« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

局地戦は勝ったかな?

とりあえず、今回の局地戦は勝った気がする、あと数年勤務であるが、やる気はない

実を言いと、3年まえに折れかけて、2年前に折れそうで、去年、最後の力を振り絞って、病気になりながら頑張ったが・・・ダメで

とうとう「心が折れた」

そこで、去年は、やる気なし

ただ、生きがいを勉強の方に求めて正解だった。

傍路をずるずると歩んでいたのを、いきなり本道にした。

だから結構、こちらへの気分は頑張る気が出た。

仕事は何をやってもどれだけしても認める気がないとわかったので、もう、巡航速度で行こうと。

責任もたされるのも嫌だしね。

まぁ、どうでもいいやだった。

副支店長は、他の局からの来てる者で、おばはんである。

傷をつけて返すわけにはいかない存在である。

それに、根本的には、パワハラ体質である、自説を曲げない、意見を押し付ける、非効率な目入りを下す。

この年になって「伸びしろがある」と言われた

2時間6分の面談中、6回言った。

初手は、13分23秒に言った

「伸びる余地がある」といったと主張しているが、それは10回以上言っている。

これは、「伸びしろがある」というのと「伸びる余地がある」というのは同じ意味で、嘲笑軽侮しているに他ならない。

これには、激怒したふりををした

この面談は全部、録音した

「私、そんなこと言っていってません」とほざいているが、出すところに出してやろうかという気もある。

その辺も含めて、通常業務時のパワハラの実態について記載して送付した。

私が、言ったことは実行する、有言実行型であると気が付いたのは、支店長

ついでに、他の者も気が付いたようである。

おかげで、局地戦には勝てた(と思う)

体調が悪かったがこれでよくなることを祈念したい。

 

| | コメント (0)

時々、死にたいと思うのはおかしなことか?

時として、死にたいと思うことがある。

でも、子供の事、親の事を考えると死ぬ勇気はない。

今死ねば、嘲笑軽侮の対象である。

なんとか見返してやりたいと思う。

能力があっても、認めてくれない職場いる必要があるのかと思うこともある。

でもプライドよりも金である。

生きていくためには金が必要だから働いている。

でも、モチベーションは下がる。

モチベーションがさがったのは、3年前である

2年我慢した

2年前の冬、また発病した。

無理はしたくない。

でも半年頑張った.最後の4か月は本当に頑張ったと思う。でも評価はしない、というかしてくれない。

私の何が、いがいけませんか?

正々堂々と、間違いを正すことですか?

明らかな正論を言うからですか?

毒を含んだ言葉を投げるからですか?

OBの不正な要求に、断固とした態度で拒絶したからですか?

上司の不正を暴露したからですか?

無能な上司を揶揄したからですか?

事案をすべて暗記して説明することが気に入りませんか?

会話をすべて記憶して、文章化することが気に入りませんか?

大儀を語ることは、間違いですが?

不正なことを注意することは、罪ですか?

不正なことを止めないと告発するというは罪ですか?

事務量を計算して事務を進めることは罪ですか。

若手に指導もできない隣の課長を差し置て、若手の指導をすることがそんなに腹が立ちますか?

自分たちの知らない世界で生きている者が、そんなに嫌いですか?

エンジンを組めるのがおかしいですか?

経営論、産業生産論から事務の効率化を訴えるのは変ですか。

生産管理に似た手法で、自部の事務量管理をすることは変でしょうか?

現実と法律のは境を考えることは変でしょうか?

理論的に考えることは間違いですか?

仕事をしない上司を叱咤激励して仕事を手伝わせるのは誤用でしょうか?

本当に、いやになるわ。

下がったモチベーションはもうもどらないと思う。

研学の徒に戻りたい。

そう思う今日この頃である。

| | コメント (0)

偽善

ある車のイベントで、参加費用プラス交通遺児への寄付を一人頭千円めると書いた人がいた。

参加費用の中に1000円はいっているということである。

その1000円強制徴収はなくなつたが、イベント会場で募金はして、最終的には主催者が寄付をした。

記念写真を撮ってである。

明らかに売名な感じがする。

1000円募金の話が載った時に、イベントに、行く気、満々だった人たちからは結構不満が出たそうである。

ある車のオーナーは、金銭的に厳しい人が多いので余計にそう感じたのかもしれない。

小さな地域の車のコミュニティでは、

「なんで、1000円集めて寄付?」という話がまき上がった。

が、誰も、表だって異議を云えなかったらしい。

仲間内で、ぶちぶち文句を言うという感じだつたようである。

すると、私がこのブログで、この件を書いた・・・

フェイスブックで、遠回しに書いた。

同じ日の午前午後ぐらいの時間で書いたはずである。

すると、こちらのブログを書いたときは無反応だったが、フェイスブックはてきめんだった。

即、友人宅へ電話が入いり、電話番号を聞き出して、電話していいか?と聞いてきたけど?と連絡があった

ちなみに、この相手は、私の電話番号は知っている。

FBでも友人になっいるので、メッセンジャーの通話機能を使えば、すぐに話ができる。

おまけに22時過ぎである。

わざわざ、友人を介して電話をする許可を求める。

圧力のつもりなんだろうなぁと。

大手の企業にお勤めだったので、その手の手段はお手の物だろう。

下請けいじめ、他の部署いじめには、てきめん効果があるかもしれない。

でも、私には、圧力にはならんのだよ。

残念ながらね

商取引上のよう下関係があるわけではなし・・・

師匠と弟子ではあるが・・・

で、今までに、この寄付の話を、今までに、この人の勤務していた会社の人数人に話をした。

個人的に知っている人もいて、「ああ、あの人ね」とか

「自販時代の責任回避をした方法が汚かった」とか

「政治的な動き方をする人だよね」

「風呂敷広げて、失敗すると、人の所為にする」とも聞いた。

態度を見ていると、さもありなんと思いつつ・・・

先日、ある友人と話をしている時に偶然、この話が出て、

寄付を集めて、寄付を自分が表に出て、寄付に行くのおは、偽善であるという言葉をいただいた。

そう、自分の名誉欲のために他人の金を使う偽善である。

そう聞くと、素晴らしく腹に落ちた。

そう思うと、何となくすっきりした。

20190624初出

(20分で記載、夜一部補正)

 

| | コメント (0)

電話

調子悪くて寝てたら、わけのわかんい電話が・・・・
爺さんの声で「もしもし」

私「はい」

爺さん「××か?」

 私「いや、違う」
爺さん「〇×かいかのう」
私「いや、違う」

爺さん「▽▽かいかのう?」

私「いや、ちがう。」
 爺さん「おまはん、誰じゃ?」
私「????どちらにお掛けですか?」
爺さん「・・・・」
私「何番にお掛けですか?」
爺さん「〇▽▽-×××▽-〇×××・・・」
私「全然違う番号にかけてませんか?」
爺さん「指が、ぎょーさん震えて、すんません、×〇サンでも・・・・」

私「違いますけど」

 爺さん「あの、わては、誰です?」
私「は?」
爺さん「家がわからんようになって、覚えてる番号押したんですわ・・・」
私「そこどこすか?」

爺さん「大通り」

私「なんか見えませんか」

爺さん「うーん、お城が見えるんやけど・・・」

 私「・・・・・なんてお城ですか」
爺さん「忘れた・・・紀州の殿様」
私「?????そちらは、何県ですか?」
爺さん「なにけん、わしゃ、サンケンですわ」
私「サンケン???紀州というと和歌山県ですか?」
爺さん「アー和歌山ですわ」
私「とりあえず、近くに誰でもいいからいませんか?」
爺さん「いてない」

私「で、どうしたんですか」

爺さん「家にかえれんんようになってしもた」
 私「もしかして、○○さん?(親戚)」
爺さん「そないなひと聞いたことないなぁ」
爺さん「あ・・・ここやここや」
で、電話きれた・・・・
なんだったんでしょうか・・・
徘徊老人を家族が見つけて
保護?回収?されたんでしょうか?
ちょっと怖い
かかってきた番号着信拒否にしときましたが・・

| | コメント (0)

ここ1か月ほど、岐阜市と周辺部で、横断歩道で車が止まる・・・

今日は、岐阜市内、各務原市内で信号の横断歩道を、計9か所渡った。

横断歩道に立っていると、岐阜市内4か所、各務原市内4か所

いずれも交通量は多い新岐阜駅付近各務原線沿い

①神社近く7台通過、手前の車道で、8台目エクシード停車(岐阜ナンバー)

  通過した7台、軽自動車3台中2台老夫妻風、1台、中年のおばさん)普通車2台(老人2台)、配送トラック1台、バン1台

②JR本線高架近く

  通過した車両 3台(軽1台、普通車2台)

  4台目来ず、渡る。

③名鉄各務原線某駅近く(幹線道と交差している東西道の南北交差点)

  9台通過(軽自動車6台、全部爺さん、ばあさん)、バン1台(会社の看板あり会社員風)、ダンプ1台、大型トラック1台

  10台目来ずようやく渡れる

④上記復路

  8台通過(軽自動車3台 爺さん1台、おばさん1台、郵便局1台、普通乗用車3台(爺さん2台、おばさん1台)、普通トラック1台

  8台目で、目の前の車線は、停車、社用ぽいエクシード

  9台目、向こうの車線を、頭下げながら普通車(おばさん)通過

  10台目来なくて、渡れる。

⑤各務原市市役所駅近く

  25台通過(普通車20台・・・内訳ほぼ爺さんばあさん)、5台ワンボックスうち一台「各務原市」と記載、4台個人商店風)

  遮断機降りたので通過できた

⑥上記復路

  目のまえの道路は、2台目で停車、1台目老夫妻そのまま通過

  2台目、カローラバン会社員風

  反対車線、6台通過

  2台目停車後、6台通過・・(軽2台、普通車1台、軽トラ3台 爺さん、おばさん)

  7台目、横断歩道横断中に、急ブレーキで止まる。爺さん・・・

⑦川崎重工業近くの横断歩道

  2台通過、大型トラック2台

  3台目、川崎重工の社用車停車

⑧各務原飛行場東の横断歩道

  3台通過(軽自動車2台、老人、おばさん、トラック1台)

  4台目、パトカーは、当たり前ように止まる。

  反対車線も止まる・・

⑨岐阜車体近くの信号の横断歩道

  小学生2人と私、待つことしばし

  35台以上通過(途中でカウント不可・・・)

  大型トラック(三河ナンバー)がようやく止まる

  反対車線、ぜーんぶ無視・・・・約3~4分ほども待った。

  信号の流れが悪いのでどちらかにほとんど車が流れる。

  トラックのスマホ運転は危ないと思う。

岐阜中警察署、岐阜南警察署管内は、最近止まってくれる感じがしてきた・・・延々と10台以上通過と云ことはなくなってきた。

でも基本、老人、おばさんは止まらない、減速さえしない。

最近車の交通量が少ない感じがする。

ちなみに、羽島警察署、各務原警察署管内は、ほぼ止まらい。

人もいなければ、車もいないような場所では、100%止まらない。

羽島市内の交通量の多いところでの信号のない交差点は少ないが、場末の様な所は止まらない。

こんなのところを飛ばすなよ云いたいところを飛ばしていく・・・

しかし、羽島の南部は、東西の線は車の行き来があるが、南北線は車通りがない・・・人もいない・・・

いても農作業中の農家の人ぐらいである。

旧村落部分でも、市街化調整区域・・・既存宅地でもない・・・売れんはなぁあという土地がごろごろしている。

昼間、車で移動しているのは、老人しかいない。

信号交差点で、横断中に目の前を通過されることは少しは減った気がする。

岐阜駅、西岐阜駅の間の南北の信号名のない道路は、まず止まらない

県美術館近くは、半々ぐらいの感じ、基本止まる感じがしない。

まあl少しは、交通マナーが向上しつつあるのかなぁ・・と思う

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

だらだらと、分析しつつ本を買う事

私が、SHSの事を書くようになって読者が沢山いる場所が表示される。

モデラーが多いのか・・少ないのかよくわからんが・・・

愛知県は多い

(岐阜県の悪口を書くと異様に増える)

SHSがらみになると、今回は、西日本が多い

東北は、県で差がある。

岩手、山形、皆無、

静岡も少ない.

静岡市内の模型屋は全滅らしい・・・

和歌山、大阪、神戸、四国、岡山、広島

鳥取少ない

鹿児島、宮崎皆無・・・ですね。

うちの近所は、某量販店があるので大助かりであるが・・・模型店がない・・・模型が買えない、塗料が買えない・・・素材も買えない

大体通販が主体になる。

送料に食われるんで、買う金高は下がる。

そうして、通販が流行る。

通販業者は、割引がない。

代理店の定価と書いて、何割引きと書くのは変だろう。

最初から、定価じゃなくて、割引価格が定価なのでは?思う。

模型店の個人輸入、原価プラス送料に、利益率を乗せるのでべらぼうな金額になる。

130ドルぐらいの飛行機のレジンキットがあった。

送料は20ドル

その模型やは、26000円以上の上代を付けた。

しかも注文取っての販売である。

確実に売れるので、ロスもない・・・

これは、輸入大手の価格を参考にしたのだと思うが・・・

ちょっと暴利ではないか?

以前、30ドルぐらいの商品を頼んだら、全然来なくて、入院中にメールが来ていた。

当時は、スマホではなかったので、返事が遅れると、怒りのメールが幾通も来ていた。

で、30ドルの商品は、1万円近い金額を請求された。

ちょっとビックリであった。

それ以来、ここに頼むより直接買った方がましと思う様になった。

多少のリスクは覚悟しているが、輸入模型屋の暴利を助けることはないと思っている。

中国本土は、本土から買うと安い、香港経由になると値段が跳ねあがり、送料も米国並みになる。

米国は、沿岸部が安く、内陸部からの送料はべらぼうに高い。

本なんかは高い

20ドルの本の送料が47ドルだった・・・学術書だったで仕方なく・・

国内のいろいろの処を聞いてみて、その本はなかったので、ebayで探したら出てきた・・

予想通りの図がありうれしくなってしまった。

しかし、古い学術書は高い・・・・三菱航空機製作所のエンジン関係の本、生産技術に書いてあるので、欲しくて・・・・図書館の本をコピーするのもつかれるで・・・・、

古本屋のサイト探してみた

1冊のみで2万円近く

密林で8千円

20年ぐらい前の東京大学出版だから出版部数は少ないく、定価も高い・・・当時6000円

密林で買いました・・・

今月の本代4冊で、2万円・・・・もう買えんなぁ・・・

 

 

 

| | コメント (0)

SHS(静岡ホビーショー)など

facebookのこの関係の文章を掲示したら皆さんに読んでもらえたようでありがたいと思います。

SHS(静岡ホビーショー、以下SHSと記す)は、すでによくわからないうちに全世界規模になりました。

参加クラブも増え続け、会場も拡張し、通路も狭くなりました。

見学者はうなぎのぼりで・・・数十万人レベルとなっている。

こうなると問題が出てくるのは当たり前で・・・

まず、合同展示会への参加者で、一部非常にモラルが低い者が出てきたということである。

会場地下駐車場で車中泊、ついでに、宴会・・・・厳重注意

企業の好意で借りていた駐車場で車中泊…ついでに、宴会・・・今年からその駐車場が使えなくなった。

作品を盗むやつまでいる。

大体、土曜日の夕方、懇親会に出るために皆がぞろぞろと会場を後にする時間帯・・・に盗むんだと思うが・・

多くの店員が見ている中、掠め取ったやつもいる。

きっと、万引きも横行しているんだろうな・・・と

会場へ見に来る人の問題行動も顕在化している。

見る側の、マスでの移動が多くなった。

撮影態度も悪い。

うちのクラブの横が有名モデラーさん(雑誌に作例をよく載せている人らしい・・・)の主催ブースだった

うちの際(きわ)に、スターウオーズの情景があった。

見る人の目線を考えた置き方で、高い位置にわざわざ置いた。

皆さん普通の位置で撮影を敢行。

人が寄ると、つられて人が寄る・・・うちのブースの前にはみ出して撮影・・・

で、女性の肩から下げたカバン

おっさん、兄ちゃんの肩から下げたカバン・・・カメラ・・・が、作品の上を周回する

みんなスマホの撮影に夢中で気が付かない。

おかげ注意すること再三再四・・・

で、隣のブーズは無人・・・誰もいねぇえよ・・・

誰か、必ずいるように指導が入っているがいない・・・

で、待つことしばし、有名もデラーがご本人が、ご帰還。事情を説明した。

うちの会員が、「会長(こういった時だけ会長・・・)、危ないでさ、となりに言ってよ」と・・・

云うと、この方、ああすいません…と言いながらすぐに移動してくださいました。

おかげで、フルスクラッチ作品の破損という事態は免れました。

数年間隣が、ある特殊な作品群でした。

ここに来る客の撮影態度もひどいものでした。

注意する気も失せるぐらいでした。

まあ、丁寧に、注意したら反応よくどいてくれるのでいいのですが・・・ねぇ

向こうは1回、こちらは2日間ずーと注意してると嫌になる。

 

懇親会は盛り上がっていいのです。

うちのクラブと、関係クラブはいつも同じような位置のテーブルの周辺にたむろしてます。

年寄りが多いので、座るモードです

同じような位置のテーブルなので、毎年同じような人がいます。

乾杯が済んで、会食が始まると、テーブルかぶり付きで延々と食いつ続ける人がいる。

こちらは、すいませーんと言いながらクラブ員の分をもって帰る

親鳥の、餌運びみたいなものです。

大体、21時から二次会があるので、ちょっとセーブ気味

とはいえ、昼食べてないので、少しは食べる・・・が

20分もするとテーブルの上は・・・から

ほかのテーブルは、結構余っているとも聞いたので、場所によるのかなぁ・・・と

なかなか、厳しい意見も多いもですが、ここは、自主的に是正する方法にもっていきたいと思います。

入場料を取るは厳しいと思います。

合同展示会の参加者から徴収するのは可能であると思います。

参加者一人頭1000円、1000円分×人数、記念バッチは、その人数分とするとか。

一時時期参加クラブをかなり抑制していましたが、現在は膨張気味です。

島ブースは、場所のロスが大きいように感じますので、やめるとかも考えてほしいですね。

また外国の参加者で、やたらとその国をを意識させるTシャツを着こんだ一群がいました。

大陸系です。

ちょっと威圧感を感じました。

中華民国の方は、圧を感じません。

今年は、臺灣大学出身の方と、うちのクラブのM113好きと意気投合してしてました。

非常に、友好的で圧を感じませんでした。

日本人が、同じTシャツ姿でいてもあまり圧を感じたことはありませんでしたが、今回は何か、いやな「圧」を感じました。

改善点を、みんなが、要望として提出することも必要ではないかと思うのですが・・・

| | コメント (0)

SHS悲報 駐車場が使えなくなった訳

SHS(静岡ホビーショー)では、今年(2019年)から、ある企業の駐車場が使えなくなった。

理由というか原因は、昨年(2018年)の土曜の夜半

この駐車場で車中泊をしていた一団が、夜、駐車場で宴会をを開いていたそうな

そこで、近隣そこで近隣住民から苦情が来たと判明・・・・

2017年は、会場地下の駐車場で車中泊、宴会で大問題となった・・・・

宿泊が取れないないからか、宿泊代(現在高騰中)がもったいないからか・・・よくわからないが・・

金がないので…でというのは真相ではないだろうか。

金がないなら来るなとは言わないが、もう少し考えてほしいという事である。

例えば、夜のパーティーで、テーブルにかぶりつきで、延々と食っているのが多数いる。

あんた一人のテーブルじゃないと思いつつも・・・すいませーんとか言いながら突入すると

めぼしいものは残っていない・・

車中パーテイ組は、この食材を持ち帰り宴会の具材としていたということも聞いた。

最近、一部の迷惑な人の身勝手な行為で、他の大勢が被害を被ることが多い

最近、というか、ここ数年、この辺の話が多い。

一部の非常識な行為で、いろいろな会合がなくなる。

車のイベントでも、爆音を立てて入場する車の所為でイベントが中止になることが多い。

その理油は、近隣住民からの苦情である。

SHSの会場近くのイトーヨーカドーも買い物に来ないSHS来場者の駐車で困っているそうである。

何か買えばいいと思うのだが・・・・モデラーは、なのも買わないで駐車する輩(やから)多い。

駐車場は誰のためにあるのか・・・何のためにあるのかを考えてほしいと思うのだが・・

多くの人(といっても周囲の人ですが)は、入場制限を考えるべき時期に来たのではないかという

そこで、SHSへの入場料を取るべきという論議がでている。

合同展示会の会場でも、出品ブース1人1000円とかね。

あと、ここ数年、警告を受け続けているらしい、会場周辺の交通渋滞がある。

それは、土日の会場周辺の交通渋滞である。

渋滞があまりにもひどいので、今年は、静岡県警から重大警告があったようである。

来年は、一般駐車場が閉鎖、遠方の駐車場、来場者はシャトルバス輸送になる可能性がある。

会場は大人気で、来場者は増え続けているが、模型店は反比例して減少傾向である。

タミヤさんは、小売店さんお実体調査に乗り出したようである。

タミヤ自体は、小売店のデーターをほとんど持たない。

量販店の様に、カートン単位で商品を買う店舗以外は未把握である。

模型店が全滅し他県が実は多い。

小売店としての模型店の絶滅地域が多い

友人によれば、静岡市内、徳島県は全滅である。

うちの近所のは、某店舗があるので助かっている。

近所の模型屋は、車で行く距離の店しか残っていない。

いくら近所で、3割引きでも、中華系の暴利ななキットは買わない。

代理店の暴利があまりにもひどい

某社が代理店になると暴利なモードになる。

それのほかの代理店も合わせる・・・海外で6000円の商品を、日本で12000円・・・これでは、一般の模型屋は仕入れができない。

で、直販は、20%引きと云って売るのである。

最近もある代理店で、自社の店舗売りは、20%オフである。

小売店を舐めてないかと思う。

某社の戦略としての5000円を切る価格帯というのは結構大切である。

この内容なら5000円でもというキットなら良いが、中華系の珍奇なだけのものはいらない。

この様に、模型の販売、製作環境が悪くなる中で、同窓会の様な楽しみがあり、モデラーの楽しみであるSHSの合同展示会の火を消さない様に皆さんで協力していただきたいなぁと切に願うのである。

(お願い、Twitter等のSNSでリンクを張った場合はご連絡ください、気が小さいので、参照数が激増して不安になります。よろしくご配意ください。)

 

20190610初出

20190627加筆訂正

 

| | コメント (0)

FACとルノーの決裂、残念だわぁ

昨日(6月6日)の日本経済新聞の夕刊では、ルノー公団と、FCA(フィアットクライスラーグループ)の交渉が決裂したという報道があった。

個人的な感覚では、ものすごく残念である。

だって、日産がなくなる可能性が高まったんだもの・・うまくいけば・・・

図々しいフランスは、立場もわきまえず要求をしたという報道である。

フランス経済の低迷と、自動車工業の低迷で、外貨を稼ぐ手段としての自動車工業の役割は少ないが、現在のフランス経済を見ればフランスは困窮の極みにあることは周知の事実である。

フランスの暴動は、原因は、熟女好きの若いだけで、無能な大統領を選んだ国民に責任がある。

フランスのルノー公団自体は、もともと、WW2の戦中、ルノーがドイツに協力したということで、フランス政府が私有財産を強奪したことから始まる。

以前、国営放送のF2(アンデンドーウ)で、フランス産の車が久々に輸出超過に転じたことを喜ばしい事実として報道していたことがある。

その車の主力は、TOYOTAのYARIS(トヨタビッツ)である。

10年ぐらい前のことではないかと思う。

つまりその時点で、フランス国内生産の車は、ほぼ国内消費のみということがよくわかる。

よくわからないのは、FCAが申し込んだのか、ルノーが申し込んだのか・・・

日本経済新聞(6/7)の言い草は、FCAは、ルノー公団を買うという姿勢を見せたくなかったと書いてある。

つまりFCAは、経営統合により利益を最優先にして、ルノーの言い分を最初は聞いていた‥と言うことであろう。

表面上は、ルノーの顔を立てる、実利益は自分たちの手へという感覚だったかもしれない。

イタリアのFIATは、国内の老朽化した設備に見切りをつけて、旧東欧で最新工場を建築し、稼ぎ頭である安い車の生産を移管した。

生産性の向上を、東欧に求めたが・・・肝心の車の性能が付いてこない・・。

例えば、本来、安いはずの、500が日本では大変高い。

それにスペシャルバージョンを乱発して高い値段をつけている。

価格と性能が見合ってないことは、明らかである。

エイバースバージョンを何台か乗ったが・・・この車格に必要か?と思うだけである。

エイバース(アバルト)バージョン(英語では、エイバースと表現する〉でを乱発してるが、どうなんだと思う。

古(いにしえ)のエイバース(アバルト)ではない。

米国の車の不人気度合いを見ると面白い。

ヒュンダイ並みである。

つまり、壊れる、直しても壊れる、中古車価格が安い・・・・次買わない・・・

でである、対FCAに対して、ルノーの要求というか、フランス政府の要求は、強欲そのもので、生産の向上を目的とする経営統合に反する行為を主張した。

フランスでの生産を継続する年数を伸ばせ

代表者は、ルノーからだせと・・・

本社はフランスに・・・自分勝手である。

これを身勝手な主張という

FIATは弱っていると思ったが、そこまで弱ってはいないようで、

交渉決裂後、イタリアの副首相が、さっそく声明を出して、フランス政府を批判している。

イタリアは、やはりフランス野郎には屈服しなかったようである。

この結果を読んで、日産の西川君は、ほっとしてるんだろうね。

どのみちルノーは、紆余曲折を経ながらも日産を吸収することは目に見えている。

Renaultのフランスの生産設備は総じて古い。

稼働率も悪い

第三世界で、最新鋭の機械を導入した工場を設立した方が効率がいいに決まっている。

ただし、効率だけで、いろいろなものを判断するのは間違いである。

フランス政府が、フランスの国内産業を守ろうとするのは当たり前のことである。

例えば、現在のトヨタの田原工場のラインの稼働率は半分程度である。

田原工場をつぶして、生産を一貫した工場に移管した方が良いという意見もある。

愛知県内の工場群をすべて維持するのは困難であることは明白である。

新型クラウンは、当初の予定生産台数の半分程度の発注しかない。

レクサスに、客を喰われているといわれている。

昔、新型クラウンが出ると半年ほどで巷(ちまた)には、新型があふれていた。

でも、田原工場の撤収となるとハードルは高い(いずれは撤去となるのではないかと予想をしている。)。

ただ港が近いので、完成車の輸出には便利である、長距離郵送をしなくてすむ。

パーツの輸送コストはかかる・・・

工場の閉鎖と言いう点では、みよし市では、トヨタの三好工場が閉鎖されたらどうなる?

という論議が、10年ぐらい前からなされている。

豊田市とは合併したくない、農協が合併していいことがなかったから・・・

では、隣接の・・・・みんな貧乏である。

三河は、自動車がなければ生活できない地域である。

自動車工業に従事している者の就業割合が30%以上である。

工場を閉鎖するのはハードルが高い。

フランス政府は、雇用を守る必要性があるので、おいそれと、経営統合、国内工場の撤去はできない。

すでに外国で、日産の技術で、日産との合弁で工場を作っている。

フランス国内の工場を生産性の高いものに変更することは可能か?

緩い労働に慣れ親しんだ労働者が、半自動化の進んだ工場に適応できるのか?

それに人員整理もある。

それに組合が乗れるのか?

似たような話が、ゴーン出現時にあった。

村山工場の廃止である。

日産(旧プリンス)の村山工場は、共産党ファシストの巣窟の様な組合が牛耳る工場であった。

この工場は非効率の塊のような工場であった。

プリンス時代からほとんど進化していない、だらけた工場だった。

労働者は貴族

労働組合の幹部は、豪邸に住み、下男下女を使い、王侯貴族の様な生活を送っていた。

これを容認したのは、他ならない日産の当時の幹部職員たちである。

自分たちは、組合に取り入ることで、工場の運営を問題なく行い、より高い地位に上がる。

組合の意見は優先し、製品の性能を上げることは、労働強化につながるから反対

部品の公差を上げることに反対したのも、工程が増えるから反対。

いい加減な公差でエンジン組むと、出来不出来の差が大きい。

いいエンジンに当たると、日産最高!

不出来なエンジンに当たると・・・最低な車となる

日産の組合の人に話を聞いたことがあるが、彼らの認識は「会社幹部は、奴隷」である。

工場の程度は、丁度、フランス車の国内工場と同じとみればいいかもしれない。

村山工場がなくなって、地域の遅れた機械工業はほぼ壊滅した。

村山工場周辺の下請け工場の悲哀を特集に組んだ赤新聞があった。

これは、楽をしたい組合の扇動と、組合への流行の言葉を使えば「忖度」した記事である。

実際は、精度を求められな仕事しかしていないので、他の地域の仕事を取ることもできなかった。

地域的には跡継ぎもいないようなところもあった。

赤新聞が書くような「お涙頂戴」は、会社の「工場をなくすという」対応に対する悪意的な記事であった

それらの記事は、組合幹部の意を受けたものか、新聞のその市域での販売強化をその狙った記事だったかよくわからない。

しかし、工場廃止を阻止しようとした活動自体の一部であったことは否定できない。

そうして、そのころから新聞はすでにお信用度合いが下がりつつあったので、ほとんど影響がなく、そのお涙頂戴作戦がが失敗したに過ぎない。

フランス車の生産メーカーは、基本的には自社の状況が危機的状況なのだとわかっている。

しかし、フランス車のメーカーが、フランスで車をつくらなくなると・・・果たして、フランス車といえるのか?

フランスに本社のある車メーカーという立ち位置になる可能性がある。

Renaultは、国営である。

フランス国内の工場は切れない

トヨタが、豊田市内、豊田近郊の工場をなかなかつぶせない事情もある。

地域の雇用は重要である。

愛知県は明治大正は、軽工業都市であった。

昭和初頭から、重工業へ移行する

此れの掛け声が「中京工業化(中京デトロイト化)(具体的な構想・計画はなかった。)である。

戦時中は、軍需産業の一大拠点であった。

愛知、岐阜は航空機の生産工場が立ち並んだ。

戦後も、その余波でオートバイ工業の勃興があり、自動車工業の先進地域となつた。

トヨタは、常に社員を一から教育し、最新設備を導入することをいとわなかった。

でも、トヨタも考えるのではないだろうか?

工場の統合・・・要は廃止である。

「先行きを考えろ」という発言がある。

ルノーは、FCAとの交渉が失敗したので、日産の取り込みに血道を上げる可能性は高い。

ゴーンの違法な資金支出を告発した。

日本で、服役して、その後は、フランスに移送されて裁判、で服役・・・なんてこともあり得るかもしれない。

(パナマのノリエガ将軍みたいだなぁと一瞬おもった。)

さてさて、日産はどこへ・・・

20190607初出

20190608加筆改定

 

| | コメント (0)

悲しき日産の末路・・・

日産は不幸だ

西川君ではこの難局は乗り切れなとみるのが妥当ではないかと思う。

ルノーは、フィアットクライスラーグループと手を組むそうである・・・

日産は、蚊帳の外

当然、三菱は・・・おんもの子である

ダメな会社がよってどうしたいのかなぁとも思う

どうやって統治するのか?

FIATは、生産の主体は東欧

米国では人気がない

クライスラー・・・・まだあったのレベルである

クライスラーといえば、リーアイアコッカ氏である。

ゴーンは、アイアコッカ氏の亜流である。

真似は所詮劣化する。

ゴーンは、アイカコッカ氏ほど能力がないから、会社の資産を売り飛ばす、販売奨励金で実際はたんなる値引き販売で売り上げを伸ばしただけというあまり良ろしくない経営者だった。

日産の業績降下は、販売奨励金という、会社が損をしながら車を売る行為をやめたからである。

本来売れない車を値引きで売っていただけである。

値引きがなくなれば、当然に、とたんに売れなくなる。

これは、ゴーンのV字回復とは、基本的にはまやかしであった。

が、と言っても、当時の日産の幹部には一切できなかった事である。

ゴーンの経営手腕がインチキなんてことは誰もが知っていた。

日産の幹部は皆知っていた、ついでに言うなら日〇経〇新聞だって知っていることだった。

ゴーンのまやかしのV字回復と復活劇を、褒めていた人たち、各新聞社、雑誌社の記者は「決算書」読んだことあるのか?と聞きたい

悪いことは、その時は、書かない

書くと日産のというか、ゴーンの評判が下がるからである。

日産の存在は、今度のルノーとフィアットクライスラーグループの協力関係について、直前まで知らされたいなかったということであるから、すでに見限られている感はあるであるから。

 

面白いのは、ルノーも、フィアットも国営企業ぽいところがある。

要は官僚主義的ということである。

フィアットは、輸入車高関税政策に守られてぬくぬくと育った・・・

関税100%…信じられないぐらいの高関税であった。

これが撤廃されると、低クオリティーの製品は国内では売れなくなった。

(一部の日本人は、運命を受け入れる様に、この壊れる車をわざわざ買い、喜んでいたのは失笑を禁じ得ない。)

そうした環境は、悪い意味での官僚主義を助長させたのである。

日産は、官僚主義ぽいがその実は、共産主義的な一党独裁的なファシスト的体質である。

クライスラーは…もう終わっているのでどうでもいい

三菱は、由緒正しい、ダメな官僚主義的な会社である。

いつも思うのだが、三菱、日産の危機感のなさは素晴らしいレベルである。

社員は危機感を持つているが、幹部職員の危機感のなさは、高レベルである。

元三菱の方が、高性能のスポーツカーと商用車を同じレベルで語るの聞いて笑った。

LFAは高性能車である。オイルは頻々(ひんぴん)と交換するべきと考える。

しかし、頻々とオイルを変えなければいけないは欠陥車・・・・と云ってはばからない人がいる。

これは、日本的なオールマイテイーでなければいけいないという発想だろうか?

LFAで、毎日、足の様にして買い物に行くという発想なんだろうか?

LCならばOKかもしれない。

以前は、大体、3か月、1000キロでオイル交換をしていた

当時は、元売り価格で、大体2L4000円から5000円だった

ヨタは、2.5Lである

現在は、そこまで交換はしないが、2Lで、1万円である・・・自分で交換するからオイル代とフィルター代で済んで居る。

閑話休題

ルノー公団が主体で、統合した場合、日産は偉そうにできない

誰がどう統合するのか未知数であるが、どうも、ルノーが優勢らしい。

ということは、イタリア政府はさじを投げている可能性が高い。

この難局に、西川君では乗り切れる感じがしない。

日産は、敵はルノー公団、フランス政府と思い込んでいるが・・・これからは、フィアットクライスラーグループ、イタリア政府が敵である。

もし、フィアットクライスラーグループが、日産の株を10%でも市中から手に入れられたらどうなるということを考えていない

日産に不利な決定には、反対できるとという事の固執しているが、統合が不利と思うのは日産だけではないか?

統合は、規模の理論でメリットが大きと言われれば、日産の独自性などどうでもいいことになる。

もう10%の株を、FCAが取得したら日産は終わりということを理解していない。

もうすぐ、日産はなくなるかもしれない。

車のラインナップを見ると悲しくなるような状態である。

売れてるのは・・・軽自動車・・これは三菱水島工場で・・・・

GTR・・月産何台?

ノートEパワー・・・?

昔、路上でトヨタ、日産、本田、マツダ・・・ダイハツ・・・鈴木、見たいな感じだった

今は、トヨタ、レクサス、マツダ、スバル・・よくわからん軽自動車・・・である、日産・・・・10%以下ではないと思う。

この間信号待ちをしていた車32台中 日産車、ミニバン1台、乗用車1台、三菱製の軽1台である。

普通車は6.2%

軽自動車入れて、9.3%

ちなみに、トヨタ15台、レクサス4台、マツダ5台、マツダの軽1台、スバル3台、鈴木の軽1台である。

最近車仲間で話題になったのが、ブルーバードシルフィーを見たことがあるか?

FUGAとスカイラインを見ることがあるのか・・・である

ブルーバートは・・・ものすごく古いのが官用車であったのでよく見たていたが市中で見るのはレア・・・

FUGA インフィニテイ、スカイラインは・・・すでに珍車モードで、近所の藪医者が、歩いて10分のところを、毎日FUGAで通っているのを見るいが日は見たことがない・・・

ルノー公団とFCAの交渉を過程を仄聞するに、主導権はルノーである

フィアットは苦しいのだろう

旧東欧での生産は、クオリティコントロールができていないようである。

丁度、30年前のドイツレベル(模型メーカーね)が東欧での生産に乗り出し時の様な惨状ではないかと思う。

結局ダメだったということになる可能性は高い。

トヨタができて、フィアットができないは何故なんだろうと思う

日産のタイ工場のクオリティコントロールは良くない。

おかげで、マーチが売れなくなった・・・日産の東南アジアが戦略が間違っているのは、安い車は安すぽくてもいいという間違った感覚である。

このままいくと、日産国内生産やめるんじゃないかというレベルである。

自衛隊の四輪駆動車は、トヨタのランクルの70系に変更されるようですので・・・三菱の独占していた自衛隊への軍用車両を納品するというドル箱がなくなるわけである。

この危機的状況を、西川君は乗り切る自信があるのかどうか聞いてみたい・・・

私の個人的な意見は、無理であろうということである。

20190604

20190606加筆

 

| | コメント (0)

新聞社に思う事など

最近新聞(地方版)を読むと、なんか、イラっとする事が多い。

夕刊紙?のゲ〇〇イみたいな、願望を中心にした記事も、くだらない。

書いてある内容は、いわゆるフェイクニュースに類するものである。

「〇の真相」に近い存在である。

先日、ある地方新聞を見出しで読み始めたら・・・・・肝心要(かんじんかなめ)の部分の記載がない・・・

つまり見出しの説明がない・・・

ちょっと、イラっとする。

日〇経〇新聞は、内容がダメになりつつあることが良くわかる。

他の新聞とは違い抑え気味ではあるが、「共産主義ファシスト」への憧憬を隠せない文章が垣間見られる。

そうして社説では、相(あい)も変わらず偉そうに「〇〇しろ」とか「しなければならない」的な文章が並べている。

社説でご高説を述べているが書いてて恥ずかしくないか?

米国の外交政策について、語る語る。

日本の経済紙が何を偉そうにと思う。

時々、日本の新聞は、基本的に自称「リベラル」(共産主義ファシストが、民主主義的姿を仮装するときの隠れ蓑としてしての左翼の言う「リベラル」であるから、本来のリベラルとは程遠い存在である。)を標榜している。

最大公約数的なの基本路線は、「政府を困らせたい」である。

そうして基本路線は、「基本的に全部悪い」と書きたいのかなぁと思う。

特に、ここ数年思うのは、日〇経〇新聞の基本的な路線は、こんな感じである。

景気は、基本的に悪い(時々、よかったと書く)、

オブラートに包みながら政治は悪いと書く。

野党の先生の悪行は書かない、犯罪行為も余ほどのことがなければ書かない。

書いても悪く取られないように忖度して(笑い)書く

アメリカは悪い。

トランプは悪い。

中国北朝鮮は、悪いように書かない。

野党の意味不明な主張は取り上げる。

政府の意見は取り上げない。

曲解して載せる

公務員は規制の象徴だから悪い。

ベンチャーはえらい。

起業家は、ほめる、でも偉そうにするとこけそうになると叩く

(中国風の「水に落ちた犬は叩け」という風潮であろう)

女性の社会進出はもっと進めよう。

セクハラ責めよう。

左翼の人のセクハラ、共〇党の除名原因の「破廉恥行為」は、ほとんど書かないか、抑えて書くていて続報を載せない。

外国人の犯罪、悪行、弊害は、隠そう。

元外国人の政治家を持ち上げよう。

民族色の強い関係者はクズだ。

人種差別はクズだ。

性的な倒錯者はいい人だ。

男は弱くていいんだ。

最後に、日〇経〇新聞はえらいんだぞー

である。(これは、すべて私感です、笑い)

新聞報道も、テレビ(うちにないけど外で目に入ると)報道も何が言いたいのかわからない。

悲惨な殺人事件に群れる

被害者に群れる

被害者の関係者を責める、責める

できない相談を、質問する。

被害者の生前の姿をさらす、さらす、探す探す・・・・

ところが、それは全部金儲けのためです

視聴者を増やす、読者を増やしたい、一時でも雑誌を多く売りたい・・・

現在は、一般の多くの人の目が、ネットに転嫁された形で表現される。

多くの一般的な人は、「金儲けのために報道している」という姿勢を感じている。

SNSで、報道に対する悪意のある目も、報道側と同じように、場面の切り取りでマスコミの姿勢を責める。

悪いマスコミの姿がSNSで流布される。

SNSの住人は、報道姿勢、報道に対する態度に、多くの人が共感する。

ある田舎の市内の病院で老人が多数亡くなった事件があった。親族のいる人は、冷房付きの部屋へ

親族がいなくて、文句言わない静かな人は、熱い部屋に・・で多数亡くなった

当初は、ものすごい数の報道陣がいた・・・道路にあふれていたが・・・事件性が薄らぐとういうか、生活保護者の様な老人が多かったことがわかると・・・1週間後・・・・報道陣は誰も残っておらず、病院側のマスコミ向けの張りむなしくひらひらしていた。

2週間後には・・・・以前のような、やっているのかやってないのかわからないような病院に戻っていた。

路上では、入院患者の爺さんがタバコをスパスパ吸っていた。

そうなると、お涙頂戴は使えない

高齢者の生活保護者が多数入院してる病院・・・・生活保護者を批判することはタブーである・・・

面白くないとすぐに撤退である。

金にならないからである。

ある意味金の亡者でありながら、最近は殿様商売ができない。

そこで最近は、マスコミ(報道、紙媒体)は、ネットで自分たちを安売りしている。

漫画なんて笑ってしまいたくなるような安売りである。

安売りで、読者が確保できると思うのか?

稿料が払えるのか?と、いらぬ心配をしてしまう。

ネットでの読者を増やす行為は、販売管理費の削減に役立つでも結局、月額何百円で読み放題というのはいかがなものかと思う。

悪い見方をすれば、漫画雑誌の原価はいくらなんだと思う。

まづ?ネットで有利なのは、小売店のマージン、印刷代、輸送費がかからない。

それらを除いて稿料を払い、データ化料金を払い・・・原価はいくら?という気がする。

漫画雑誌併売でネット化しているので、ネット専用漫画と比べると読みずらい、ネット専用は、漫画雑誌の見開きのオオコマ…の感動はない。

でも結局、実売漫画の利益を食う形での安売りという感じがする。

自分で自分の販売奨励金を出しているようなものである。

結局、安売りをしている気がないのではないかと思う。

コンテンツの充実という名で安売りをしている気がする。

安売りは、結局のところ首を絞める。

閑話休題

ある人から、ある業者が税理士に勧められて、家賃を年間何百万円も払うぐらいなら・・・土地を買い建屋を作ることを進められたという。

複数の部屋を借りて、家賃を払うぐらいならということだと思うのだが。

家賃を払うのと、借金とは違うのである。

家賃は部屋を解約すれは、通常の規約で行けば、2か月後には確実に減らすことができる。

借金は、支払い方法を急激に下げる方策はあまりない。

1年目での見直しはほぼ不可能である。

例えば、年間600万円家賃を払っていた。

何千万円と借金をして、家賃分の年間600万円は払えると試算するのは、バカである。

家賃の支払いと借金の支払いを等価で考える税理士は、バカである。

いつも思うのは、先を見とおせないのが商売である。

年間600万円の家賃を払っていたら、借金の返済は600万円払えると考えるのがバカである。

売り上げの変動予測なんてできるわけがない。

リスク配分で、返済は、家賃の支払いの半分程度の抑えて300万円で契約する。

当然、途中で繰上済をできるようにして置くべきである。

基本的発想は、300万円浮かせたと考えるのではなくて、年間300万円へ返済して、別途プールしておいた金を繰り上げ返済に充てるという方式である。

半年でも1年でも返済をした時点で、半年分、1年分プールした150万円、300万円を繰り上げ返済に充てる。

それは、商売をしていたら、不急不測の金を要する場合がある。

半年置き、1年おきに毎回できないかもしれないが、300万円プラス繰越返済何百万円を行うことで、将来の支払う総額を減らすということを考えるべきである。

支払いが減ればの精神的にも金銭的にも楽かと思う。

まず、家賃の年間600万円をそのまま借金返済できると考える計画が正しいかどうか考えるべきである。

ある小売店さんは、自宅の改築20年ローンを組まされたそうである。

最初5年で組みたいと言ったら、某愛知銀行は無理と云ったそうである。

で結局20年ローンを組まされたが、7年で完済した。

最初の2・3年ぐらいで、繰り上げ返済を行うと、将来払うべき利息何百万円単位で減

銀行は、基本「利を稼ぐのが商売」である。

細く長く利息を払っているくれる人は良いお客さんである。

しかし、お客さんは可処分所得がその分減るのである。

つまり、銀行は得をする。

が、

借り主は損をすると考えられる。

すると、どうなんだろうと思う。

税理士や公認会計士、経営診断とかの人は、万能ではない。

経験則的に、銀行の方針がわからなければ対応はむつかしいと思う。

別段、税理士や公認会計士がえらいわけではない。

日所に深い知識があるかどうかもわからない。

別段決算書を見ているわけではないので何とも言えないが、このタイミングで、なぜ、自社ビルを進めるのかよく理解ができない。

銀行は、基本的に金貸しである。

先ほども書いた「利を稼ぐ」のが商売である。

自分たちが損をすることはしない。

「損をして得を取る」などという美徳はない。

閑話休題

新聞屋が、国民の代表と自称したことについて多くの人が失笑気味の笑った。

新聞社は、自身の「利を得る」、つまりは、現在は減りつつある読者を減らさない努力をしている。

SNSで過激な投稿をしないと読者が、離れるのを防ぐために、どんどん過激になるのを抑えられないと同じである。

某中〇、〇京、朝〇、毎〇新聞のトランプ大統領訪日の記事のひどいことひどいこと・・・大丈夫かと思う

彼らの気分は、反米、親中、新韓である。

実際の多くの人々が、反米化というと、そうではないだろう。

どちらかといえば、20代から50代前半は、反中、反韓であろう。

朝〇新聞の読者だった三十区は、本当に、反米、反トヨタであった。

トヨタ車に乗りながら、反トヨタである。

内心は、バカ?じゃなかろうかと思ってました。

新聞社、金貸しの銀行は、基本、自分が得することしか考えていない。

我が家には、「まともな人間なら、株屋、金貸し、羽織ごろにはなってはいけない」という家訓がある。

今でいう、証券会社、金融機関、新聞記者

みんな、他人の不幸で儲けている。

他人の不幸を飯の種にするそんな人に

はなるなと言われた。

それを述べたのは、祖父である。

老いた人は良いことを言ったような気がする。

| | コメント (0)

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »