« SHS悲報 駐車場が使えなくなった訳 | トップページ | だらだらと、分析しつつ本を買う事 »

SHS(静岡ホビーショー)など

facebookのこの関係の文章を掲示したら皆さんに読んでもらえたようでありがたいと思います。

SHS(静岡ホビーショー、以下SHSと記す)は、すでによくわからないうちに全世界規模になりました。

参加クラブも増え続け、会場も拡張し、通路も狭くなりました。

見学者はうなぎのぼりで・・・数十万人レベルとなっている。

こうなると問題が出てくるのは当たり前で・・・

まず、合同展示会への参加者で、一部非常にモラルが低い者が出てきたということである。

会場地下駐車場で車中泊、ついでに、宴会・・・・厳重注意

企業の好意で借りていた駐車場で車中泊…ついでに、宴会・・・今年からその駐車場が使えなくなった。

作品を盗むやつまでいる。

大体、土曜日の夕方、懇親会に出るために皆がぞろぞろと会場を後にする時間帯・・・に盗むんだと思うが・・

多くの店員が見ている中、掠め取ったやつもいる。

きっと、万引きも横行しているんだろうな・・・と

会場へ見に来る人の問題行動も顕在化している。

見る側の、マスでの移動が多くなった。

撮影態度も悪い。

うちのクラブの横が有名モデラーさん(雑誌に作例をよく載せている人らしい・・・)の主催ブースだった

うちの際(きわ)に、スターウオーズの情景があった。

見る人の目線を考えた置き方で、高い位置にわざわざ置いた。

皆さん普通の位置で撮影を敢行。

人が寄ると、つられて人が寄る・・・うちのブースの前にはみ出して撮影・・・

で、女性の肩から下げたカバン

おっさん、兄ちゃんの肩から下げたカバン・・・カメラ・・・が、作品の上を周回する

みんなスマホの撮影に夢中で気が付かない。

おかげ注意すること再三再四・・・

で、隣のブーズは無人・・・誰もいねぇえよ・・・

誰か、必ずいるように指導が入っているがいない・・・

で、待つことしばし、有名もデラーがご本人が、ご帰還。事情を説明した。

うちの会員が、「会長(こういった時だけ会長・・・)、危ないでさ、となりに言ってよ」と・・・

云うと、この方、ああすいません…と言いながらすぐに移動してくださいました。

おかげで、フルスクラッチ作品の破損という事態は免れました。

数年間隣が、ある特殊な作品群でした。

ここに来る客の撮影態度もひどいものでした。

注意する気も失せるぐらいでした。

まあ、丁寧に、注意したら反応よくどいてくれるのでいいのですが・・・ねぇ

向こうは1回、こちらは2日間ずーと注意してると嫌になる。

 

懇親会は盛り上がっていいのです。

うちのクラブと、関係クラブはいつも同じような位置のテーブルの周辺にたむろしてます。

年寄りが多いので、座るモードです

同じような位置のテーブルなので、毎年同じような人がいます。

乾杯が済んで、会食が始まると、テーブルかぶり付きで延々と食いつ続ける人がいる。

こちらは、すいませーんと言いながらクラブ員の分をもって帰る

親鳥の、餌運びみたいなものです。

大体、21時から二次会があるので、ちょっとセーブ気味

とはいえ、昼食べてないので、少しは食べる・・・が

20分もするとテーブルの上は・・・から

ほかのテーブルは、結構余っているとも聞いたので、場所によるのかなぁ・・・と

なかなか、厳しい意見も多いもですが、ここは、自主的に是正する方法にもっていきたいと思います。

入場料を取るは厳しいと思います。

合同展示会の参加者から徴収するのは可能であると思います。

参加者一人頭1000円、1000円分×人数、記念バッチは、その人数分とするとか。

一時時期参加クラブをかなり抑制していましたが、現在は膨張気味です。

島ブースは、場所のロスが大きいように感じますので、やめるとかも考えてほしいですね。

また外国の参加者で、やたらとその国をを意識させるTシャツを着こんだ一群がいました。

大陸系です。

ちょっと威圧感を感じました。

中華民国の方は、圧を感じません。

今年は、臺灣大学出身の方と、うちのクラブのM113好きと意気投合してしてました。

非常に、友好的で圧を感じませんでした。

日本人が、同じTシャツ姿でいてもあまり圧を感じたことはありませんでしたが、今回は何か、いやな「圧」を感じました。

改善点を、みんなが、要望として提出することも必要ではないかと思うのですが・・・

|

« SHS悲報 駐車場が使えなくなった訳 | トップページ | だらだらと、分析しつつ本を買う事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« SHS悲報 駐車場が使えなくなった訳 | トップページ | だらだらと、分析しつつ本を買う事 »