« 2019 sports touring 、近況など | トップページ | 愛知県は、トリアンナーレーを即時中止して・・・ »

東洋工業の過ち

東洋工業と言っても、松田さんのことですが、経常利益70%減

当たり前と言えば当たり前

マツダの経営陣はバカぞろいというか、過去に学ばない・・・あ、やっぱりバカか・・・

別に、東洋工業は嫌いではない

コスモスポーツ(初代)、ロータリークーペ、RX7(初代、FC)は好きである。

最近のデザインは・・・うーんである。

マツダのデザインは好きになったことがない(すいません、ユーノス900は好きでした・・・)

ロードスターは息の長い製品のはずなのでいい感じのはずであるが・・・どうも歴代好きになれない・・・どうも

丸い車は好きであるが、両生類的なところがダメである(要は、感覚が古いのかなと云う気もするのですが・・)

その昔、マツダさんは、チャンネルを馬鹿みたいに増やしたことがある。

いわゆる、バブル絶頂のころ・・安い中古を買うよりも、安い新車を買うに意識が変わった時期である。

大学生が、中古じゃなくて、新車を親にねだることができた時代である。

おばさんが、自転車から原付での移動に替わった時期でもある(w)

ユーノスロードスター販売していたユーノス店、RX-7売っていた、アンフィニィ店(旧マツダオート店)、AZ-3売ってたオートザム店、FORD 販売していたオートラマ店・・・もうひと出てこんと・・・・・・なんでも屋のマツダ店があった。

これはトヨタの5販売チャンネル(トヨペット、カローラ、オート、ビスタ、トヨタ)を模して国内の販売網を強化しようとしたのである。

この時、マツダのセダンのデザインは、光るものがった、ユーノス900なんて結構よかった。

ユーノスコスモは、デザインはいいが、燃費が悪くて、直線番長でと、最初からダメ評判だったが・・・

たくさん販売店を作れば、たくさん売れる?という思想だったらしい。

当時の雑誌にはそんな様なニュアンスが書いてあった

でも最初から矛盾していた。

トヨタの様な規模でもないのに、5チャンネル・・・結局

売る車がなくて、バッチエンジニアリングと呼ばれる、名前とバッチ替えに走る。

で、失速というか、最初から離陸できていない。

スポーツカー、高級車(マツダの高級車て…ルーチェ???)のアンフィニィ・・・アンフィニて無限て意味とか言われて

無間地獄?とか思ったことがある。

ユーノスのロードスター、安いスポーツカーであった、安いのでアメリカでよく売れた。

コスモは、2ローターは売れたが、3ローターは・・・燃費悪すぎて売れず・・・

ユーノスのエンブレムの、麦の穂みたいのは、「十二単の襟」と書いてるのを読んで、日産シルビアの青竹色と言い、日本回帰のデザイン要素を取り込むようになったんだなぁと・・・

でも、ユーノスロードスターはデザインが好きになれなかった。

ユーノスコスモは…、かっこよかった。

友達の知り合いに乗せてもらったが、3ローターは早くて、直線番長で、燃費が最低だった・・・

乗せてくれた人半年で手放して、2ロータに乗っていたけど、維持費がバカ高いということで手放した。

結局、コスモスポーツとは違うねえで、マツダから離れた。

オートザムは、キャロルなんかを売っていたが、ランチャも売っていた。

友達の弟が、ランチャS4を買ったが、買った翌日から故障して、そのままデーラーへ行った。

兄ちゃんは、マツダが嫌いで、弟が、マツダのディーラーで車を買うことに不信感をガンガンに持っていたので、翌々日、同道を命じられてついて行った。

ヨタでいったんだからフザケテイル・・

お定まりの電気系のなのだが、説明を聞いていて・・・実際に見せてもらうとエンジンルームの一部が錆びていることが判明・・・

弟は、好きで買ったんだからと言いつつ・・ちょっと不安・・

でも頑張って3年乗ったけど、結局半分ぐらいは、ディラーに入院していた。

はずれの車だったみたいで、その後は、フツーのデルタに今でも乗っているからエライ。

どうも、ディーラーの技術力もない様子だった。

オートラマ店は、フォードなんだが、フォードの米国生産品、マツダ生産品を売ってるうちは良かった。

そのうち、韓国起亜で生産したフェステイバ5ドアを輸入して販売を始めた。

このフェステイバはひどかった、鋼板の質が悪くて、薄くて、悪い・・事故を起こすとクシャクシャになる。

或る時、爺さんの運転するクラウンの前に、ウインカーなしで、無理やり入り込んだフェステイバ5ドアに、クラウンが追突する事故を目撃したこと

がある。信号の手前で、クラウン減速、そこへ女子大生のフェステイバが無理やり突っ込んだ体制

フェステイバは、若葉マーク付きの女子大生の運転する車であった。

運転席側の後部にクラウンが軽く追突、そらあのタイミングで車線変更はアウトだろうと・・おもった。

その瞬間に激突‥ではなくて、ゴツンという感じだったが、質量的な差もあったのだろう、ドシャーンという感じの音がした。

で、右後部追突で、右後部クシャクシャ、運転席側のドア開かず、助手席側の前席開かず、後席のドアが無理遣りで開いた。

運転中の女子大生出られず、助手席の子も出られず・・・叫んでるのが聞こえたので・・・バイク止めて救助

左後部座席のドアは無理やりで開いた、で、警察が来るので待っていた。

その時思ったのは、信号前で、クラウン30キロ以下、フェスティバ、でクラウンを抜いて前に出たので40キロぐらい。

でこんなにクシャクシャ・・・・こんなのも買うものではないなと思った。

で、マツダは、マツダ店と、オートラマ店で車を売ってりゃよかったのだが、バブルの時の浮揚感で、欲が出てんだろう

なんでも売れた時代なので、勘違いしてのかもしれない。

広島気質?なのかもしれない

東洋カープが勝っているときは、図に乗る傾向が高い、負けが込むと覚めるのが早い。

とはいえ、5チャンネルがだめだとわかった時点で、マツダはサッサと止めればよかったのであるがそれは出来なかった。

初期投資が多かった。

チャンネルは多い、売る車はない

チャンネルの差異が出てこない。

マツダの開発の開発能力なんてたかが知れている。

そこで、この5チャンネル店の後遺症は、Fordの子会社化という悲劇で終わる。

で、まぁここ数年は良かった

マツダ店の改装をして、規模を大きくして・・・・きれいにした

高級感を狙った店舗設計にした、が、整備工場は昔のママであった。

ここ1,2年は、売れ行きが好調のなので、また欲が出た

安い車の価格の一ランク上げを行った。

そこで、割高感が出た。

安くて、ちょっと個性的、車内も広い、メタリック調の赤もいい感じ・・・だったが・・・

値段を上げると…客が付いてこない。

値段で二の足を踏み無人が多い・・・

結局、日産程ひどくはないが売り上げは落ちた。

日産は、90%以上、三菱 85%、マツダは、70%

トヨタは、7%減

ワーゲンが好調というのが日本経済新聞の言い草であるが、ゴマ化した燃費の問題が終わってないので、本当のところは良く判らない。

ちなみに、個人的には、衝突安全性テストの映像を見ると、マツダの車を買う気にはならない。

 

|

« 2019 sports touring 、近況など | トップページ | 愛知県は、トリアンナーレーを即時中止して・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2019 sports touring 、近況など | トップページ | 愛知県は、トリアンナーレーを即時中止して・・・ »