« 改題 乗らない車・・・ | トップページ | 死へのいざない »

私は、人を見る目がない(大幅加筆、しました。)

私は、人を見る目がない。

実は、自分で痛感している。

自分に都合の良い人間なんているわけはないのであるが、多少都合よく考えてしまう.

いい人だと思いたい気分がどこかにある。

で、想像していた人とは違うとわかると何となく嫌な気分になる。

でも最初から嫌だなと思う奴もいる

蛇みたいな人相をしている。

般若みたいなご面相。

図々し奴。

何かしら、自分の意見を押し付ける。

こちらは悪意も何もないのだが、何となく嫌われるという事もある。

その理由が振るっている。

苦労してない。

ちなみに、自分では、苦労を苦労と思わなければ、それは苦労ではないというのが持論である。

果たして、苦労してないと見えるだけだろうかと思う。

人一倍、苦労をしているし、死線も潜り抜けた。

口八丁手八丁で、小手先でへらへら仕事をしているわけではない。

だからというわけではないが、実は、火中の栗を拾うを事はあまりいとわない。

気にしない、と云うか恐れない、要は、感覚の狂ったバカという事になるのかもしれない。

他人が、火中の栗を拾うの見てうまくいきそうなら尻馬に乗るのは嫌いである。

人を見る目がないというのは、「何となくいい人」と感じる人は意外と良くない。

大抵、裏で何かを画策する。

筋の通った人は、「何となく悪っぽいけど」「つっけんどんだけど」・・・逃げない人が多いし、ちゃんと正面からくる。

某爺さんは、この典型であった。

ある会の集まりで、昔よく話をしていたが、時々カチンとくる事を云うやっだった。

このブログネタで、嘲笑軽侮めいたことを何度も言う。

云い方が、丁度、銀河鉄道の夜に出てくる、「ザネリ」みたいな奴である。

性格は、尻馬に乗り、そのまま背取りたい系の人だった。

ある会を作ると、自分が会長になりたい雰囲気だった。

最初の戦いが済んだ済んで、会ができることがわかると、背取りをしようとした。

自分が作ろと言い出したわけでもないのに、自分がいいとこ取りをする気満々だった。

背取りが、旨く行かないと単純な爺さんをたぶらかして自分のグループを作った。

この会を作る時に、責任者を決めろと言っても決めなかった。

あとから文句を言った言った爺さんは、それを云った時にいたが、会をつぶすことを告げた後で、

誰に云ったと言って

「そんなことは聞いてない」といった。

典型的な責任逃れの管理職である。

要は、責任者のいない、無責任なグループだった。

云われたことは守らない、交通法規も守らない。

責任者も決めない、持ち回り幹事とかいうのが毎回責任者。

最初のグループを作った時の趣旨とは外れたグループになる。

結局、このグループはコントロール不能な集団であった。

集団で暴走していると言われれば止めてもらうしかない。

無責任な集団と分かったのでこの会を止めてもらった。

ある馬鹿が、「だれがグループをなくすことを許可した?」と云ってきた。

「あんたらのお目付役の某に、何年何月何日とこれこれこの話の時に伝えて快諾を得ている」と云うと即黙った。

基本的には、くだらない策を弄するのは好きではない。

つまり、正面突破が好きなドン・キホーテと云いう事にもなる。

また無責任に、自己弁護するのも嫌いである。

ある人は、いい人風に見えたが、西洋人道主義にかぶれた人だった。

付き合って子細に見ていくと、基本的は無責任な人だという事がわかった。

そうなると、こちらでコントロールしなければならないという事になる。

此処30年ほど腰し低くしているつもりではあるがどうも、時々出るようである。

又、上司に、同僚に、忖度しないと言われたこともある。

間違ったこと、不正なことは不正としてただすのが当然の行いのような気がするが、世の中はそうではない。

いわんや役所なんて組織においておやである。

先日、2年前に、ある幹部の守秘義務違反について記録を残しておいた。

電算上の記事である、その時の上司には、以前の高崎という幹部職員が、記事を改ざんして不正な処理を行ったことを散々報告していたので、改ざんに気が付いたら告発してやるからと云ったあった。

先日、関連があり、その記事を再度出力して読んだ。

すると、本店に移管後、あっさりその部分の記事が抹消されていた。

前後のつながりが悪いのには気が付かないらしい。

守秘義務違反の幹部職員は、本店の長い人、だから非常識である。

本店では、記事を読んで、本人に聞く、否定する。

処理によっては会計検査院が読む書類の記事だから、やばいから消そうで、消したんだろうと思う。

現在では、重大犯罪である。

記録の改ざんである。

もりとも学園事件以降、これは重大犯罪になった、が、勝手に消した。

犬以下な奴らだと思う。

そん事を書くから、本店からは嫌われる。

それは、本店の中には同僚の、上司の犯罪は大目に見ろという共同正犯的な雰囲気がある。

現在は、それはダメですよと云っているが、体質は治らない。

閑話休題

先般、変態爺さんのことを書いたが、奴は、最初の出会いは最悪だった。

人間の屑ぽかった。

1年ほど後に、車の世界の先輩という事で、師匠とは視点の違う人であり、かつ、模型の趣味もあるという事で仲は良くなった。

しかし、マニアックな話をしているうちは良かった。

友人がフェラーリを買った時点で、その人の悪口がオンパレードになった。

なかなかそこまでコケ墜とすこともなかろうと思ったが、収入の差について怒っている風だった。

自分が、中古で、日産の特装車(Zまーく)を買ってからは、ブイブイ言い出した。

大学時代に知りあった、有名な映画監督とは友人だったと吹聴して止まなかった。

中古で買った車は、正貨1000万円の車だったが、買ったのは560万円、うち360万円60回払いローンで買った。

でも、若い子には、新車で買ったとウソを平気で言う。

ここで思ったのは、「有名監督と友人だった」てえのも、どこまでホントかなと思う。

若いころ結婚しなかった理由は、ヨタのレストレーショをしていたので、疎遠になり別れたからと云っていたが、そのころ付き合いの深かった人に言わせると、「女けなんて皆無でしたよ」といいながら、口をうえにむけて「ホラ、ホラ」と云っていたのを思いだして、虚栄を張ってどうしたかったんかなと思った。

そうして、だんだん嫌なところが露見してくるとだんだん嫌になった。

こちらが結婚した後ぐらいから関係に変化が訪れた。

何となく、嫌いだしたことが分かった。

奴は、月に何度も何度も見合いしても話はまとまらなかった。

40過ぎると、お見合いパーテイに出るようになるが、結婚相手は見つからず。

上手くいきそうだった人は、親の反対で話がなくなると、それこそ、失意のどん底になった。

ついでに、勤務先の建設会社の経営が左前になればなるほど、収入は減った。

小さな国の出先の事務所勤務で好き勝手やっていた報いか、その地域の小さな事務所長に嫌われ。

歳が上がるにつれて、小規模の事務所の勤務がなくなった。

中規模の事務所へ行くいなった。

もともと、人付き合いが好きな人間ではない。

禿、デブ、体はでかい、態度もでかい・・・要は、派遣のくせに態度が悪という事になった。

以前電話したら、「そんな職員いたっけ」・・・である

本人は、事務所の宴会に出るのが苦痛と云っていたが、周りは、あんたの存在が苦痛だったという事を、別筋から聞いた。

つまり、事務所の役人連中から絶望的に嫌われた。

それでも、最初のころに勤務していたのは辺鄙なところにある事務所が多かったので、通勤用に車が与えられ、ガソリン代が与えられていた。

よく名古屋に出てくるときは、会社のカローラバンだった。

つまり、会社の車を私用で、乗り回し、私用でガソリンを使いまくっていた。

だから、高速代も気にならずに名古屋に車で来ていた。

しかし、小規模、中規模の事務所から、嫌われると行くところがなくなる。

契約があるのと、事務所の人間だけでは施工管理ができないので、雇い続ける必要はある。

最終的には、都市部の大規模事務所へ行くことになった。

すると、当然の様に、通勤用の車は取り上げられる。

土日に乗り廻していたガソリン代もなくなった。

おまけに、会社は左前、給料は下がる、賞与は激減する。

貧すれば窮するである。

偉そうなことを云っていた、自称「金払いのいい」態度は消し飛んで、金を出し惜しみ、他人が金を使うのは構わないけれど、自分が出すのはスズメの涙となった。

こうなると、こちらは、2回も結婚する、子供もできる・・・

奴から見たら、うらやましいというか、腹の立つ存在でしかなかったと思う。

そうして、最終的には縁切りとなった。

楽しかった時期もあったが、あまり利用されてばかりいることがわかると、気分的には許しがたいものを感じるようになった。

縁が切れると、清々(せいせい)した気分になった。

一時期でも、此奴の事を「いいやつ」と思ったことがあるが、旧車の細かいことを知っている先輩として、打算で付き合ったことは正直失敗だったと思う。

打算は良くないと思う

最近それを再度痛感した。

そうして、人を見る目がないと痛感している。

 

20190922初出

20190923補足

20190925加筆

 

 

|

« 改題 乗らない車・・・ | トップページ | 死へのいざない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 改題 乗らない車・・・ | トップページ | 死へのいざない »