« 2015 TAM Meet 反省事項 | トップページ | 悪意 »

あきれた爺さんが、つまらない

末期がんが見つかり余命3か月といわれた奥様のために、わざわざ、数百万円の大枚をはたいて、S30をご購入になった爺さん。

色は、アイボリーホワイトだったので、奥様が若いころ乗っていた赤ではなかったので、わざわざ業者に頼んでラッピングで赤(変な赤らしい)にしてた。

本当は、全塗装を!を思ったが間に合わないので、ラッピングでごまかした。

車が届いて、お奥様に見せると、懐かしーわねー、お兄さんのSRと並んでよく走ったわ!

と、

お兄さんも、1年ほどま前にお同じ部位の癌でご昇天スミ済だそうである。

乗せると。

とたんに元気になったそうである。

ぐったりして、何もしない日々だッたのが、ダメだったはず生きがいが急にできたようで、が、がぜん元気になりました。

おもいでの信州旅行に行きたいと駄々をこねたそうである。

医者と相談をして、旅行へ

自動車での旅行は数年ぶり

病気の奥様は、途中で、自分で運転したいとい云いだした。

恵那SAから、中央道、長野道を通り、松本までドライブした。

3泊4日で、思い出の地を廻ったそうな。

ご帰宅して、困った爺さんに、「ありがとうね」といって手をぐっと握ったそうな(友人からの伝聞)。

そうして「もう一度行きたいね」といって

「もう行けないんだね」といったそうである。

そうして、二人してさめざめと泣いたそうな。

末期がんで、治療しても治らないからいいといい。

自宅で療養していて、宣告から4か月目に、お亡くなりになったそうである。

ちょっと、しんみりしたのである。

ところが、それからが困った爺さんの面目如たる(じょたる)である。

元部下のご友人に、「Z432は手に入らないか?」と聞いたそうである。

友人「Z432てなんですか?」

延々と説明があったそである。

S30はダルイそうである・・・・54Aはもっと・・・ダメだと思うけど・・・・

54Aは、庭の小屋をこわして、新しい倉庫?を作ってしまい込んだそうな・・・

そうして、フェアレデイのいいのを探すそうである。

友人

「なぁ、耄碌(もうろく)はしたくないなぁ」

わたし

「なんで」

この間、ゴミ捨ての手伝いに来てほしいといわれて家に行くと、亡くなった奥さんの衣類、靴、本、雑誌、ミシン、いろんな免状(お茶の先生をしてたそうです)を庭に、放り出していた。、

そうして「うちの奴は、でていった、裏切った様な奴のものはすべて捨ててやる。」

目の色が変だったそうです。

会社にいたころの口調で、

「○○君、すべて捨ててくれたまえ!すべて捨ててくれ」と

さすがに、某友人は、こういったそうである

「申し訳ありませんが、こうたびたび呼び出されるのは困ります。これっきりで打ち止めということでお願いできませんか?」といったら

「お前まで、裏切るのか―」といいながらコップを投げたそうな。

友人は、「ひょい」とよけると、庭石にコップは当たって割れたそうな。

そうして、ご友人は、電話はすべて着信拒否にしたそうな・・・・・

それでも、多少は、気になったので、2週間ほどたってほんの少しのぞいてみると、駐車場に、件のS30の無残な姿があった。

S30は,ラッピングを無理やりはがしたようで、ベロベロにはがされていて、一部塗装が剥離してしまい、無残な姿になっていたそうである。

呼び鈴を押してみようかと思ったが、なんか、嫌なことばかり思いだしたので、そのまま帰ったそうである。

どう思う?と、先日聞かれましたが・・・・・退社したら関係ないと思えば?

心ないことを云いました。

弱弱(よわよよわ)しい声で、そうだよね・・・と

 

 

 

 

|

« 2015 TAM Meet 反省事項 | トップページ | 悪意 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2015 TAM Meet 反省事項 | トップページ | 悪意 »