« やっぱり消された‥破産者情報 | トップページ | トヨタスポーツのパーツなど »

色々と思う事

破産者のことを書いてい思ったことがある。
世のなかには、馬鹿とかクズとしか言えない性格の人がいる。
親も親なら、子供も・・・というパターンと、ダメな親が居て、子供は立派という家もある。
親が、会社つぶして逃げたなんてことはザラで、その子供が議員なんて不思議な家庭もある。
その様な家庭は少なくて、親は立派だが、子供がダメという家が意外と多い。
婿が、財産を食いつぶすという云ことはよくあることである。
岡本かの子(岡本一平の妻、岡本太郎の母)の書いた、「家霊」という作品にも女系家族の婿の放蕩を語る部分がある。
婿は放蕩ものであるが、その家付き娘には、心の支えになるような臣下のような「男」がいる、と云うか必要であると説く。
ただ、見守り話をして、仕えるという表現は正しくないけれど、友達以上の恋人以下の関係といった風体がある者が必要と説く。
悪い性格は遺伝する、とは言わないが・・・悪い性質は、遺伝するように気がする。(個人的私感)。
言葉の端々に、時々出る悪意、聞いていて不愉快になる。
この不愉快さは何だろうと思うことがある。
多くの場合は、自己保身、自分たちの悪行の正当化を目的としている。
良く居るクレーマーはこのタイプである。
クレーマーの多くは、性質、性格がよくない。
基本は、こずるい、逃げる。
自己批判はしないが、他人の上げ足を取るのは大好きである。
違反を見つけると喜んで批判する。
自分の都合のわることがあると、だんまりを決め込むのである。
こうした悪わるい奴は、なかなか退場しない。
のさばるのである。
のさばるのはいいが、よそでやっていくれと言いたい。
基本的には、都合が悪いと逃げ方「と云うか逃げの口上が
「あんなことをやるなんて思わなかった」
「あんな事になるなんて思わなかった」
「現場の対応が悪かった」等々、自分が、いわゆる「報告連絡相談」を怠っていたことはおくびにも出さない。
閑話休題
破産する人、会社で多いのは、三代目で、終わった家、会社というのが多い。
三代でつぶれる会社、商店が多いのは、理由がある。
初代は頑張る。
初代を見ていた二代目は、やはり、親の背中を見ていたので、頑張る。
三代目は、二代目が、頑張って育てればいいが・・・
初代は、なぜか、自分の家のランクアップのために、二代目の妻を良さげな家から貰う。
すると、その妻は、子供を甘やかす・・・
三代目は、ぼんくらが出来上がる。
三代目でそうして、左前になる・・・・素晴らしいぐらい、これは事実である。
二代目が女性の場合、その婿で随分と変わるが、婿がダメであれば・・・三代目の息子はダメである。
婿は、自分の生活力の向上を、プライドを捨てて得ようとするような明確な目的を持った頭脳明晰な男であるが、何か、心に含むものがあるので、妻には見せない暗い意識を、子供特に後継ぎに植え付ける。
すると、後継は、頭いいが、何となく非常識なバカが出来上がる。
婿は、自分の金ではないので、必死さがない。
金策は、妻の金を当てにする。
妻の金だって無尽蔵ではない。
妻の金と云っても、土地だったりいろいろのものだったりする。
そのうち、時流が読めない、婿とバカ息子は、無理な品金繰りをする。
こうして、不動産を失い、すべてを失う。
二代目が存命ならお気の毒なに感じることが多い。
三代目のバカ息子は本当に多い。
いわゆる、橋にも棒にもかからないと言いえば、至当かもしれない。
騙されていえても、自己評価が高いので・・・その事実さえ認めない。
大体、役人をバカにする。
こんなことを云われたことがある。
「あんたらは、知らんと思うけど(ここで、すでに馬鹿にしている姿が全開モード)。
ここで思うのは、小役人は○○の事なんか知らんだろうと最初から馬鹿にした姿全開である。
これは本当に馬鹿?と思うぐらいバカである。
こちらか見てて、本当に馬鹿だと思うが、本人は気が付いていない。
この手の奴は、自分以外は全部馬鹿かだと思っている。
精神年齢は低い。
基本は、楽して儲けたい。
そんな奴は、意外と小中学校時代ものすごく頭がよかった(勉強ができたという意味ね)奴が多い。
そいつの通う私立の中学、高校には時々、ものすごく悪い奴がいる。
旧聞ではあるが、当時のディスコ、クラブなんかに高校生のころから出入りしてなんか怪しげなことをしてる。
それがまた、魅力的なんだろうが。
それらの人間を先輩として付き合い、女でもできようものなら、しかも仕込まれた女なら、その女を使って、コントロールされる。
そういった人物は、なぜか高校の2年ぐらいから急激に成績が下がる。
エスカレーター式の大学に入れなくなる。
そうして、遠方の聞いたこともないような大学に入るが、成績は超低空
卒業したら、親の仕事を継ぐために関係のある会社に入社する。
でもここでも、自力では入らないので、身が入らない。
ついでに、雇う方も、期限付きだからと言って親身に鍛えるという事をしない。
すると、一人前の不完全な人間が出来上がる。
三つ子の魂、百までもとは、よく言ったものので、小中学校とちゃほやされて居た所為か、基本的には、他人を馬鹿にしている。
大人をバカにしている。
人の話を聞かない、聞く気がない、こらえ性がない・・・
こんな奴が三代目になると、急激に家産は傾く
親父が、婿だと、二代目の母親は、自分の持っている財産を、婿には知らせない。
三代目の子供も知らない。
三代目は馬鹿だから無尽蔵に金があると思っている。
また土地を売ればいいやぐらいの勢いである。
そうして、商売は沈没し、最後は、家が残る
二代目は、家は死守したい。
バカ息子は、零落して、やくざの三下になる。
バカだから、それでも気にしてない。
怒鳴って逃げれば何とかなると思っている。
会社はつぶれて、結局何ともならない。
気の毒なのは、存命な二代目である。「どうしたらいいね?」
と聞かれると
この様の答えるようにしている。
「生きていればいいことがあるかもしれないから、
 新規まき直しをするなら、破産するか民事再生かどちらかですよね?」
「よく考えてください、短気を起こしてはいけません」
不幸な人生は沢山転がっている、不幸なのは不幸を呼び込んだ事に気が付かいからだと思う。
変に気取った、馬鹿に関わり合いになることは避けたいと思う。
そう思ったら全速で逃げることをお勧めしている。
年を取ってからでは、そうもいかないかもしれないが、憐憫の情は捨てた方がよい。
自分が生き残ることを選んだら、全力で逃げることをお勧めしていいる。

|

« やっぱり消された‥破産者情報 | トップページ | トヨタスポーツのパーツなど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« やっぱり消された‥破産者情報 | トップページ | トヨタスポーツのパーツなど »