« 秋かなぁ?最近の個人的な動向 | トップページ | 中京デトロイト構想の終焉である キソコーチ號について »

久々に、仕事中に腹が立った…という話

うちの3年目のカリメロ君

まあ人事異動で入れ替えがあって、環境が変わりやる気になったようだった。

上司ともどもしごいてみるかとという事になった。

前任上司は、私が、若い衆に仕事を教えてあげてくださいとお願いしたら。

担当課長からお願いされないとやらないというご回答だった。

ところがである。

担当課長に聞いてみると、最初に、若手の指導をお願いすると

「私は、そうゆう指導はしないから」と云って断っていたそうである。

真実性の原則は、両方の話を聞かないといけないという事である。

で、先週、カリメロ君は、金曜日急に休んだ・・前日に休暇を出したのですが・・・

ある人との相談の日付の指定日は、金曜日であった。

で、電話で、相手とやり合って、カリメロ君は、当初、金曜日を主張していたが、相手のよくわからないというか理解できない理由で27日になるかもしれないという話を、聞いて、月曜日まで待ちますといった。

でもである、最初に文書で指定した日は金曜日である。

金曜日に来れたら来ると主張していた点を考えれば、金曜日は待機モードで在籍するのが基本的な対応である。

でも、休む理由も、ちょっと急用ができて・・・みんなと 山口県へ行くという話は聞こえてきた。

私が聞くと、「プライベートなことなのでちょっと」と答えない。

別の人が聞くと、山口へ行く・・だそうである。

再度聞くと、計画的ではなくて、急に決めたとのこと、

行くのは「みんなんと」だそうである。

主担当が居ないと困ることが多いのだが、指定日を無視して急に休むのである。

ちょっと、無責任な気がした。

ついでに、8月の初旬から対応している、指導を入れている案件の状況を聞いた。

ほかの機関でも関与があるることが聞き取りの段階でわかっていたので、分かった時点で通報をしてあった。

期日は、8月末なので、そちらの通報先の状況を確認するべきではないのか?

という話をしつつ、方針についてうちの上司を含めて話をしていた。

で昨日(8月29日)、方針について話をしていると、前提をすべてひっくり返すことを聞いていたことが判明。

2週間前に、決定した方針の前提が崩れるような話を黙っていた。

前提を決めて対応をしていたが、確認の段階で苦情になった。

苦情の対応は良かった。

が、その後の連絡で、月末の原資たる予定ががあるとう前提自体がすべて嘘だったことを自供した。

だが、そのことを一切報告しない。

私も、上司もいたのにである。

担当課長は実務に関しては非常に無能なので、報告書をよく読んでないので何も言わない。

8月29日の朝、

関係機関へのそいつと関与のある団体へのアプローチの結果を聞いておいてね。

という事を伝えあ、聴取内容をすべて検討して伝えた。

しかし、カリメロ君は、電話をしたくないからであろうか、主張していた前提条件が全てうそだった追いう事を自白していた事実を初めて開陳したのである。

上司も、私も、いわゆる

開いた口がふさがらないモードになった。

(猫のフレーメン現象みたいなものである)

当たり前であるが、情報に間違いがあれば作戦行動は変更しなければならない

前提が崩れていたのであれば・・・二週間前に変更した対応策を検討しなければならなかったのである。

上司は、なんで重要な情報を伝えないのかなぁという事をいってしまうような状況になった。

ちなみに、その前回2週間前の連絡時の翌日からカリメロ君は夏季休暇であった。

それも、どうしても外せない日と云うのは、親とアウトトレットへ行く約束があるから、その日は外せませんと・・・・・

自分が一皮むけるかどうかという対応をしてた時期である。

情報に変更がないならそのまま休むことに問題はない。

しかしである、情報に重大な変更があるのなら、今後の作戦に変更が必要となることは目に見えている。

基本的に、休暇を先延ばしにすることが必要になんる。

その時は、、すでに水曜日から3日間を、金曜日からに変更していた。

変更した理由は、緊急な事案で早急に処理を進める必要があったからである。

で、前提となら情報が嘘でしたと自白したことを、私と、私の上司に伝えなかった理由は何となく想像ができる。

伝えた瞬間に、昭和世代の人は、次の瞬間に処理の訂正とやるべきことを山ほど言いつけられる。

担当課長は、うちの上司の指示は黙認である。

云いつけられると、夏季休暇が取れなくなる。

親との約束が・・・・守れない

ママとの約束は、反故(ほご)にはできない。

と考えて

黙って居ようと考えたらしい。

最近の子らしいと云えばそうのなのかも知れないが、最低限の義務ぐらい果たしてほしいと思うのであるが、どうもそうではないらしい。

ついでに、話の途中で、カリメロ君は、自分で一生懸命に壁を作ることに余念がないので、あきれてしまった。

で、此処で久々に、あきれて、ハラワタが煮えくり返る腹が立ったので・・・

「お前の面倒はもう見ない、相談にも乗らない」と伝えた。

すると、泣きながら土下座して謝るので、今後は一切関わり合いを持たない旨を伝えた。

直情的に怒鳴るなんてこともせずに、

「もういいわ」と云う感じである。

カリメロ君は、申し訳ないが、事務処理能力が極めて悪い。

学習能力がほとんどない。

何度でも同じ間違いを平気でする。

以前、同僚だったお兄ちゃんが、ムカツクカラ、一切話をしないと言っていた理由がようやくわかった気がした。

カリメロ君は、いわゆる、頭がものすごく悪く、理解力も極めて低いという奴である。

言葉の意味は全然分からない。

調べもしないのである。

景気がいいと、というか、有効求人倍率高いと、程度の悪いのが入って来る。

どこの役所でもそうみたいである。

入った理由を聞くと、ここしか受かりませんでした・・・・である

人手不足なのは判るが、馬鹿は本当に困る。

おまけに定着率が悪い。

まともな子は、早々に見切りをつけてやめる。

馬鹿は、行くところがないのでしがみつくのである。

将来、というか、20年後が怖いねと云っている次第である。

|

« 秋かなぁ?最近の個人的な動向 | トップページ | 中京デトロイト構想の終焉である キソコーチ號について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久々に、仕事中に腹が立った…という話:

« 秋かなぁ?最近の個人的な動向 | トップページ | 中京デトロイト構想の終焉である キソコーチ號について »