« 名古屋城天守閣の復元について | トップページ | 危機管理? »

CCF 2018(トヨタクラッシクカーフェステイバル IN 長久手)

パブリカKP30

Dsc07563

パブリカUP30V

Dsc07558


Dsc07531

2U-Cのコーションプレートが、前から見て判別できるように貼られている。

KPパブリカのパーツリスト(最終版)に記載の大きな文字での2U-Cではない。

初めて見たので驚きました。

しかもバン!

で、名古屋5ナンバーの43年型

バンパーステー利用のフォッグランプ取り付け

43年間所有されているそうです。

意外や意外、KさんとホンダS仲間であった・・・世の名kは狭い

Dsc07601

もう1台は、40年かなぁ・・・珍しくオープンでした。


Dsc07595_3

ハンドルが、初期型

Dsc07596

自分も着けようからし・・・

ちなみに、この初期型のホーンボタンのピッチは、41年以降のピッチと違いますのではまりません。

ホーンボタン本体もコンマ数ミリ大きいですから、41年以降のホーンリングだとキツキツです。

T文字は、角のとがったメッキ文字

41年以降は、角のとがり具合が少々緩やかなになったメッキ

40年から42年までのホーンボタンはの字の色はオレンジ系の赤

43以降は、文字はメッキのママ、地の色も赤ですが、青系の赤で退色しにくい色になってます。

補給品は、途中から文字は、白で、青系の赤

断然かっこよかった、メルセデスのカブリオレ

Dsc07647

このラインがたまりません

Dsc07653

170べーすなのでどうしても胴体が長い

500.540Kのような伸びのある格好でいいです。







|

« 名古屋城天守閣の復元について | トップページ | 危機管理? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CCF 2018(トヨタクラッシクカーフェステイバル IN 長久手):

« 名古屋城天守閣の復元について | トップページ | 危機管理? »