« 何でも只(ただ)ではない | トップページ | 昭和40年当時のパブリカの維持費 »

織田信長・・・・が好きですか?

岐阜の方々は、「織田信長」がとても好きな様である。

JRの駅前に金色の織田信長がいる・・・

先週は信長祭りである・・・

聴けば、「信長しかいないからねー」である。

「愛知県は、三英傑がいるから・・・ねぇ」と・・・・

稲葉山のお城は、昭和31年製お城だ・・・・

もともと、岐阜城に在ったお城の関係は、加納藩の加納城へ移築されたそうな・・今じゃないにもないが・・・

斉藤道三よりも、信長なのである。

大昔、国取り物語という話が大河ドラマで放映されていた。

そのとき、斉藤道三は偉いもんだなぁと思った。

領地の図版を見ると意外と小さい

織田信長は、なんとは云え、中部近畿北陸を制していた・・・

織田信長は、尾張の人であるが、尾張の人ではい、地域を飛び越えた人です。

よく考えれば、地元にしがみつくのであれば、ああはならない・・・マイナス思考では無理でしょうなぁ・・・

尾張、岐阜、安土・・・転々としてますが、最適場所を選んでいると当では、着眼点が違うし常識的ではない。

仏教者からは、魔王といわれていますが、堕落して権利に胡坐をかいている存在を許せないのは仕方がないと思いますが・・・

禁欲生活ではな、肉食、妻帯何でもありだった、鎮護国家が聴いてあきれる惨状だったらしい。

仏教者は、信長を避難こそすれ、自身の悪行には、目を瞑りなかったとにしたい。

思想とか、良心とか、自分の思いを捨てて、研究をする者がいないかなぁと思う。

そうすればもっといい研究結果がでると思うのだが?

|

« 何でも只(ただ)ではない | トップページ | 昭和40年当時のパブリカの維持費 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 何でも只(ただ)ではない | トップページ | 昭和40年当時のパブリカの維持費 »