度のルノーとフィアットクライスラーグループの協力関係について、直前まで知らされたいなかったということであるから、すでに見限られている感はあるであるから。

 

面白いのは、ルノーも、フィアットも国営企業ぽいところがある。

要は官僚主義的ということである。

フィアットは、輸入車高関税政策に守られてぬくぬくと育った・・・

関税100%…信じられないぐらいの高関税であった。

これが撤廃されると、低クオリティーの製品は国内では売れなくなった。

(一部の日本人は、運命を受け入れる様に、この壊れる車をわざわざ買い、喜んでいたのは失笑を禁じ得ない。)

そうした環境は、悪い意味での官僚主義を助長させたのである。

日産は、官僚主義ぽいがその実は、共産主義的な一党独裁的なファシスト的体質である。

クライスラーは…もう終わっているのでどうでもいい

三菱は、由緒正しい、ダメな官僚主義的な会社である。

いつも思うのだが、三菱、日産の危機感のなさは素晴らしいレベルである。

社員は危機感を持つているが、幹部職員の危機感のなさは、高レベルである。

元三菱の方が、高性能のスポーツカーと商用車を同じレベルで語るの聞いて笑った。

LFAは高性能車である。オイルは頻々(ひんぴん)と交換するべきと考える。

しかし、頻々とオイルを変えなければいけないは欠陥車・・・・と云ってはばからない人がいる。

これは、日本的なオールマイテイーでなければいけいないという発想だろうか?

LFAで、毎日、足の様にして買い物に行くという発想なんだろうか?

LCならばOKかもしれない。

以前は、大体、3か月、1000キロでオイル交換をしていた

当時は、元売り価格で、大体2L4000円から5000円だった

ヨタは、2.5Lである

現在は、そこまで交換はしないが、2Lで、1万円である・・・自分で交換するからオイル代とフィルター代で済んで居る。

閑話休題

ルノー公団が主体で、統合した場合、日産は偉そうにできない

誰がどう統合するのか未知数であるが、どうも、ルノーが優勢らしい。

ということは、イタリア政府はさじを投げている可能性が高い。

この難局に、西川君では乗り切れる感じがしない。

日産は、敵はルノー公団、フランス政府と思い込んでいるが・・・これからは、フィアットクライスラーグループ、イタリア政府が敵である。

もし、フィアットクライスラーグループが、日産の株を10%でも市中から手に入れられたらどうなるということを考えていない

日産に不利な決定には、反対できるとという事の固執しているが、統合が不利と思うのは日産だけではないか?

統合は、規模の理論でメリットが大きと言われれば、日産の独自性などどうでもいいことになる。

もう10%の株を、FCAが取得したら日産は終わりということを理解していない。

もうすぐ、日産はなくなるかもしれない。

車のラインナップを見ると悲しくなるような状態である。

売れてるのは・・・軽自動車・・これは三菱水島工場で・・・・

GTR・・月産何台?

ノートEパワー・・・?

昔、路上でトヨタ、日産、本田、マツダ・・・ダイハツ・・・鈴木、見たいな感じだった

今は、トヨタ、レクサス、マツダ、スバル・・よくわからん軽自動車・・・である、日産・・・・10%以下ではないと思う。

この間信号待ちをしていた車32台中 日産車、ミニバン1台、乗用車1台、三菱製の軽1台である。

普通車は6.2%

軽自動車入れて、9.3%

ちなみに、トヨタ15台、レクサス4台、マツダ5台、マツダの軽1台、スバル3台、鈴木の軽1台である。

最近車仲間で話題になったのが、ブルーバードシルフィーを見たことがあるか?

FUGAとスカイラインを見ることがあるのか・・・である

ブルーバートは・・・ものすごく古いのが官用車であったのでよく見たていたが市中で見るのはレア・・・

FUGA インフィニテイ、スカイラインは・・・すでに珍車モードで、近所の藪医者が、歩いて10分のところを、毎日FUGAで通っているのを見るいが日は見たことがない・・・

ルノー公団とFCAの交渉を過程を仄聞するに、主導権はルノーである

フィアットは苦しいのだろう

旧東欧での生産は、クオリティコントロールができていないようである。

丁度、30年前のドイツレベル(模型メーカーね)が東欧での生産に乗り出し時の様な惨状ではないかと思う。

結局ダメだったということになる可能性は高い。

トヨタができて、フィアットができないは何故なんだろうと思う

日産のタイ工場のクオリティコントロールは良くない。

おかげで、マーチが売れなくなった・・・日産の東南アジアが戦略が間違っているのは、安い車は安すぽくてもいいという間違った感覚である。

このままいくと、日産国内生産やめるんじゃないかというレベルである。

自衛隊の四輪駆動車は、トヨタのランクルの70系に変更されるようですので・・・三菱の独占していた自衛隊への軍用車両を納品するというドル箱がなくなるわけである。

この危機的状況を、西川君は乗り切る自信があるのかどうか聞いてみたい・・・

私の個人的な意見は、無理であろうということである。

20190604

20190606加筆

 

| | コメント (0)

新聞社に思う事など

最近新聞(地方版)を読むと、なんか、イラっとする事が多い。

夕刊紙?のゲ〇〇イみたいな、願望を中心にした記事も、くだらない。

書いてある内容は、いわゆるフェイクニュースに類するものである。

「〇の真相」に近い存在である。

先日、ある地方新聞を見出しで読み始めたら・・・・・肝心要(かんじんかなめ)の部分の記載がない・・・

つまり見出しの説明がない・・・

ちょっと、イラっとする。

日〇経〇新聞は、内容がダメになりつつあることが良くわかる。

他の新聞とは違い抑え気味ではあるが、「共産主義ファシスト」への憧憬を隠せない文章が垣間見られる。

そうして社説では、相(あい)も変わらず偉そうに「〇〇しろ」とか「しなければならない」的な文章が並べている。

社説でご高説を述べているが書いてて恥ずかしくないか?

米国の外交政策について、語る語る。

日本の経済紙が何を偉そうにと思う。

時々、日本の新聞は、基本的に自称「リベラル」(共産主義ファシストが、民主主義的姿を仮装するときの隠れ蓑としてしての左翼の言う「リベラル」であるから、本来のリベラルとは程遠い存在である。)を標榜している。

最大公約数的なの基本路線は、「政府を困らせたい」である。

そうして基本路線は、「基本的に全部悪い」と書きたいのかなぁと思う。

特に、ここ数年思うのは、日〇経〇新聞の基本的な路線は、こんな感じである。

景気は、基本的に悪い(時々、よかったと書く)、

オブラートに包みながら政治は悪いと書く。

野党の先生の悪行は書かない、犯罪行為も余ほどのことがなければ書かない。

書いても悪く取られないように忖度して(笑い)書く

アメリカは悪い。

トランプは悪い。

中国北朝鮮は、悪いように書かない。

野党の意味不明な主張は取り上げる。

政府の意見は取り上げない。

曲解して載せる

公務員は規制の象徴だから悪い。

ベンチャーはえらい。

起業家は、ほめる、でも偉そうにするとこけそうになると叩く

(中国風の「水に落ちた犬は叩け」という風潮であろう)

女性の社会進出はもっと進めよう。

セクハラ責めよう。

左翼の人のセクハラ、共〇党の除名原因の「破廉恥行為」は、ほとんど書かないか、抑えて書くていて続報を載せない。

外国人の犯罪、悪行、弊害は、隠そう。

元外国人の政治家を持ち上げよう。

民族色の強い関係者はクズだ。

人種差別はクズだ。

性的な倒錯者はいい人だ。

男は弱くていいんだ。

最後に、日〇経〇新聞はえらいんだぞー

である。(これは、すべて私感です、笑い)

新聞報道も、テレビ(うちにないけど外で目に入ると)報道も何が言いたいのかわからない。

悲惨な殺人事件に群れる

被害者に群れる

被害者の関係者を責める、責める

できない相談を、質問する。

被害者の生前の姿をさらす、さらす、探す探す・・・・

ところが、それは全部金儲けのためです

視聴者を増やす、読者を増やしたい、一時でも雑誌を多く売りたい・・・

現在は、一般の多くの人の目が、ネットに転嫁された形で表現される。

多くの一般的な人は、「金儲けのために報道している」という姿勢を感じている。

SNSで、報道に対する悪意のある目も、報道側と同じように、場面の切り取りでマスコミの姿勢を責める。

悪いマスコミの姿がSNSで流布される。

SNSの住人は、報道姿勢、報道に対する態度に、多くの人が共感する。

ある田舎の市内の病院で老人が多数亡くなった事件があった。親族のいる人は、冷房付きの部屋へ

親族がいなくて、文句言わない静かな人は、熱い部屋に・・で多数亡くなった

当初は、ものすごい数の報道陣がいた・・・道路にあふれていたが・・・事件性が薄らぐとういうか、生活保護者の様な老人が多かったことがわかると・・・1週間後・・・・報道陣は誰も残っておらず、病院側のマスコミ向けの張りむなしくひらひらしていた。

2週間後には・・・・以前のような、やっているのかやってないのかわからないような病院に戻っていた。

路上では、入院患者の爺さんがタバコをスパスパ吸っていた。

そうなると、お涙頂戴は使えない

高齢者の生活保護者が多数入院してる病院・・・・生活保護者を批判することはタブーである・・・

面白くないとすぐに撤退である。

金にならないからである。

ある意味金の亡者でありながら、最近は殿様商売ができない。

そこで最近は、マスコミ(報道、紙媒体)は、ネットで自分たちを安売りしている。

漫画なんて笑ってしまいたくなるような安売りである。

安売りで、読者が確保できると思うのか?

稿料が払えるのか?と、いらぬ心配をしてしまう。

ネットでの読者を増やす行為は、販売管理費の削減に役立つでも結局、月額何百円で読み放題というのはいかがなものかと思う。

悪い見方をすれば、漫画雑誌の原価はいくらなんだと思う。

まづ?ネットで有利なのは、小売店のマージン、印刷代、輸送費がかからない。

それらを除いて稿料を払い、データ化料金を払い・・・原価はいくら?という気がする。

漫画雑誌併売でネット化しているので、ネット専用漫画と比べると読みずらい、ネット専用は、漫画雑誌の見開きのオオコマ…の感動はない。

でも結局、実売漫画の利益を食う形での安売りという感じがする。

自分で自分の販売奨励金を出しているようなものである。

結局、安売りをしている気がないのではないかと思う。

コンテンツの充実という名で安売りをしている気がする。

安売りは、結局のところ首を絞める。

閑話休題

ある人から、ある業者が税理士に勧められて、家賃を年間何百万円も払うぐらいなら・・・土地を買い建屋を作ることを進められたという。

複数の部屋を借りて、家賃を払うぐらいならということだと思うのだが。

家賃を払うのと、借金とは違うのである。

家賃は部屋を解約すれは、通常の規約で行けば、2か月後には確実に減らすことができる。

借金は、支払い方法を急激に下げる方策はあまりない。

1年目での見直しはほぼ不可能である。

例えば、年間600万円家賃を払っていた。

何千万円と借金をして、家賃分の年間600万円は払えると試算するのは、バカである。

家賃の支払いと借金の支払いを等価で考える税理士は、バカである。

いつも思うのは、先を見とおせないのが商売である。

年間600万円の家賃を払っていたら、借金の返済は600万円払えると考えるのがバカである。

売り上げの変動予測なんてできるわけがない。

リスク配分で、返済は、家賃の支払いの半分程度の抑えて300万円で契約する。

当然、途中で繰上済をできるようにして置くべきである。

基本的発想は、300万円浮かせたと考えるのではなくて、年間300万円へ返済して、別途プールしておいた金を繰り上げ返済に充てるという方式である。

半年でも1年でも返済をした時点で、半年分、1年分プールした150万円、300万円を繰り上げ返済に充てる。

それは、商売をしていたら、不急不測の金を要する場合がある。

半年置き、1年おきに毎回できないかもしれないが、300万円プラス繰越返済何百万円を行うことで、将来の支払う総額を減らすということを考えるべきである。

支払いが減ればの精神的にも金銭的にも楽かと思う。

まず、家賃の年間600万円をそのまま借金返済できると考える計画が正しいかどうか考えるべきである。

ある小売店さんは、自宅の改築20年ローンを組まされたそうである。

最初5年で組みたいと言ったら、某愛知銀行は無理と云ったそうである。

で結局20年ローンを組まされたが、7年で完済した。

最初の2・3年ぐらいで、繰り上げ返済を行うと、将来払うべき利息何百万円単位で減

銀行は、基本「利を稼ぐのが商売」である。

細く長く利息を払っているくれる人は良いお客さんである。

しかし、お客さんは可処分所得がその分減るのである。

つまり、銀行は得をする。

が、

借り主は損をすると考えられる。

すると、どうなんだろうと思う。

税理士や公認会計士、経営診断とかの人は、万能ではない。

経験則的に、銀行の方針がわからなければ対応はむつかしいと思う。

別段、税理士や公認会計士がえらいわけではない。

日所に深い知識があるかどうかもわからない。

別段決算書を見ているわけではないので何とも言えないが、このタイミングで、なぜ、自社ビルを進めるのかよく理解ができない。

銀行は、基本的に金貸しである。

先ほども書いた「利を稼ぐ」のが商売である。

自分たちが損をすることはしない。

「損をして得を取る」などという美徳はない。

閑話休題

新聞屋が、国民の代表と自称したことについて多くの人が失笑気味の笑った。

新聞社は、自身の「利を得る」、つまりは、現在は減りつつある読者を減らさない努力をしている。

SNSで過激な投稿をしないと読者が、離れるのを防ぐために、どんどん過激になるのを抑えられないと同じである。

某中〇、〇京、朝〇、毎〇新聞のトランプ大統領訪日の記事のひどいことひどいこと・・・大丈夫かと思う

彼らの気分は、反米、親中、新韓である。

実際の多くの人々が、反米化というと、そうではないだろう。

どちらかといえば、20代から50代前半は、反中、反韓であろう。

朝〇新聞の読者だった三十区は、本当に、反米、反トヨタであった。

トヨタ車に乗りながら、反トヨタである。

内心は、バカ?じゃなかろうかと思ってました。

新聞社、金貸しの銀行は、基本、自分が得することしか考えていない。

我が家には、「まともな人間なら、株屋、金貸し、羽織ごろにはなってはいけない」という家訓がある。

今でいう、証券会社、金融機関、新聞記者

みんな、他人の不幸で儲けている。

他人の不幸を飯の種にするそんな人に

はなるなと言われた。

それを述べたのは、祖父である。

老いた人は良いことを言ったような気がする。

| | コメント (0)

人事考査の苦情

本省のどなたがが何かの検索でうちのブログに来たことが判明・・・ドキドキしてしまう。

1回だけなのでどうでもいのだが・・・

ご覧になっている方の半分は、検索流入・・・知り合いの大学の先生が来てたりして最近怖い・・・

トヨタ自動車のどなたかはコンスタントに来る

ホンダも来る・・・何を読んでんだと思う。

日産は最近止まった

時々、延々と各ページを読んでいる人がいる

1回100ページ以上読んだ人がいる

最高は250ページ・・・3時間ほど読んでいたらしい・・・

何を読んでんのか断片的にしかわからないが・・なんだろうと思う。

先日、人事評価での普通の評価をいただいたので・・・ついつい文句を言ってしまいました。

文句は、「苦情」に変換される。

おまけに、文書様式はあるが、ワードもエクセルも文章データがない・・・書くことを前提としていない。

よほどいう、苦情(ここでいう苦情)をいう奴がいないのか

この文句は「苦情」であり

「苦情処理」ということになりました

今回は「業績評価」・・・どんだけ仕事をしたのか・・

次は、「実積評価」・・・・どんだけ仕事をしたのか、指揮能力があるのか・・・を見るらしい

でである、この業績評価は、バカ上司の面倒を見ることは含まれないらしい。

おまけに、間抜け新人の面倒をみることも含まれないらしい。

うちのバカ上司というか、うちの爺さん上司は、今年で定年退職である。

残り1年で赴任してきた。

最初に、言った言葉が、「最後の1年なので楽をしたい」である。

ふざけるなという気分と

馬鹿じゃなかろうか・・・

思わず、「給料分ぐらい仕事してください。」である(上司が云うとパワハラです。)

この人、組合の専従の長かった人で、うちの仕事的には、能力が劣る

現地に行っても、「見てきたわ」

「何を?」と聞くと

「〇〇官職名の記録に書いたる通りだったわ」(〇〇:私)

「何にしにいったんですか?」

「いやぁ見といた方がいいかなぁっと思って・・・」

「無駄なことしてんじゃねぇジジイ」である

仕事は、個別指令方式というよくわからない方法で命令が来るので、その指示に従い仕事をおこなっている。

(バカの指示なので、非常に簡単で、あくびが出る程度である。低出力で仕事ができると思った。

処が、成績が悪いのである。

指示待ちをしている、勝手に仕事して越権行為といわれたことがあるのでの、基本的には越権に当たることはしない。

すると、つまらん仕事ということになる。

しかも、指示内容がプアである。

指示の内容を聞いて、あまりにも足りないのえ、「いいですか?」聞いてから

不足附部分を進言して、補正して仕事をしていた。

すると、私一人では足りない。

暇に仕事をしたい上司は本当にボケた仕事ぶりをする。

おまけに、過去の記録をまともに読まずに、憶測で

「こんなもの、○○だろう、○○だろうから・・×で良いんだろう」

私、「記録読みましたか」

上司「よんどらん」

私「過去の資料に書いてあったでしょう、読んでませんか?」

上司「さわりしか読んどらんでわからん」

私「憶測でモノを言う前に中身ちゃんと読んでから質問したらどうだ、爺さん」

上司「すいません」

私「管理職手当もらってんだったらちゃんと仕事ぐらいしたらどうだ?」

上司「対して給料かわらんがや」

私「残業してチャボチョボだわなぁ」

上司「・・・・」

私「質問するなら、全部きっちり読んでから質問したしろや、ジジイ」

この上司、胃がんで、胃を何分の1か摘出している。

でもタバコを吸う

医者はやめた方がy問いといったらしいが、ストレス解消のためにタバコは必要と述べて吸いに行く

仕事に対する姿勢は、時間を効率よく使うという観念は皆無

高速道路で、1時間で行けるところを、2時間かかっていく・・・

往復で、2時間のロスである。

高速に乗らないのは・・・病気ではない・・・単にハイウエイカードを借りるとその手続きが面倒というだけである・・・・

基本今年の仕事は、時間つぶし的に仕事をしていることになる。

また私が帰って、報告が済むと‥延々と雑談モードで話をすることがある・・・記録を作成するのは時間外となる。

時として主唱にも、「俺行ってこようか・・・」とおっしゃることがある。

そこで「これお願いします」というと

お願いした「部分」のみ、ほんの端緒にもならない部分をさらりと・・・調べてくる。

習慣的に調べるであることは全く調べない・・・・

する、追加で、これとこれとこれとこれをお願いしますというと、

「言ってくるわー」といって、わざわざ下道で行く・・・・要は時間を効率よくではなく、単に時間をつぶすために行く感じである。

現場で、調べたときに疑問に思った点を追加的に聞くとか調べるとかすべきだと思うのだが・・・

「まあ、あとで良いかと思ったわ」である。

結局、後日、私が再調査ということになる。

ただ単純に、時間をかけてだらだらやる仕事は好きなようで、3月中は、そんなの仕事を頼んでやってもらった。

正直、勘弁してほしいと思う

こんなクズみたいなのが上司である。

このクズの面倒を見ただけでも優良をもらいたい気分である。

| | コメント (0)

どうでもいい様な事を思い出した。

どうでもいい様なことであるが、電車の中で、両足を広げて座るバカがいる。

老若男女構わずいる・・・

どうなんだろう

皆さんそろいもそろって頭悪そうな風体、顔つきである。

遠慮がない

先日、新聞を広げて読んでいるバカがいた

もう珍獣の様な存在である

通常の座席の3人分使って新聞読んでの出勤である

バカを通り越して、「タワケ」(名古屋弁でいうところの死んでしまった方がいいぐらいのバカ)である。

「タワケ」には、「クソタワケ」という言葉存在するが、これは存在を全否定するぐらいのバカである。

大阪で云うところの「バカ」、東京でいうところの「アホ」である

火中の栗を拾うように子にわざわざ座ると、おっさん又新聞広げたので、思わず

「新聞読ませてくれるのはありがたいけど

 3面じゃなくて1面見せてほしいねぇ」

というと、おっさん新聞をたたむ

足も当たってたんで、

「雨降ってズボン濡れてるんで、湿気移って悪いねぇ。」

おっさん足を広げるのをやめる。

・・・

先日、歯槽膿漏のにおいをプンプンさせた爺さん(見た目は若い)がいた。

この異臭は・・・

と思っていると

ボックス席の向かいの爺さん(見た目は若い20代?)が口を開いて、笑う・・・(スマホを見ては、笑う・・・・)口が開くたびに・・・・

異臭が漏れる、吐きそうになるぐらい臭い。

臭さになれることは不可能である。

もう10年以上も前に、ある人が、この匂いで・・・歯槽膿漏が悪化しして、顎の骨が溶けている・・・・

咀嚼も難しような状況であったが、金がないので病院へのいけない・・・・

その後、生活保護を受けて、

医療費が全額タダになると・・・

早速、歯医者に行ったらしい・・・・

医者からは、総入れ歯化を進言されたそうな

でも、基本的に咀嚼も難しかったよう、何を話しているのかわからないぐらいだった。

そこまで仕事で話を聞きに行っていた。

程なく前を通ると住んでいたが家が壊されていた、転居してかどうか職務上必要なので調べると昇天されていた。

福祉課で、詳細を調査すると、結局、歯槽膿漏だけではなくて、全身にがんが転移していたそうである。

働けなくなったのも、もともとは病気

金はない、

病院へ行けない

苦しいのが当たりまえ・・・

わたしが、とりあえず、福祉課へ相談行くように進言すると、役所が遠い、足がないという・・・・

バス代さえない

当然のように家賃は、払えていない

取り壊し寸前の様な長屋

家主の好意で住めていただけ。

家主さんは、「親が昔世話になつた人の息子」なので、タダみたな値段で住まわせいる。

できれば出て行ってほしい・・・アパートに立て替えたいんだけどね・・・と

聴いていると、昔は、資産家の息子だったようなことは何となくわかった。

家主さんは、時々、食料も運んでいたそうである。

運ばないと、万引きをする・・・

警察に柄請け人で呼ばれる・・・・弁償に行く・・・・

それなら…と思い食料品を運んでいたとういう。

福祉課に連絡した方がよくないですか?

と聞くと

そうですよねぇ・・・

なんか、異臭がひどいですものねぇ・・・と

家主さんが結局相談に連れて行ったそうである。

あまりの異臭にレンタカーを借りて連れて行ったそうである。

タクシーは、クリーニング代を出してほしいというぐらいの匂いにへきえきして断ったそうである・・・。

私は、実は、このおっさんが昔は羽振が良かった時代の事を知っていた。

親戚の家の近くに住んでいたおっさん(そのころは、おっさんも若かった)は、親から受け継いだ財産を蕩尽していた。

夏休み中に某役所で、このおっさんが股を広げて、東映やくざ様な風体で座っているのを見たことがある。

蛇見たいな感じのする目つきだった。

窓口で、怒鳴っていた。

私は、小学生だったが、こえええ・・・・

と思った。

親が云うのは、○○ッさんとこの息子さんねぇ・・・と

○○さんの家は、親類の家の近くだった。

歯槽膿漏のおっさんの事を仕事上で調べることになると、本籍地を見る懐かしい地名である

地図を繰ると・・・・・ここは・・・・???

図書館で、昭和40年代の地図を見ると・・・・大きな1軒屋・・・・

苗字は「〇〇×」・・・・・

おおおおおお、あのおっさんは、あのバカの慣れの果てか・・・・と思った。

よくできたお兄さんが亡くなり、親の会社を売り飛ばし、資産を食いつぶすのに30年ほど要したことになる。

大体、電車の中ででも、どこでも大股開きのおっさんは自己中心的である

最近ジジイになったのと、先般、発掘した古い手帳を見ていたら、このおっさんの昭和40年代の住所を調べた時のメモが挟んであって、急激に思い出した。

(手帳には、住所が、書いてあるだけで、要確認と書いている…最初なんだと思った。

 「要確認、ゼンリン東区、昭和45年から52年住宅地図確認、ゲロくさい」

 「東区役所、確認 架電 ナイ」「鶴舞図書館確認 架電 ある」、と書いてある。

 これを見た瞬間、名前は思い出さないが・・・顔と、異臭が頭によみがえった・・・)

基本は

「気の毒な人だぁ」という

温情のある目で見ることができる様になったので、

そこで、大股開きのおっさんを見ると、気の毒な人だなぁと思うことしきりである。

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年 合同展示会と云うか静岡ホビーショーの問題点など

今年も、SHS(SHIZUOKA HOBBY SHOW)は、大盛況のうちに終わった・・

さすがに盗難事件はなかった様であるが、ほかの問題が噴出したらしい

 (2017の事件)

http://flattwin.cocolog-nifty.com/blog/2017/05/post-4939.html

主に警察関係と云えばお分かりになるのだろう。

今回は、厳重注意が来たらしい・・・

会場にいる人にはわからないが・・・周辺の部の交通渋滞である。

渋滞は、十重二十重と云う感覚である。

施設作り付けの駐車場のキャパシテイが少ないのだから考えた方がよいと思うのだが・・・

展示会参加車の台数を絞るとか、駐車券のカラーコピー対策が必要ではないかと思う。

昔関係のあった某名古屋のクラブは、以前Nダと云う会員が、そんなもの「カラーコピーすれば、わからないよ」で、数枚コピーしていた。

考え方が犯罪的である。

ちなみに、Nダは最近見かけないが・・・。

Nダの様に、ばれなきゃ不正をしても良いんだという感覚は止めてもらいたい。

苦情の原因は、どうも、駐車場へ入れない車が路上で大渋滞を引き起こしたことで、周辺の商店、店舗からの苦情らしい。

また、以前借りていた駐車場は、何かやらかしたようで使用できなくなった。

これまたもデラーのモラルという事になる。

ホビーショーの解除へは、土曜の朝から入場者の長蛇の列

7時に着いたらもう並んでいた。

翌日も、7時に着いたらもういた。

合同展示会場への出品者入場が8時からなのだが、せめて7時30分には開けてほしい

その時間に開けてもらえれば、出品者がゆっくりと他の人の作品が見られると思うのですが・・・

一般の人の入場を15分繰り上げるのなら、出品者の入場も繰り上げてほしいと切に願うのである。

2年前に盗難にあったMSモデルスさんは、監視カメラの嵐であった。

また、去年入社した元自衛官の人が諸般の事情で辞めてしまったことを知って少々ショックであった。

 

日曜は・・・・延々とい整然と蛇行していたが、モデラ―ズフリマの列へ横入りする不届き者が結構いた。

モデラ―フリマも、ACモデルス宣伝をもう少し早くアナウンスしてほしかった・・

気が付いたのが二日目で・・・すでに資金難で買えず・・・

 

ただ良い作品を見ると本当にうれしくなってしまう

 

Dsc03517_1thumb1

| | コメント (0)

大切なお友達ということ…皆様ありがとうございました。(補足しました)

私は、友人に恵まれていると思うが、その反面、とんでもないカスを掴むともある。

最大のカスは、この雑文を延々とお読みの方にには周知の「三十九の某」である、現在はどうも「三十県」には住んでいないようであるが・・・静岡ホビーショーの合同展示会でも見かけなかったので生きてるのか?という疑問も湧いたりするが・・・

この三十九の事は1年に1回ぐらい思い出す、合同展示会の配席表が出ると、うちのR8氏が気にするので、一応確認する為である。

それ以外は・・・・あんまり思い出すことはない。

面倒な友人との言うのはあまりいない。

異性の友達は、一線超えをしてしまうと後が面倒である。

特に、若いころのその手の友人と再会すると面倒である。

特にお姉さん系は面倒である、今でもその様に接してくる。

先日、60歳になった元彼女に会ってしまった・・・きれいなんですけどね・・

同性の場合、反応が良い友人は貴重である。

その者は、10人以下ではある。

たのしい

その関係には利害はない(と思いたい。)

時々、友人に救われることがある。

何人かの友人言葉にハッとすることがある。

本を読んで、答えを探すよりはるかに楽な回答をする。

それは、鋭いのか鈍感なの、時々良いことを云う。

また論評もする

ある友人・・専門家であるが・・・私の事を表して最近の流行(はやり)で云うと「サイコパス」の典型だろうと・・・

何でと聞くと

まず、頭の回転が速い、先頭にに立って物事を進める、一般的な恐怖心がない、危険な状況を楽しむ、というか、楽しんでいる、危険な状況が来ても冷静でいる。

それって‥壊れた人?と聞くと

壊れているかどうかはわからんけど、壊れている感はあるよね・・と

ある友人は、「人の性格を見抜く能力が高い、だいたい10分ぐらいで性質を見抜く。ズバリ言うから怖い」だそな。

それぞれの人格がある。

その点は、否定しないが‥どうなんだと思う。

自分を殺してというか、自分の意識を殺して他人と付き合える人、意識を殺しているい認識もない人。

そもそもそんな意識さえない人がいる

先日、模型店の経営の話をしていて、「販売自体が好きでないとお店はやれない」ということを言っていた。

まあ、販売ではなく製造という話からの逸脱であったが・・・

ある人は、

「よく知っているもデラーの上を行くマニア度の高いキットを生産すること」の必然を語っていた。

販売も…という話があった。

ある模型店の滅亡に関する話の延長であった。

いつも思うのは、独りよがりなモデラ―出身の模型店はダメということである。

ある建材屋出身のモデラーは、店を二回ほどつぶした。

二回目は握り倒産ではなないという噂があった。

あるお店は、店主がタバコ好きで、延々と煙草を吸っていた。

模型雑誌〇〇に入賞しましたとでかでかと店頭に貼るのはいいが、模型店で、タバコの火つけて模型製作は・・・・そもそも危険ではないのか?

その店は、3回入った記憶がある。

ある模型を探しての放浪の旅の果てである。

二回目は、注意して、入店前にマスクは必須、滞空時間は15分と決めていた。

それ以上いると気分が悪くなる。

閉店の予告を聞いたが行く気も起らず。

ある瑞穂区の古本屋も同様であった。

日本の古本屋のサイトである本を見つけたが、タバコ臭が気になり、というかどうしても買う気にならず・・・少々割高な店で買った記憶がある。

友人曰く、「販売自体がが楽しいと思わない人は成功しない」と語った。

これも真理である。

ある友人は、「お金が好きで好きでたまらないので頑張って商売を続け居ている」と語った。

これも真理である。

附則的に、販売が好きの向こう側に、お金が好きというは楽しいことである。

かのお金好きの人を見ているとこんな感じを受ける。

店でものを販売するひとは、常に、買う側の意識を探る、売れるように常に努力する、

結果、売れるとうれしい…と感じる人でないと無理ではないかと思う。

販売自体が楽しいという事は、販売していて、売れた時の感覚が、(少しでも)もうかった、いいものを紹介できた・・・等のドーパミンが出るような喜びが必要であろうと思う。

そうしてその喜びがあることを知ってないと無理であろうと思う。

むかし、レッドバロンという飛行機の名古屋では有名どころの模型店があった。

無くなって、もう20年ぐらいたつような気がする。

ここは、自宅裏の店舗から移転後、店主は、ゲームに興じ、商品管理はいい加減になり・・・

移転後10年ももたなかったのではないかと覆う

あるお店は、一見(いちげん)さんには厳しいお店だったという

有名もデラーが来店していると、延々とその者と会話をしていて、一見さんは、商品の在庫の有無あえ聞くことさえ厳しい感じを受けて帰ってしまったという。

ブログで商品説明をしていいキットというが、その店では買わない。

いいキット「どこが良いの」と聞くと、具体的ではない。

すると、こちらとしては、買う気は失せる。

世のなかへの不満だらけで店を経営するのはいかがなものかと思う。

SNSを読んでいると、怒りが自己中心的で、第三者的な考えを完全に排して、他律的ではない感じを受けた。

法学部なので、、法律を知らない人に向かって法律用語を連呼し、弁護士の知り合いは多い・・・といったらしいが・・自分で、その意味を分かって語っているのか?聞いてみたかった。

 

世の中我慢して働いている者の方が多い。

私は、仕事と生活は分けている

仕事での付き合いを、プライベート(私生活)の部分「いわゆる生活」には入れない。

つまり職場の者と私生活で付き合いうことはない。

仕事は、生活の活を得るためだけの行為である。

欧米人の様に、労働は苦痛とまではいかないが、労働は、時間の切り売りという感覚がある。

 

最近、伸びしろがあるから頑張れと言われた。

この様な者に、もっと頑張れと言われても困る。

ウチの副支店長は、勤務評価を普通にしたので、質問をしたところ、50過ぎたおっさん(爺さん)に、「もっと伸びしろがある」からその部ぬ分を勘案して、普通の評価をしたと・・・

仕事でできない、定年直前のバカ上司の面倒を見て、仕事の指示を出して、無能な隣の課長が指導できない若手の指導までして、普通である。

聞けば、そんなことは何も聞いていない・・・当然無能な隣の課長は自分の指導力不足は隠したい。

多大なッ損害を出したことは面内出さないで隠した。

そりゃあ、隠したいわな…と思うが

ウチの組織は、よく「組織だから」というが、「組織的なパワハラ構造」ということを理解してない。

というか、いじめを率先して行う者はその認識がないのと同じである。

精神的に追い詰められて、少々体調がやばくなることがる。

最近は、車のクラブの友人に救われることが多い

このことは感謝すべきである。

20190520

20190521加筆訂正

 

 

| | コメント (0)

生きててもと思うこともある。

生きていて、つらい事ばかりだと思う。

死んだ方が、ましだとは7年前から思っている

心のどこかに常に座っている、「死へのいざない」

メキシコの芸術によく骸骨が描かれている。

その図柄の明るさに驚いたことがある。

先日、宿のテレビでパリの地下のカタコンベ(埋葬所)を放映していた。

30年ほど前に見たことを思い出した。

死のにおいのしない場所だった。

死が一番近かったのは何時だろう

ある仕事・・仕事と云う云い方は語弊があるが・・・

ある場所に居たときに一番近かったような気がする。

三島由紀夫が、戦時中が一番死に近かったと感想をのべた。

が、空襲という他人からの無作為による死が近かっただけで、現実的な戦場の死があったわけではない。

猪瀬氏は、三島についての著作がある

読むと

三島由紀夫の仮面

平岡公威の仮面

三島への崇敬を減らしたという欲望で書かれていることがよく判る。

猪瀬氏の内容は、死者への冒涜に満ちている。

取材を受けた側も、特別視しないような証言をしている。

徴兵検査を受けたときの、「土嚢上げ」について滔々と語る老人

農民ならできて当たり前

都会のアオジロ(三島由紀夫のあなだ)にはできない。

出来なかったことを笑う口調である。

頭脳労働と、肉体労働の単純比較をして笑う

ドウなんだという気がする。

三島は、「三熊の詣」で、他人に、伝説を作り、見せるという事を書いた。

初読の時(15歳ぐらい)に驚いた。

これは、見せると云ことを考える、行動するという事が如何に計画的でないといけないかという事を教示していた。

そうして、最大の見せる行為は、「自死をもってする」と考えあった時に、三島の死は近しいものとなった。

三島由紀夫氏の死

自分の死すべき姿

自死の行程

死のいざない

メキシコの芸術で、骸骨が出てくることが多い

底抜けに明るい

北斎の書く、コハダ小平治へ自のような陰湿な、現実味を帯びた骸骨ではない

死ねば、骸骨

一休宗然ではないが、死ねば、骨である

笑いかけた手も、目も、カルシュウムの塊の残骸になる。

知人の死は遠い

友人の死は、近くて寂しい

親族の死は、重く暗い、そうして寂しい、寂寞感が押し寄せてくる。

死ぬという事

近しい死

いつでも死ねると思うことは不幸であろうか。

死への重さは、生きていることへの重さでもある。

近しい死を、と云うか、死にたいという気分を解消するためには、前へ

前へ、前へ向かおうとすると腹が立つような現実

現実は、自分が蒔いた種である

種は、自分への悪意となって育って返ってきている。

敵にしてはいけない人というのがいる。

嫌った人間を徹底的に貶めることに長(た)けた人間がいいる、言わゆる「クズ」なんだか、うちの職場では飲酒をしない奴はこいつにはかなわない。

自分で、思うよりも、他人に理解を求めれば、力が持てるかもしれない。

しかし、それらの悪意

を「はね返す」余禄を持つことができるかもしれない。

何時も思うのだが、

「God With you」

これは、「It My JOB」と云う感覚と似ている。

これは、自分の信じている八百万の神々と共にと云う感覚である。

死は近しい。

イエスキリストや、ブッダ、マホメッドとiいった紙に書かれたものとは違う、スピチュアルな感覚への親近感である。

20190516

20190517加筆訂正

 

| | コメント (0)

«ああ、なんだか、死にたい