« トヨタスポーツのパーツ | トップページ | 誰か、救ってあげてください。 »

どーでもいいようなこと

トヨタスポーツの事を書こうとおもう。

トヨタスポーツは、すでにクラッシクカーの仲間入りを果たしている車だろう。

綺麗にレストレーションした車ならば、1000万円の声も聞こえるという。

襤褸でも100万から200万円である。

ある店のレストレーション代が500万円で目を剥いていた時代ではない。

自分が、27年間に使った金額はおよそ1500万円程度である。

これを、嘘だと笑うなら笑えばいい。

某三重苦は、自分の基準で、私が買ったて、乗り出し迄にかかった金額(修理代含む)を「吹いている(嘘をいっている)」と思ったそうである。

奴は、板金代は、自分で板金をして安くあげ。

塗装が気に入らないと云って、カローラ店経由で頼んだからという理由で、全塗装をやり直させたぐらいであるが、元の塗装代も安かった。

でも、私は乗り出しで200万円超えていた。

事実は事実である。

その後、車体のレストレーション、

ぶち壊したエンジンの修理代

オリジナルのウエザーストリップ

自作したパーツ

車検代、等々を加算して累計である。

30年近くかかって1500万円である。

高いような、安いような?

だからどうとう云う気もしない。

笑ってしまう様な話ではあるが、45年以上継続している模型に使った金は、これに匹敵する。

古本は・・・・これまた・・・だいたい同額程度である

カメラは・・・そんにつかっていない1000万円は超えていない

一番高いレンズは・・1本で200万円ほどである・・・

高かったセットは、軍用のスピードグラフィックの150万円

安かったセットは、警察署のマーク入りマミヤ、5万円ぐらいかなぁ

と、まあ、人生を棒に振るほど散財している。

が、後悔はしていない。

必要不可欠な思いで購入しているからである。

トヨタスポーツも同じである

別段後悔はしていない。

小遣いの範囲でやろうなんて思っていない。

基本的にそれはムリである。

最初の10年で、毎月3から5万程度パーツを買い続けた。

ボーナスの時は、20万円ぐらい買ったこともあった。

時々、燃料タンクや、トノカバー、とにかくオリジナルのパーツは金に糸目をつけないような気分で買い続けた。

デフも買った。

まだ部品が出たので毎月部品共販へ出かけてはパーツを買った。

買いつづけた。

お客様相談室にお願いしたら、リアウインドのゴム、三角窓のゴム(片側のみ)、シールドカバーも出たことが有る、だたこれは、5年ほど共販に通った結果、共販経由で聞いてもらいでしてもらったパーツである。

その頃、ホンダスポーツのリプロダクションはあったが、トヨタスポーツはなかった。

ホンダスポーツのオーナーは、高い部品に慣れていた。

ヨタのオーナーは、基本的には、高い部品はダメで。

二言目には、共販だったら80円ぐらいで売っていたという様な、25年前に、今から40年ぐらい前の話をする人が多かった。

個人でパーツを作る事がどれほど大変かという事が判っていない人が多かった。

自分で、図面を引いて、チマチマと自分のためにパーツを作っていた。

余れば売っていたが、それでも、常に、高いという文句を言われて、これとこれ買うから20%ぐらい値引きしてほしいと云われることはざらだった。

原価で売っているのに、値引きしろと言われて、売らないからいいと言って断ったことが度々あった。

売らなくて残っているパーツはまだある。

今になって売ってくれと言われても売る気は毛頭ない。

読んでいいて思うのは、参考になる意見は少ないという事である。

読んでいて、いい加減だという気がする。

自動車会社、とは言え出身母体は販売系の人が、結構いい加減なことを書いていることが多い。

神谷正太郎氏の権力が強かったころに入社したの人だから余計にそうなのかもしれない。

製造会社へは強く出れば引っ込むと思っているという事も聞く。

以前は、販売会社から、販売の観点から強く訂正を求めたこともあったヤに聞く。

わたしの個人的な気分は

デザインが好きだから買った。

自分が死ぬまで乗ろうと思ったからフルレストレーションしたという事である。

だからではないが、別段群れる気はない。

年1回のツーリングと、年2回のCG CLUB中部支部の集まりに参加することだけで満足している。

|

« トヨタスポーツのパーツ | トップページ | 誰か、救ってあげてください。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どーでもいいようなこと:

« トヨタスポーツのパーツ | トップページ | 誰か、救ってあげてください。 »