« 新聞社に思う事など | トップページ | FACとルノーの決裂、残念だわぁ »

悲しき日産の末路・・・

日産は不幸だ

西川君ではこの難局は乗り切れなとみるのが妥当ではないかと思う。

ルノーは、フィアットクライスラーグループと手を組むそうである・・・

日産は、蚊帳の外

当然、三菱は・・・おんもの子である

ダメな会社がよってどうしたいのかなぁとも思う

どうやって統治するのか?

FIATは、生産の主体は東欧

米国では人気がない

クライスラー・・・・まだあったのレベルである

クライスラーといえば、リーアイアコッカ氏である。

ゴーンは、アイアコッカ氏の亜流である。

真似は所詮劣化する。

ゴーンは、アイカコッカ氏ほど能力がないから、会社の資産を売り飛ばす、販売奨励金で実際はたんなる値引き販売で売り上げを伸ばしただけというあまり良ろしくない経営者だった。

日産の業績降下は、販売奨励金という、会社が損をしながら車を売る行為をやめたからである。

本来売れない車を値引きで売っていただけである。

値引きがなくなれば、当然に、とたんに売れなくなる。

これは、ゴーンのV字回復とは、基本的にはまやかしであった。

が、と言っても、当時の日産の幹部には一切できなかった事である。

ゴーンの経営手腕がインチキなんてことは誰もが知っていた。

日産の幹部は皆知っていた、ついでに言うなら日〇経〇新聞だって知っていることだった。

ゴーンのまやかしのV字回復と復活劇を、褒めていた人たち、各新聞社、雑誌社の記者は「決算書」読んだことあるのか?と聞きたい

悪いことは、その時は、書かない

書くと日産のというか、ゴーンの評判が下がるからである。

日産の存在は、今度のルノーとフィアットクライスラーグループの協力関係について、直前まで知らされたいなかったということであるから、すでに見限られている感はあるであるから。

 

面白いのは、ルノーも、フィアットも国営企業ぽいところがある。

要は官僚主義的ということである。

フィアットは、輸入車高関税政策に守られてぬくぬくと育った・・・

関税100%…信じられないぐらいの高関税であった。

これが撤廃されると、低クオリティーの製品は国内では売れなくなった。

(一部の日本人は、運命を受け入れる様に、この壊れる車をわざわざ買い、喜んでいたのは失笑を禁じ得ない。)

そうした環境は、悪い意味での官僚主義を助長させたのである。

日産は、官僚主義ぽいがその実は、共産主義的な一党独裁的なファシスト的体質である。

クライスラーは…もう終わっているのでどうでもいい

三菱は、由緒正しい、ダメな官僚主義的な会社である。

いつも思うのだが、三菱、日産の危機感のなさは素晴らしいレベルである。

社員は危機感を持つているが、幹部職員の危機感のなさは、高レベルである。

元三菱の方が、高性能のスポーツカーと商用車を同じレベルで語るの聞いて笑った。

LFAは高性能車である。オイルは頻々(ひんぴん)と交換するべきと考える。

しかし、頻々とオイルを変えなければいけないは欠陥車・・・・と云ってはばからない人がいる。

これは、日本的なオールマイテイーでなければいけいないという発想だろうか?

LFAで、毎日、足の様にして買い物に行くという発想なんだろうか?

LCならばOKかもしれない。

以前は、大体、3か月、1000キロでオイル交換をしていた

当時は、元売り価格で、大体2L4000円から5000円だった

ヨタは、2.5Lである

現在は、そこまで交換はしないが、2Lで、1万円である・・・自分で交換するからオイル代とフィルター代で済んで居る。

閑話休題

ルノー公団が主体で、統合した場合、日産は偉そうにできない

誰がどう統合するのか未知数であるが、どうも、ルノーが優勢らしい。

ということは、イタリア政府はさじを投げている可能性が高い。

この難局に、西川君では乗り切れる感じがしない。

日産は、敵はルノー公団、フランス政府と思い込んでいるが・・・これからは、フィアットクライスラーグループ、イタリア政府が敵である。

もし、フィアットクライスラーグループが、日産の株を10%でも市中から手に入れられたらどうなるということを考えていない

日産に不利な決定には、反対できるとという事の固執しているが、統合が不利と思うのは日産だけではないか?

統合は、規模の理論でメリットが大きと言われれば、日産の独自性などどうでもいいことになる。

もう10%の株を、FCAが取得したら日産は終わりということを理解していない。

もうすぐ、日産はなくなるかもしれない。

車のラインナップを見ると悲しくなるような状態である。

売れてるのは・・・軽自動車・・これは三菱水島工場で・・・・

GTR・・月産何台?

ノートEパワー・・・?

昔、路上でトヨタ、日産、本田、マツダ・・・ダイハツ・・・鈴木、見たいな感じだった

今は、トヨタ、レクサス、マツダ、スバル・・よくわからん軽自動車・・・である、日産・・・・10%以下ではないと思う。

この間信号待ちをしていた車32台中 日産車、ミニバン1台、乗用車1台、三菱製の軽1台である。

普通車は6.2%

軽自動車入れて、9.3%

ちなみに、トヨタ15台、レクサス4台、マツダ5台、マツダの軽1台、スバル3台、鈴木の軽1台である。

最近車仲間で話題になったのが、ブルーバードシルフィーを見たことがあるか?

FUGAとスカイラインを見ることがあるのか・・・である

ブルーバートは・・・ものすごく古いのが官用車であったのでよく見たていたが市中で見るのはレア・・・

FUGA インフィニテイ、スカイラインは・・・すでに珍車モードで、近所の藪医者が、歩いて10分のところを、毎日FUGAで通っているのを見るいが日は見たことがない・・・

ルノー公団とFCAの交渉を過程を仄聞するに、主導権はルノーである

フィアットは苦しいのだろう

旧東欧での生産は、クオリティコントロールができていないようである。

丁度、30年前のドイツレベル(模型メーカーね)が東欧での生産に乗り出し時の様な惨状ではないかと思う。

結局ダメだったということになる可能性は高い。

トヨタができて、フィアットができないは何故なんだろうと思う

日産のタイ工場のクオリティコントロールは良くない。

おかげで、マーチが売れなくなった・・・日産の東南アジアが戦略が間違っているのは、安い車は安すぽくてもいいという間違った感覚である。

このままいくと、日産国内生産やめるんじゃないかというレベルである。

自衛隊の四輪駆動車は、トヨタのランクルの70系に変更されるようですので・・・三菱の独占していた自衛隊への軍用車両を納品するというドル箱がなくなるわけである。

この危機的状況を、西川君は乗り切る自信があるのかどうか聞いてみたい・・・

私の個人的な意見は、無理であろうということである。

20190604

20190606加筆

 

|

« 新聞社に思う事など | トップページ | FACとルノーの決裂、残念だわぁ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新聞社に思う事など | トップページ | FACとルノーの決裂、残念だわぁ »