« TAM Meet2016 CG CLUB 中部支部主催 | トップページ | どうでもいい名古屋弁について »

人徳なさでしょうか? チューニング?

昨年は、トヨタスポーツ誕生50周年でした。

50周年記念ということで、何となくウキウキとした感じもありました。

御盛況な、記念のイベントも参加できてよかったです。

大騒ぎした記念品・・・・もう埋もれている。

(一参加者としての参加でした。

主催者側として参加ししたわけではなかったので、お気楽でした。)

しかし、私の属するクラブの主催した「TAM Meet 2015」では、お題目は、

「DS60周年、トヨタスポーツ誕生50周年」

をメインテーマにしましました。

トヨタスポーツは、支部長の独断と偏見での追加でした。

別段、CGのネット、フェイスブックの表示、この掲示板ぐらいでしたから、トヨタスポーツが来るのか?という点では、正直期待はしていませんでした。

ツーリング仲間に、回状を廻すということさえしなかったからなのですが。

で、結果はきませんでした。

DSは、フレンチブルーミーテイングの重鎮の方々や、シトロエンのクラブに声かけをした結果、10台ほど、多彩な車に来ていただきました。

講演会では、雑誌CGの早田編集員のフランス本国での60周年記念取材で盛り上がりました。

山口京一さんにもご臨席いただきまして盛況でした。

50

(山口京一さん、乗車!)

わたくしのトヨタスポーツ界での人徳のなさ(笑)で、

会場に来たのは私の車と、友達の車が1台のみ・・・

ちょっと寂しかったですね。

今年は、オープンエアーモータリングですから、来ていただくとうれしいかなぁ!と

こねえだろうな(自爆)

50_ds_up

2年前のTTDでは、フランスの著名な自動車は博物館の館長さんにトヨタスポーツを10分ほど味わっていただきました。

Dsc09486

2気筒 45馬力と聞いて、2CVとの比較がありました。

2CVの最高は、135場リカだったそうです。

どんな構造に改造したんでしょうね・・・聞きそびれましたが

たぶん、ベアリングは滑り軸受ではなく転がり軸受に交換する。

キャブレターの大型化

あらゆる、プレーンメタル部分を転がり軸受化(ニードルベアリング系)して摺動部分のロスを軽減する。

圧縮を上げる。

嵌合部分の精度を上げる(ケズり直しだろうねぇ)

エンジンケースの補強を行う

ピストンを最新型に変更して、シリンダーを短くする。

クランク(ニードルローラー化する時点で、組み立て式しないと無理だと思うので、新造?)にーラー化でもコンロットも強化品(流用だろうね)

オイル経路の直径のUP

オイルポンプの電動化・・・

等々・・

一体、いくらかかるのやら・・・

最後にはしてみたいねぇ

ブレーキも、前輪デイスク、リアの足回りもダブルウイッシュボーン形式にしたいねぇ

そうすると、ボデイ、フレームの強化が必要ですねぇ・・・

このフランスの方、かっこいいです。

襟の座繰りがいい

Dsc09489

20160621初出

20160622/23加筆

|

« TAM Meet2016 CG CLUB 中部支部主催 | トップページ | どうでもいい名古屋弁について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« TAM Meet2016 CG CLUB 中部支部主催 | トップページ | どうでもいい名古屋弁について »