ルサールを、NEXで使いたい(←大ばか者)

NEX無謀な改造(削るだけ)による、広角オールドレンズを使おう!という無謀な計画その第二段・・・

ルサール(ロシア製のホロゴンタイプ)を使いたい!

N8_189

という無謀な事をはじめました。

ホロゴンは、意外と内側のでっぱりが少ないのですんなりとはいります(NEX‐3を一台ぱぁにしたんだから、すんなりではないと思うが、気分的にはすんなりです。)。

N8_190

ルサールは、Lマウントアダプターをつければすなりとはいると思いきや・・・はいりません。

ぐりぐりと押してみると内側に接触しています。

再度削る事に。

N8_188

接触した部分の外側を削るようにしました。

ホロゴンのときよりも心持2ミロほど外周が広がっています。

M-NEXマウントに、M-Lマウントアダプターを装着しました。

(0.5ミリでも高さが稼げるかなぁ?という浅はかな感覚、最初は、L-NEXアダプターを使用していました。)

削ると、接触箇所がなくなりました!

おおこれなら使えると!と喜び勇む姿・・・

N8_191

そんなに使う事はないと思いますが・・・。

物は試しです、使えないレンズがあるのはイヤですから・・・・

目玉のようなホロゴン

此れの小さい目玉がルサールだと思います。

(ちなみに、この作業改造(パーツの切除)についてはすべて自己責任です。

この記事を見て、うまく行かないかったとか、失敗したから責任を取れなんて事を言われても一切責任を取りません。

自身、1台使えないようにしています。使いえなくした事実については誰かに責任を取ってもらうなという事は考えていません。)

ボックスカメラ用の巨大なカールツアイスのレンズがありますが・・・どうなんでしょうねぇ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カメラの話

最初のカメラは、バルナックライカとコンタックスであるいずれも戦前のカメラで重いわ使いにくいわ・・・というカメラであった。

高校生の頃は、友人の持っている一眼レフが欲しくて仕方がなかったが、古いカメラは重くて実用的ではないと思っていた。

なんとなく、小さいレンズで、古臭い金属製で・・・あんまり見せたくないカメラだった。

大学時代、すこし、カメラに戻ったが、コンパクトが楽でいいとか思っていた。

でも、山に登るようになると、電気駆動のカメラはダメで、スーパーシックスを愛用しだした。

これが間違いの始まりである。

スーパーシックスは、枚数が少ないので、ライカになった。

広角と標準の2本持って、コンタっクスⅡ型の望遠を陸軍のマップケースに入れて持っていくようになった。

ものすごく重くて、マップケース(戦前の製品です、当事ですでに40年前の製品)の糸はほつれるは・・・で、2台体制は終止符となった。

そのうち、山登りのときは、コンタックスと広角のみなり、街中のスナップはライカになった。

これからが、バカの始まりである。

普通に一眼レフを買えばいいのに・・わざわざライカ用の一眼レフ装置を買う・・使う・・・

ビソフレックスといいますが、1型、2型(L・Mマウント用)を買う、専用レンズまで買う・・・もう困った人となった・・・

高級機といわれた一眼レフが優に買えてしまう値段であったが・・・・

あえて、レンジファインダーに走る・・・・要は、アナログなんだなぁと・・・・

| | コメント (0)

HOLOGON by SONY NEX-C3 N02 ホロゴンをNEXに!

さて、昨晩の失敗後・・・

分解掃除で何とかならんかと・・・考えました。

シャッター部分へ分解は届かず・・夜も遅いので寝ました。

今朝(2/8)、雪降りですので・(理由にはなりませんが・・・)、そうだ、再チャレンジだ(←ものすごく自分でもバカだと思う。)

そこで、NEX-c3を出してきまして・・・最近、7型、5型を愛用していますので出番が少ないとい理由で、再度挑戦する事になりました。

ホロゴンのあたる部分を再び削ります。

デザインカッタ―の新刃で、削ぐように削ります。

削りかすは、ピンセットで拾って捨てる。

Dsc03986_3 

楕円状に削ります。

ライカのマウントをつけたときに沈胴があたって出来たていた線がありましたのでガイドラインにして削りました。

マグネシュウ本体の一部も削りましたが、これも削ぐように削りカスは、ピンセット拾い、テープの粘着部分を利用して細かいものは拾いました。

今回の決断は?

ホロンゴン本体の後端レンズの保護用の金属の出っ張りを削ることです。

レンズ、パーツに細かい粉体状のカスが入らないようにマスキングテープで密着させました。

0.5ミリほど干渉しているのでそれだけをけずることしました。

Dsc03983

削ってはめると、干渉しているの、再度若干削りました。

手作業なので、正確ではないなと感じつつ、続行。

Dsc03985

KIPONのG-NEXマウントアダプター(手動)に装着してみました。

Dsc03987

NEXにホロゴンが装着できました。

るるん!!

ホロゴンのいいところは、広角レンズにありがちなゆがみが少ない事。

裸眼で見たような風景がそののまま撮れることがいちばいいことです。

魚眼レンズ超広角なのですが、なんとなくものすごくゆがむので好きではない(といいつつ持ってはいる。)

そういえば、どなたか、LマウントのCANONの50ミリ F0.95おもちでしたら、貸してもらえませんか・・うちのが再起不能になったので・・・・

追伸

 NEX-3中古・・・速攻で買いました・・・ものすごく安いので・・・・びっくり・・・1万円ほどでレンズなしが買えました・・・。

(ちなみに、この作業改造(パーツの切除)についてはすべて自己責任です。

この記事を見て、うまく行かないかったとか、失敗したから責任を取れなんて事を言われても一切責任を取りません。

自身、1台使えないようにしています。使いえなくした事実については誰かに責任を取ってもらうなという事は考えていません。)

| | コメント (0)

  HOLOGON by SONY NEX-3 N01 ホロゴンをNEXに!改定・・・やらないほうが良いかも

053_3

小生は、カメラが好きな人である。

銀塩カメラで幾ら使ったんだと・・・・車よりは少ないなぁ・・・というのが本音。

最近はデジタルの風潮で、銀塩カメラの出番はありません。

が、レンズは沢山ある。

一時期燃えたのが、京セラCONTAX Gシリーズ、G1.G2とレンズ群(あんまりないけど。)

カールツアイスのレンズいい感じでした(とはいえ、ドイツ製はHOLOGONぐらいでしたが・・・)。

一昨年の冬のある日、本屋で、「オールドレンズをアダプターで使う!」のような記事を見かけました。

SONYのNEXシリーズ用のマウントアダプターを使えば、オールドレンズ群が再び使えるようになる!という事が判った。

そこで、CONTAX Gレンズ用、ライカLマウント、Mマウント、M42マウント、NIKONマウントアダプターをまず購入・・・この辺がバカだと・・・自分でも思う。

NEXシリーズは、C3,サブで3を購入(買い方が大胆です・・・)

レンズキットを購入・・・既にうん十万円散在モード・・・

で・・・コンタックスGマウントレンズがすべて使えるかと?云えば・・そうではなかった。

肝心のホロンゴン16mmが使えない・・・・・ので、かなりショックを受けた。

他のはたいたいつかえた。

Lマウントでも、超広角の後ろの出っ張りが大きいものは干渉して駄目である。

ルサールとかね・・・

で、ひっかかるというか、接触する部分を削除スルか、アダプターのかさ上げをして干渉しないようにするか?

アダプターのかさ上げは、ピントが合わなくなるので駄目でした。

そうなると、接触部分の削除をするしかない!という結論に至る。

で、NEX-3の内部のパーツの一部を削る事にしました。

とはいえ、配線があるのと怖いので、一応、マウント部分を外して、配線がきていない部分を勘案して削りました。

受光部分の手前に薄い金属遮光板があるのでそれを撤去しようとしましたが、外れないのでそのままパス。

KIPONのGマウントアダプターをつけてから、ホロゴンを押し込んでみますと、引っかかりは在りませんでした。

しかし、金属遮光版ばホロゴンの出っ張りの部分に接触していた。

保護部分に当たって、少し削れた・・・・まあ仕方ない。

ルサールは、繰り出しが大きいので、金属の遮光板を削らないと無限遠が使えない・・・・

ルーターで削ろうかと・・・算段中でした。(2月6日までは・・・)

(此処から2月7日の記事・・・)

そそのかされて・・・

で、遮光版の金属部分を、ル-ターで削りました・・・・

054

ごみが散らないように加工して・・・・でも

削りカスがはいったようで・・・・シャッターが・・・閉まらなくなりました・・・

がーーーーーーーーーーーん

ごみが入ったのか、薄い金属板がゆがんで干渉しているのか良くわかりません。

とにかく、5万ほどしたカメラがぱぁ・・です・・まあ、3年間楽しんだから良いかと?

でしかたがないので・・再生専用機に格下げです・・・

そこで!

再度チャレンジ(するか普通?・・・)

で、今回は、中古を買って、当初と同じ様に削り、ルサールはあきらめよう・・・という消極的な気分・・・

(ちなみに、この作業改造(パーツの切除)についてはすべて自己責任です。

この記事を見て、うまく行かないかったとか、失敗したから責任を取れなんて事を言われても一切責任を取りません。

上記のように1台使えないようにしています。使いえなくした事実については誰かに責任を取ってもらうなという事は考えていません。)

| | コメント (1)