« パーツの話など | トップページ | 選挙が済んだので・・・・ »

ある爺さんへの感情

その方は結構有名な方である。

でも現在は、ただの良く居るジジイのクレーマーである。

この手の人の特徴は

若かったころの栄光にしがみつき。

その件でちやほやされた経験が長いからかどうか知らないが、自分は偉いと思っている。

ただの運転手だったんだが、その手の趣味の人には「おおー(まだ生きてるんだ)」ぐらいの嘆息の対象で見られてる

しかし、最近は、色々の講演で見かける姿はに、老害を振りまくタダのの爺さんとなっている。

ある特定の講演会には必ず顔を出す。

呼ばなくても来る。

誰かが教えるんだと思う。

そうして、さも、当然の様に自分は、こうだった、あうだった、あいつは悪い奴だみたいなこととを云う。

で、要は、貴重な質問の時間に延々と、関係のないような話、ほとんど苦情に近いような事をを云うことが有る。

聴いていて非常に聞き苦しい。

そうして、居ない人の悪口を云う。

自分の今の主観がすべて正しく、嫌いな奴の事を良く書いてあると、苦情を云う。

しかも、執拗に。

おまけに、元雇い主のイベントにも文句を言う

あるレーシングカーの復元をした。

イベントで、走ると途中で燃料切れで停まってしまった。

そのエンジンは、リッター数百メートルの燃費であった。

その人は、燃費を知っていた。

復元をした担当者、イベントの担当者は、満タンにするリスクをリスクを避けてあまり入れなかった。

どうも、燃費がそれほど悪いとは思わなかったらしい。

数百メートルの燃費なんて現在ではありえない。

そうして、当然お様に、コース上の途中で停まった。

これは、イベントの担当者が燃費を調べなかったミスはミスである。

しかし、その人は燃費を知っていて、燃料計もついてい見てみて・・・残量を確認して乗りう込んでいる。

ここで、「燃費が何メートルだから、燃料は足りるのか?」と聞くべきだあった。

このジイサンはそんなことは聴きもせずに、というか云う事もなく乗り込んで、途中で停まった。

止まったことについて文句を言うのは別段構わない。

しかし自分の責務を果たしていたのか?

自分の乗る車である。

注意は払うのが当然である。

私はそう考える。

この人の基本姿勢は、

「俺様は特別なドライバー」

「乗せてもらうだけ」

「運転するだけ」

「おぜん立ては全部やれ」

「名車の開発にも携わった」

という姿勢なのかもしれない。

その車に関係したいのか、売名行為なのか、どーでもいいところで監修なんて名前を出す。

ひどい出来のレプリカ車にも監修の名前を出している。

逆に聞いていみたいのは、あんな出来に悪き車の監修で名前を出すと、評価が下がるよ。

まか、色々な処から悪評が聞こえる。

いい加減にでしゃばるのは止めて余生を過ごしたらどうかと思う。

以前この人の書いた本を振りかざして文句を言った人が居る。

私に早生れば、三次四二次資料を基に書いた、しかも年を取ってから書いた本なんてなんの資料性もない。

関係者からの証言では、図面の年月日が明らかに間違っているものがある。

連続している図面で、1枚日付の誤記がある。

でも、その間違った日付を振りかざしている文句を言う人が居て困るのある。

だから講演会の名称もその車の名前を外したら来ないかな?と考えている。

20180218

20180220加筆

|

« パーツの話など | トップページ | 選挙が済んだので・・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ある爺さんへの感情:

« パーツの話など | トップページ | 選挙が済んだので・・・・ »