« 老害? | トップページ | 見出しの忖度? »

暴走ジイサン

今日、名古屋第二環状道での出来事である。

勝川IC(上り口)と松河戸IC(下り口)の間には、撃墜王の異名をとるオービスがある。

最新式の電送式である。

大体、そのオービスの事を知っている人は、大体制限速度の60キロメートル毎時から70キロメートル毎時ぐらいで走る。

尾張小牧ナンバーの白いフィットは、オービスの手間前まで、走行車線を60キロで走行していた。

追い越すときに観たら、白髪の鶴見たな爺さんだった。

オービスを過ぎると、ウインカーも出さずに追い越し車線に出た。

結構な加速だった。

私は、うっとおしいなぁと思ったので、追い越し車線から、走行車線に戻ろうとしてウインカーを出した。

すると、ジイサンのFIは、ウインカー出さずに走行車線に戻り、

警笛を鳴らしながら、走行車線から猛然と加速して抜いて行き、追い越し車線に戻った。

多分、120キロぐらいだしてました・・・だって、あっと云う間に視界から消えましたから。

で、トンネルに入ると

前が詰まってます爺さんお前には、ハイエース。

ハイエースの前には、鈴木の軽自動車・・・・ゆったり・・・と

大体80から90キロぐらい?

で、大森ICを過ぎたあたりで、ジイサン

超接近モードで、

パッシング

警笛ガンガン鳴らして・・・・

ハイ―エスがどいた・・・・

警笛鳴らしまくりで・・・・・・

軽自動車もどいた・・・・・

一瞬で、ジイサンFIt、見えなくなりまして・・・・・

なんキロしてんだと・・・・・・

多分、ものすごく急いでいたのかなぁと思いつつ・・・

暴走ジジイだなぁと・・・・

昨今、煽り運転が批判されているのにである・・・

鶴みたいな爺さんは、何所へ行くんだろうと

チラ見ではああるが・・・年ころなら、

65から70ぐらいかなぁ・・・

名古屋第二環状に乗る前は、ウィンカーを出さないで、車線を変更する、枯れ葉マークのFitがいました。

50キロ制限の道を、延々と20から30キロで走る三重ナンバーの老夫婦のくたびれたFItでしたが・・・・

低速のFitには、ちょっとイラっとしましたが・・・

環状道の暴走ジイサン(枯れ葉マークはなかったので75以下だろうと・・・)の暴走ぶりにはちょっと・・・辟易した。

爺さんたちには、ウインカーぐらい出せよな・・・と

一歩間違えば、大事故になる可能性ものある爺さんの運転には、少々許し難いものを感じた。

|

« 老害? | トップページ | 見出しの忖度? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/206552/72639062

この記事へのトラックバック一覧です: 暴走ジイサン:

« 老害? | トップページ | 見出しの忖度? »