« さあどうしましょう? トヨタスポーツ800 バッテリー台について・・ | トップページ | トリエンナーレ? »

たのしい・・・運転

車の運転が楽しいですか?

といわれたことがある。

楽しいか?

たのしいですねぇ・・・と語調は上がる。

オープンエアモータリングは特に楽しい。

今はその時期です。

暑い時期に、窓を開けて走ってる車を見ると妙に親近感を覚えてしまう。

真夏に、オープンで走ってる人は、皆無です(熱いからねぇ)。

でも、オープンで走っている人が入ると、「おおお!」

この時期(秋)は、オープンカーにはよい季節です。

幌をつけていると、「根性なし」と、真夏でも、屋根つけてると我が家(私と、子倅)は、「根性なし」と、罵倒している。

トヨタスポーツは、タルガトップで、幌ではないので、扱い、耐久性には問題はないのですが、屋根とってる人は意外と少ない。

トヨタスポーツで、山道をがんがん攻めて行くという人がいましたが(今でもそうか知りませんが)、ルーフを取って走っていました。

最初は、かなりいい車体でしたが、数年で、ヘロヘロになってました。

車体にも耐用年数があるので、何万キロで、剛性がなくなるそうです。

ノーマルのエンジンで、普通の走り方をしていれば、その耐用年数(キロ数)は、かなりいいところまでいくのでしょう。

古い車で、そのままの状態であれば、40年も経っていれは、当然のように耐用年数は過ぎているのでしょう

(そこまで使うとは、思ってはいなかった、というか、そんな概念さえなかったと思う。)

途中で、ホデイの修復をした車と、そうでない車は、乗るとてきめんにわかってしまうのが怖い・・・・

乗り出して、数年で、自分の車が、ふにゃふにゃしてて、いやだなぁと思い、レストレーションをして、乗った時の感覚は、忘れられないほどの剛性感がありました。

実は、師匠の車に乗って、自分の車に乗ると、妙に、ふにゃふにゃするなぁと思っていて、それが嫌で、大枚ハタイテ、レストレーションをしました。

お金は、かかりましたが、後悔するほどの世界はありません。

得られたのは、楽しさの増大!

|

« さあどうしましょう? トヨタスポーツ800 バッテリー台について・・ | トップページ | トリエンナーレ? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。