« 1955年モ―ターファン | トップページ | 今日は雨でした。 NOx法てメジャーじゃないのね・・・ »

コンタックスGレンズ用AFアダプター  FOR  SONY Eマウント

京セラコンタックスで復活したコンタックス。

20年ほど前に一斉風靡いたしまして、高嶋鎮雄さんの甘言で・・・G1.G2を購入して利用しておりました。

でも、フイルムカメラの衰退で、使えないレンズシリーズと成り下がっておりました。

レンズの感じが好きで愛用していました。

今でも一番好きなのは、16ミリ ホロゴン・・・・30万ぐらいしましたね当時・・・・・ははははは

ところが、SONYからNEXシリーズがでると、マウントアダプターがでるはでるは・・・・

このおかげで、コンタックスGマウントレンズは、SONY Eマウントレンズでも使えるレンズとして復活しツツあります(本当か???)。

CONTAXの単焦点レンズをすべて揃えた(←バカですね。)ので、当然の様にに使いたいと思うのが人情?ではないでしょうか。

そこで、本末転倒な事が起こります(起こします)、レンズがあるので、マウントアダプターとカメラ本体を買う問う云う暴挙に出た。

最初mNEX-C3、サブで、NEX-3、直接目視タイプがでたので、NEX-7、ついでに、そのサブで NEX-5・・合計4台のNEXがあります。

(カメラで使った金額は・・・・しーんとしておいてほしいものです。)

一応、一台は、小僧さんの専用機になる予定です(大丈夫か?)

当初出ていた、コンタックス用なマウントアダプターは手動でした。

Gシリーズは、自動焦点なのですが、レンズ側に駆動系がなく、本体の方で、動かす方式だった。

書いたとおり、手動焦点はべつにいいのですが、途中で、ひっかかる感じがするのでで使いにくい面があって敬遠気味でした。

一部の回転域での、渋い動きをは、カメラ本体が小さいのもあいまって使いにくくて仕方がなかった。

アダプターの廻りの悪さは、工作制度の問題とベアリングの問題だとおもっていた。

分解してみるとベアリングではなく、グリスよる摩擦軽減と分かり、此れは、相当やわらかい、しかし粘性のあるグリスとつけるか、シリコン系の潤滑剤でも投入しないとだめっぽい気がする。

あるとき本屋へ良くと、自動焦点式のマウントアダプターがあると書いてあった。

言われて探してみると在りました。

手動マウントが、1万円弱、電動マウントは、3万円・・・・1ヶ月悩んだ末に買うことにしました(w)

以下のは説明文なのですが、SONYのNEXリーズならばすべてOKと書いてある。

確かに、快調(作動音はけっこうします。)です。

自動焦点は、遅いです。

NEX専用のレンズと比べると少々つらいです。

大体2から3秒ぐらい遅い感じです。

撮影上は、特に問題は無いと思います。

開放値、1.8ぐらいでの自動焦点は、イマイチ合いにくいです。

55ミリよりも、35ミリの方が焦点速度は速いです。

問題点は、NEX-7は、問題なく使用ができます。

撮影も、再生もなんら問題はありません。

カールツアイスらしい写りです。

NEX-5.C3,3の三種類のボデイでは、レンズアダプターをつけたままでは、再生ができません。

最新バージョンへアップデートしたボデイでもダメです。

再生のボタンを押すと、一瞬再生画面が見えますが、すぐに撮影モードになります。

つまり、NEX-7以外は(NeX-6は所有していないので試してませんので、再生画面が出てくるかどうかは分かりません。)は再生させようとすると、マントアダプターを抜いてから、再生ボタンをおさなけっればならという事である。

説明文中には、撮影は可能と書いてあるので、嘘ではない。

しかし再生が、NEX―7以外ではレンズをはずさないとダメというのは問題があると思うが?。

購入時の説明文 

 TECHART TA-GE1Bは、コンタックスGマウントレンズをソニーNEX-6.NEX-5RなどのソニーEマウント規格のミラーレスカメラを取り付けるために開発された、電子制御のオートフォーカス可能の電子アダプターです。

世界初!コンタックスGレンズ用AFアダプター

 仕様:
 ●TECHART独自開発したアダプター内蔵式モーターで、オートフォーカス可能になります。
 ●撮影した画像のEXIFデータに焦点距離、露出などの情報が記録されます。
 ●オートフォーカスエリア(マルチ、中央重点、フレキシブルスポット)の選択可。
  <フレキシブルスポットの中心点の設定により、AFの成功率が高く、おすすめの設定になります。>
 ●高精度MFダイヤル搭載!MFモードの切り替えで、手動でピントを合わせることが可能です。
 ●AF微調整システム導入!ピントの合う位置を微調整することができます。
 ●すべてのドライブモード(一枚撮影、連続撮影、セルフタイマー、リモコンなど)の選択可。
 ●顔検出機能が可能です。
 ●MFピーキングに対応可。
 ●寸法、重量:Φ62X16.5・80g
 
使用できるレンズ一覧:  
 ホロゴンT*16mmF8 × 取り付けできません。
 ビオゴンT*21mmF2.8 △ 取り付け手順により、使用可能になります。
 ビオゴンT*28mmF2.8
 プラナーT*35mmF2
 プラナーT*45mmF2
 ゾナーT*90mmF2.8
 バリオゾナーT*35-70mmF3.5-5.6 △ 駆動できるレンズと駆動できないレンズがあります。
<ビオゴンT*21mmF2.8の使用方法>*取り付け/取りはずしの手順が間違えると、カメラやレンズに傷つく可能性があります!
 ビオゴンT*21mmF2.8を取り付ける場合、必ずマウントアダプターをカメラに取り付けてから、レンズを取り付けてください.
 ビオゴンT*21mmF2.8を取りはずし場合、必ずレンズをマウントアダプターから取りはずしてから、マウントアダプターを取り外してください.
   
使用できるボディ    
 ソニーNEX-6.NEX-5T.NEX5R.NEX-3N.NEX-5/5N.NEX-C3.NEX-F3などEマウントミラーレスカメラα7R.α7.NEX-7.
 ソニーNEX-VG10 VG20 VG30 VG900 NEX-FS100 FS700 EX50などEマウントHDビデオカメラ
 <ビデオカメラに装着時は静止画、動画スタンバイ中のみスキャンAFが可能です.>
   
使用上のご注意:    
 ●カメラ本体のソフトウェアは必ず最新のバージョンにアップデートしてください.アップデート方法はメーカーのホームページへwww.sony.co.jp/SonyInfo/Support/、アップデートしないまま使用するとAFが動作しない、アダプターの機能が正常に動作しませんので、ご注意ください.

 ●撮影モード設定はA(絞り優先)モードまたはM(マニュアル)モードをご使用ください。

|

« 1955年モ―ターファン | トップページ | 今日は雨でした。 NOx法てメジャーじゃないのね・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 1955年モ―ターファン | トップページ | 今日は雨でした。 NOx法てメジャーじゃないのね・・・ »