« 人間の暗闇、少し改定 | トップページ | 児童相談所の対応について »

名簿の管理など

 先日ある問題が発生した、と云うか非常に危険な状態にあることに気が付いた。

 職場の研修で、個人の名簿の取り扱いについての危険性を教示されたのである。

 現在は、基本的に個人の名簿の収集はほぼ困難である。

 小学校でも名簿を配らない。

 中学高校でも配らない

 親の職業を各欄もない。

 余分な情報を持つ気がないということである。

 承諾を得て、採取しても、適正に管理、利用することしか認められていない。

 同意を得ても、勝手に二次利用はしてはいけないことになっている。

 本来の使用目的から外れた使用はダメという事である

 適正に管理と云いながら・・・本体が集めた名簿を、撮影して個人のPCで管理してるというような状況はダメである。

 ちょっとした懸念があったので、持っているのであれば抹消するように伝えた。

 いわれた方は非常に不満そうであった。

 定年退職した人の意識は、退職時で止まっていることが多い。

 その人もその類である。

 最近こんなことがあった。

 ある自動車の集まりで問題が起きた。

 ちなみに、私の直接間接的に関与するイベントではない。

 毎月1回の開催である

 誰が来てもいい、時間内ならいつ来てもいいし、いつ帰ってもいいのである

 昔のオハミカみたいなものである。

 新年早々、問題が起きたそうである。

 現地に行った友人が苦々しく状況を教えてくれた。

 ちなみに私は、2回ほど行った。

 友人が病気だったので、そこには来ているという情報があったからである。

 でも、2回行って、普通の車では行ってはいけない雰囲気があるので、辟易したのである。

 だから、2回でやめた。

 新年早々の集まりは、荒れたそうである。

 いわゆる、変な張りぼてモード、大音響のエンジン音をまき散らす車、会場に入れなくて路駐、通路に止める・・・駐車場内の通路に止める、自己中止的な行動が目立った。

要は、参加者にも迷惑だし、近隣住民してみおたら迷惑この上ないという事になる。

 主催者が、くぎを刺したので、今月は無事だったようであるが、そのうち、そういった集まり がなくなる可能性もある。

 「オハミカ」も、一部の人の野放図な行動で、駐車場自体が使えなくなり、集まりがなくなった

 野放図に拡大を許すととんでもないことになる。

 誰かれなく声をかける

 結果、規模は大きくなるが、無責任体制が横行する

 先日、名簿の話と合わせて、クラブの会員で定年退職した者が集まって作ったツーリングクラブを廃止した。

 それは、あるクラブの支部の下部組織として設立を許可したものであった。

 これは、定年退職後の無聊を慰めるために平日のツーリングを行うクラブということであったから、少数の人間の小規模の会との認識であった。

 其の退職者の会の発案者には以下のように伝えた。

 私自身は参加できないので、特段管理もしないし、きっちり報告をしなくてもよい。

 退職者の会の責任者を決めてください。

 ツーリングの内容は事後でも事前でもある掲示板に乗せてください。

 それで報告としてください。

 交通安全を順守

 交通規則を厳守してください

 と指示をしての承認であった。

 最初は、OBのみの参加であった

 しかし、前にも書いた通り、ある人は、誰彼なく声をかけて参加者を募る。

 別の人も、誰彼なく誘う。

 募集に、名簿を使ったかどうかはわからない。

 最初10人ぐらいだったのがいつの間30人近くになっていた。

 聴けば、軽自動車で参加していた者は、ハイスピードについていけないので、スポーツタイプの車に買い替えた。

 どうも、一般道をかなりのハイスピードで走行していることも分かった。

 皆さんで、遠方へバスを借りて見学にも行ったようである。

 バスには、会の名称を堂々と載せてである。

 行動は断片的な記載で分かる程度である。

 見ていると、いろんな行動が、エスカレート気味に見えた。

 先日まで、最初に申し渡した、会の責任者は決まったのか決めなかったのか、待ったくその件に関する連絡はなかった。

 毎月のツーリングの行き先、道順を決める幹事はいても、責任者はいない

 報告もない。

 断片的に、SNSに記事が載る。

 おまけに、参加者の一部は、参加資格を定めた飲み会に無理やり来ようとする。

 担当者が断ると、当日になって、参加できないかと云ってくる

 ついでに、その退職者の会の連中に連絡して、参加できるといっているといって無理やり参加しようとするのである。

 つまりは、その会の連中は、仲間ならいいでしょうという、ルール無視を是認する傾向があった。

 ある人から、ここ1・2年は、会の体質が変わったから参加しないとも聞いた。

 参加者が増えて、実態がわからない団体を管理するのは不可能である。

 また、一般道を10台以上連ねて走るのは危険を伴う。

 そのうち、事故でも起こされて、会の運営責任者はお前だろうといわれるのは困るのである、上部団体も困るのである。

 名簿の管理も同じで、責任を追及されたら困るのである。

 上部団体は説明したら、名簿の管理は一歩誤ると団体が吹っ飛ぶ可能性を秘めていることを理解したようで、こちらの方針には、賛成をしてもらった。

 時代錯誤的で困る人がいるのは確かである。

 「コントロールされない努力」をしているのを見ていると、何を考えているのかわからないという気がする。

 一部、関係者からは、問題行動が多いとの指摘もある。

 余り事を荒立てたくない気はしている。

 ただ今回の事で、正論そうに見えて実は、良く居るクレーマー的な事を云ったのが居いた。

 やっぱりなという気がした。

 ほんの少しの共通点を捉えて、さも関係があるように主張した。

 これは条件も違えば、内容もぜんぜん違うし、事実関係もぜんぜんわからない事・・・

 つまりは、現在話し合われている事とは、ほとんど関係ないことを引き合いに出して、否定をしようととした。

 クレーマーの、「誰れだれは、同じことをやっても挙げられなかった、捕まらなかった」

 「みんなやっている」

という主張と同じである。

 誰だれを聞くとはぐらかすのである。

 大体、その人は、一昨年前の大きなトラブルの原因を呼び込んだ主犯の一人であった。

 トラブルの原因が来る可能性を知りながら・・・・報告もなく、問題が起こった後も、反省の色もなく、

当然の様に謝罪はなく自己弁護と、

 よく無責任な人が云う、

 「そんなことをするとは思わなかった」

 「あんなことをするとは思わなかった」

 と言って、自身の責任を逃れて、トラブルを起こした人間にすべてをおっかぶせて逃げたのである。

 困った人である。

 ちなみに、うちのツーリングはよく来て8台である。

 年寄りが多いので、平均速度は遅い、大体ヨタでは、FUN TO DRIVE程度である。

 そのレベルのツーリングと思い込んでいたら、どうも、そうではないことが分かった。

 だから、廃止しました。

 名簿の事を考えてい居た時に、ある人が、○○周年記念のイベントのお手伝いをといってきたことも思い出した。

 友人の紹介だったので快諾した。

 ある場所で面談した。

 あって早々、事前予告もなくツーリング参加者の名簿を出といってきた。

 これを聞いて、事前に聞いていれば、参加者から連絡先の交付の許可をもらう術もあっが、いきなり言われては教えることはできないと伝えて、完全に拒否したのである。

 この様な、非常識な請求を今どきするのが居るのには驚いたが、社内のコンプライアンスはどうなっているのか?

 と疑問に思い、その会社のある人を通して聞いてみた。

 すると、当人は、法令順守をする気迫の薄い人、身勝手、政治的な動きをする、最後は期限付きで殿さまだったからその感覚が抜けてない、いつまでのも現役のような気分で、現役の社員の接するといった言葉が聞こえてきた。

 社内では、法令順守の研修はおこなっているし、ある一定以上の職責のある者には別途研修をしていると聞いた。

 そうして、苦々しく、ついでに、都合が悪いと逃げる人という回答が来た。

 これは、やばい人だなぁと思った。

 すると、この人(定年退職して暇なんだろうが)は、平日の昼間、仕事中に平気で電話をかけてくるのである。

 つまりは、自分は、退職者で今かもしれないが、私は現役で働いている。

 働いている人に、仕事の話でもない、趣味のどうでもいい話をしてくる。

 この時点で、常識が欠如しているという事になる。

 こんな奴に、名簿の内容をもらしたらどうなるのかと思うと、空恐ろしいと思った。

 ついでに、うちの関係では、名簿の二次利用や、流出があったのかと聞かれたのである。

 こちらの回答は、

 「管理している本人がないといえばない状況で、そのような事実関係があったかなかったのの確認をする術がない」

 つまりは、何ら管理をすることができない状況と伝えた。

 この状態は、ダメだろうと・・・

 そこで、これからは、名簿の管理をどうするのかを話し合う必要が出てきた。

 名簿を利用して、DM(ダイレクトメール)を送ることも最初から想定したいない。

 ある人は、参加者に次回の案内を送ったらどうですか?

と主張していた。

 その人は、会社では見本市のようなものでは、DMを送っていたと述べた。

 しかし、考えててみろよ、会社は、利益を見込むから経費を出すのである。

 経費を使い、利益を受けるための前駆的というか、投資として行うのである。

 内のクラブは、金はない

 あるのは、スタッフのボランテイアが物品を買うために供した資金があるだけである。

 ついでに言えば、DMを送るには膨大な金がかかる。

 はがきの郵送代、印刷代・・・・

 それを投下しても、回収はない。

 参加費用を徴収していないのだから、費用は出ていくだけである。

 金をかければいいと追う感じ、会社の経費を使うのは構わないだろうという感覚が、おかしいと思う。

 金の管理をしたことがないことがよくわかる。

 たくさん来てもらいたいという気はするのであるが、あんまり来てもらっても困るという感じもしてる。

 だから、チラシも作らない。

 つくる金がもったいない。

 だから、うちでは面倒な名簿の管理はしないと決めた。

 勝手にやるのは、犯罪だよ言ってやりたい。

 困ったことが多いと感じる今日この頃である。

|

« 人間の暗闇、少し改定 | トップページ | 児童相談所の対応について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名簿の管理など:

« 人間の暗闇、少し改定 | トップページ | 児童相談所の対応について »