« 公差ゼロで・・・・ | トップページ | 昔の話など、一部加筆 »

パゼロ製造

パゼロ(わざとです)製造と云う会社がある。

岐阜県の某所に…国道を進んでいると大きな看板で「パゼロ製造」と云う名前が出てくる

その会社が存在する町の収入の4分1から3分の1近くは、この会社のからの税収と云うことになる。

その昔は、東洋航空機と云う航空機関連の会社であった、一時期とトヨタのトラックボデイを作っていたこともある。

現在は、三菱自動車と三菱エレベーターの製品を生産している

以前は、東洋工機とっていたし、岐阜市内の会社だった。

三菱エレベータの製造を開始し、パゼロの生産も始めた。

有名どころでは、シテイカブリオレの生産もしていた・・・。

1995年に、パゼロ製造と云う名称に変更した。

これを聞いて、三菱自動車の社員の方は・・・かなりのけぞったようである。

いつなくなるかわからない車の名前を会社名につける神経が理解できないという事である。

現在は、車としては、パゼロ、アウトランダー、デリカ、73式小型トラック(新型)を生産している。

そのうちアウトランダー製造?とか、三菱自動車坂祝工場とか社名を替えるのではないかとかと・・・

アウトランダーは、岡崎の生産が間に合わないので・・・という事である。

アウトランダーは、開発期間が非常に長く、外部の意見を取り入れたので良い車に仕上がったようである。

外部の者は、各部のギア比の変更をし指示したりして、今までの三菱の車とは一味違った車になった。

本来の予定よりも2年も余分にかかりましたが・・・

ちなみ、エクストレイルとアウトランダーを比較したところ、日産の方々は、アウトランダーべた褒めだったそうである・・・

ここで比較であるが、トヨタのハイラックスサーフを、100点とすると、アウトランダーは、75点ぐらいである。

広告のような使い方ができるのか?と云う疑問を持たせるエクストレイルは・・・・赤点かな。

で、そのパゼロの国内向け生産は8月で終わるという。

海外向けはそのまま継続するというのだが大丈夫か?

社名変更した理由の一つが、パゼロ製造をしている会社として認識されれば従業員の募集に有利と考えたという・・・・・

現在は、パゼロて・・・・みんな知ってるか?

と云ういレベルである。

パゼロは、パリダカールラリーが最高峰だった…けど

実際は、パゼロの皮(川)を被った、不整地走行の化け物のような四駆だった。

ちなみにノーマルのパゼロは勝てない

ノーマルで優勝するのは、ランドクルーザー・・・こちらの方が随分と偉いと思うのだが

外見が何となく似てるというだけで、パゼロを売りまくた三菱はすごいと思う。

パゼロミニは、水島工場製で、パゼロ製造とは全く関係がない・・・

パゼロミニベースのPX33もどきも、戦前の、自称、三菱重工初の四輪駆動車がモデルであるが・・・資料は、三菱の社内にしかない。

公表していないのだから、ちゃんと、四輪駆動だったのかさえ怪しい。

時期的には、陸軍の要求のあった指揮車(くろがね四駆、岡本号、ホヤ:瓦斯電)として応募する予定だったかもしれない。

悪く言えば、日産が軽自動車の四駆に、くろがね四駆のノーズつけて、うちの製品でした見たいな感じである。

(高速機関は、現在は日産の子会社)

で、肝心のパゼロの実力派どうだったのか・・・四輪駆動車としての性能は、四駆乗りの人に言わせると、普通だったそうな。

で、実際多くの人が使用した街乗りではどうだったのか?

友人某の奥様が、友人(旦那)のプラドからの買い替え時に、パゼロに乗ってみたいと言い出した。

仕方なく、奥様のご希望を受け入れて、パゼロを購入、プラドは、実家の納屋で冬眠となった。

奥様、身長158センチ・・・・

体重 秘密らしいが、デブでも、やせすぎでも普通体形である。

来て早々乗った・・・・ショートボデイだったが・・・取り回しが、すべからく重い

小回りが利かない・・・視界がよくない・・・

バックが怖い・・・・

子供の送り迎えに厳しいという理由が最大、あと危険・・・で、通勤に使う予定が、1か月で断念

結局、前使っていた軽自動車で通勤・・・・

1年後、購入後5000キロほどでは売却、買値の10分の1以下だったそうな・・・

で、プラドが復帰・・・

友人曰く、イヤーパゼロは無理だろうと思ったんだけどね・・・・・奥さん乗りたいっていうから仕方ないよね・・・

ここ10年ほど、路上でパゼロを見ることがなかった。

日本の四駆は、トヨタ以外は‥ホント、カスだったなぁと

いすゞは、ランドローバーそっくりな車を作っていた。

ビークロスは形は面白いが・・・車としては・・・どうだったんだと思う。

樹脂の外装は、現在は、白化して結構ボロボロである。

日産は、パトロール(サファリ)があるが、国内販売はしていない。

既に、珍車の域であるが、近所のヤブ歯医者が乗っいているので見かけるか、それ以外は、航空自衛隊の基地でしか見たことがない。

現行の73式小型トラック(1/2T)は、シャーシ等は前のパゼロのママである。

8月に国内販売中止になる、パゼロとはモノが違うのデアル。

この73式、部隊ではすこぶる評判が悪い。

悪い内容は書けないのであるが・・・根本的な問題点で治しようがないのである。

73式も、ランクルベースに替えたらどうだとおもう・・・

現行の73式は、時期的に高機動車の開発時期と重なったので、予算が少なくて、新型ではなくて、改良型という位置づけであった。

だから、名称は73式をそのまま踏襲している。

こう見ていくと、パゼロ製造の名称は、先行きは不安である。

東洋工機に戻るか、三菱自動車坂祝工場になるのか・・・それとも・・・消滅するのか、実は興味津々である。

三菱は、日産の先行きを不安げに眺めているが、1月以降、6月の株主総会終了まで、日産案件は棚上げと云う。

さすがは、三菱商事の出身である。

 

|

« 公差ゼロで・・・・ | トップページ | 昔の話など、一部加筆 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 公差ゼロで・・・・ | トップページ | 昔の話など、一部加筆 »