« 鉄道模型の「東海模型」さん(岐阜市)廃業してました・・・ | トップページ | ナンバープレート »

NEWS from TOYOTA 昭和四十年三月十七日

ちょっとし資料が手に入りましたので、原文のママ表示です

800は、八〇〇と記載しています。

数字は、ほぼ漢字表現(縦書きなのでのね。)

News From TOYOTA

昭和四十年三月十七日

二七-ABC

トヨタ・スポーツー八〇〇新発売

  斬新なスタイル、すぐれた高速性能、

 トヨタ自動車販売は初の本格的スポーツカー八〇〇として斬新なスタイルのボデーに新しく開発した45馬力、&エンジンを塔載した「トヨタ・スポーツ八〇〇 を四月一日から全国一斉に発売する。

 これは昨年の自動車ショウにパブリカスポー ッとして発表されたものにその後幾多の改良を加えて、名称も新しく「トヨタスポ ーツ八〇〇」として発売するものである。

 東京店頭渡し価格は五九万五千円。

 当面月産三〇〇~五〇〇台の予定。

 トヨタ・スポーツー八〇〇は全く新しい観点から設計されたスポーツカーで、これ までの強馬力で引っぱり高速をうるタイプとは違い軽量化と空気抵抗の減少をはかることによりエンジン出力以上の高性能を引き出すことに成功したもの。

 このため このクラスでは他に例をみない多くの特徴を備えることとなり、とくに、

 ① 風洞実験の結果生れた空気抵抗の少ないエアロ・ダイナミック・ラインを採用し たスピード感にあふれるユニークなボデースタイル

 ② 強力な新型エンジン、合理的なボデー・ラインによって最高時速一五五キロを実現、このクラス初の一○○マイルカーとなった。

 ③ ハード・ルーフの採用によりオープン・カーのそう快さとスポーツ・クーペの量 感を兼ね備えたオールウエザー型

 などの特徴はトヨタ・スポーツ800が誇りうるものである。

 このほかすぐれた経 済燃費(舗装平坦路で三一Km/)、スポーツカーとして工夫された装備、安全性に 配慮した快適な乗り心地など多くの特色がもり込まれている。

 

性能

 一、新型2U型エンジン塔載 = 耐久性、経済性で定評のあるパブリカのU型エンジ ンを

   スポーツカー・タイプに改良した高出力の2U型エンジン(四五馬力、七九〇㏄)塔載に

   より高速時の性能はいちぢるしく向上した。

   トルクの向上による 14マイル一八・四秒のすぐれた加速性、時速一五五キロの最高

 速度などいずれも このクラス随一の高速性能である。またキャブレータは高速回転時の 

 吸入効率を向上し、出力増加をはかるためツインキャブレータを採用している。

一、新しい感覚のボデースタイル=幾多の風洞実験をくり返し合理的に設計された。

   流線型のスタイルとなっている。

   走行時の空気抵抗を少なくするため全高を低くし、正面面積を極度に小さくするた

   めいろいろの手段が講じられているが、 ドアー・ウインドガラスに国産車初の曲面ガラ

   スを採用、一面では重心を低くし てロードホールデイングの向上をはかった。

   さらにボデーはフレームレスの一体 構造とし、軽量化をはかるため各所にアルミニュ

  ウム合金を取り入れたことなど により車量重量五八〇㎏ときわめて軽く、こうした総合

  効果によりエンジン出力 に対してこれまでの常識をはるかに上回わる高性能を生み

  出すことに成功、走行 性能および高速安定性は抜群のものとなった。

一、強化されたシャシー=シャシー関係はパブリカのシャシーを基礎に高速安定性

   「安全性への配慮を重点に強化された。

   ステアリングはホイール径〇・三八〇mの三本ステンレススポークを使用、

   シャープで軽快な操作を可能とし、最小回転半径は四・二mと小回りのきく構造にな

  っている。

   ミッションはリモートコントロール床上レバー式で

   前進四段、

   後退一段、

   二、三、四速シンクロメッシュ方式とし

   二速、三速のギア比をトップに近づけて使用範囲を広くした。

一、すぐれた経済性 = 車両重量の軽量化と空気抵抗の減少によりスポーツカーとし て

  は驚異的経済燃費となった。

   公式試験における燃費は舗装平坦路で二名乗車時 に三一㎞/ℓであり、公式定

  地燃費も五〇km/ℓで、三四km/ℓ、八〇/hでニ六㎞/ℓと通常走行、高速走行とも非常

  に良くなっている。

装備

一、ハードルーフを採用したオールウエザー = 季節、天候に関係なくオーブンカーおよ

  びスポーツ・セダンとして使用できるハード・ルーフを採用した。

  ループは脱着式で内側から六本のボルトで固定されているため短時間に脱着可能で

 ある。

  ルーフはトランクルーム に格納でき、取りはずした場合にはリヤ・ウインド 1側のルーフ

 が造り付けになっているためロール・バーの役割をして安全性を高 めている。

  またリヤウインドーの固定はフロント・ウインドーだけのオープンカ 1よりも空気のまき込

 みが少ない。

一、カットタイプ・シートの採用=シートは身体の安定のよいバケットタイプ を採用し、

  運転席には、安全ベルトが標準装備された。

  室内は定員2名でゆったりとしておりシートは前後に一二〇mmのスライドが可能で

 ある。

一、スポーツカーとして十分な装備 = スポーツカーとしての機能を十分に発揮する よう

 つきのような独特の部品が標準装備されている。

(1)タコメーター

(2)トリップメーター

(3)マップ・ランプ

(4)油温計

(5)助手席アシスト・グリップ(固定式)

(6) その他

一、例のないサービス性=生産管理がゆきとどき一層トラブル・フリーとなった。 かパブリカ

  との共通部品を多く使用しているため全国どこでも部品入手が容易で 維持、補修が

 便利である。

以上。

△価格 

東 京 五九五〇〇〇円

大 阪 六〇三、〇〇〇円

名古屋 五九九、〇〇〇円

札 幌 六一五、〇〇〇円

福 岡 六一三、〇〇〇円.

 

 問合せは

  東京都中央区八丁堀23

 トヨタ自動車販売株式会社 電話番号  販売拡張部 広報係まで 

|

« 鉄道模型の「東海模型」さん(岐阜市)廃業してました・・・ | トップページ | ナンバープレート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NEWS from TOYOTA 昭和四十年三月十七日:

« 鉄道模型の「東海模型」さん(岐阜市)廃業してました・・・ | トップページ | ナンバープレート »