« ちょっと怖い話・・・・?昔話 | トップページ | 老衰 »

アクセルレータリンク 前期型 中古部品

先日、オークションで手に入れたアクセルレータリンクをバラしてみました。

Dscn6467

Dscn6478

トヨタスポーツのアクセルレータ リンクは、前期型、後期方(パーツリストでは、前期:OLDと記載)があります。

入手したのは、前期のものですが、まったく手の入っていない使いぱなしの部品だったようです。

Dscn6475

全体として、若干たわんでいます。

ブッシュアクセルレータシャフトベアリング(ベアリングといいながら、硬質のABS)を使用しています。

Dscn6486

この部分が接触する部分のシャフトは、磨耗して段差ができています。

Dscn6482

前期型は、長いアクセルレータを、カップリングという板バネの加工品でつないでします。

Dscn6472

中古では(中古しかない)では、ジョイント部分がよく折れています。

イタコライザのゴムブッシュは使えません、変形しています

Dscn6483

Dscn6484

Dscn6485

このブッシュは欠品です。

4個のうち3個がダメです。

Dscn6478_2

このアクセルレータシャフトは、もともとは、黄色鍍金(ユニクロ鍍金だったようです)

シャフトは、クロメート鍍金ですね。

鍍金をどこ得だすのか思案中

|

« ちょっと怖い話・・・・?昔話 | トップページ | 老衰 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アクセルレータリンク 前期型 中古部品:

« ちょっと怖い話・・・・?昔話 | トップページ | 老衰 »