« エアクリーナーケースの事など | トップページ | 二重国籍を推奨する新聞は、私利私欲にあふれている »

親しい人がなくなると寂しい

ある方が、亡くなりました。

トヨタ博物館に長く勤務されていたいた方です。

初めての出会いは、CG CLUB 旧中部支部の時代のTAMでのTTD

バックヤードツアーで知り合いました。

よくご存じだなぁと感心することしきりでした。

中部支部が、よくわからない理由で無くなり、多少縁遠くなりました。

しかし、中部支部を再開と云うか、再設立する際には、随分とご助力をいただきました。

個人的には、東次郎のトヨタスポーツを取材もさせていただきました。

深く幅広い知識をお持ちの方でしたので早い逝去には残念な気持ちでいっぱいです。

今日はバタバタしていて、少し転寝をしたときに

TAM TTDの打ち合わせの時に話をしたシーンが夢の中?の出てきました。

何年も前でまだ元気な頃です。

すると、話をした時の思い出のような感じで次々と出てきて、声まで思い出しました。

ものすごく、悲しい気持ちが突然と隆起して、涙がぼろぼろとこぼれてきました。

ふと、表には出さないけれど結構、神経質だったなぁとか、

でも、珍しくいい人だったなぁと思った。

そうして、夕闇の迫る中、

ふと

自分で言うのも変だが、「寒いくらい一人だ」

と云う言葉を思い出した。

そうして、

こんな言葉も思い出した

「そうだ、生きようと思った」

私は私の道を生きよう、そう思った。Dsc01073

|

« エアクリーナーケースの事など | トップページ | 二重国籍を推奨する新聞は、私利私欲にあふれている »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 親しい人がなくなると寂しい:

« エアクリーナーケースの事など | トップページ | 二重国籍を推奨する新聞は、私利私欲にあふれている »