お仕事で時々無力感・・・

世の中には、いろいろの仕事がある、世の中の下支えをする仕事、みんなの為になるごと、いやな仕事から楽しい仕事、ものすごく嫌な仕事、下手すると死んでしまうような仕事もある。

でもどれもこれも対価性がある。

つまりはお金がもらえて、かつ、そのお金で生活ができる。

例えば、病気で働けなる人がいる。

同僚だった人は、目の病気で、働けなくなり生活保護を受けている。

アパートで、つつましやかな生活をしている。

その反面、自分の失敗で事業を失敗して、無職になり、60近いからと言って働くところがないと言って、生活保護に入った人もいる。

飲食店で、だらけた生活で、店もいいげんな感じで運営していたので当然のように客足は遠のく

近隣の人も来ない

店開いてるのあんまり見たことないなんてことになるぐらい

要は、昔は勢いで店ができたが、近くに、チェーン店ができる店はきれいなんて言えば、古くて無愛想、店も汚いところはわざわざ行くやつはいない。

おまけに店主はだらけてる。

で、店はなくなり、職がなくなると、市営住宅に入居、生活保護である。

おまけに不摂生で、病気のオンパレードである。

まじめに働いて、まじめに生活している人から見たらどうなんだと思う

しかも外国人

無職の外国人が増えればスラム化、犯罪の温床になるので生活保護は仕方ないかもしれないが、強制送還してくれよと言いたくなる。

年間、1人か2人必ずそういった人に出会う。

嫌になってしまう。

気の毒な人を救うのが生活保護で、不摂生無責任な人物を救うのが生活保護とは思えない。

大体、事業に失敗する人は見ていると、なんとなく判る。

この人、筋がない、というか、自己中心的という筋はあるが、他人に尽くそうとか、他人の幸福を考えようなんて気はない。

つまり従業員のことは考えない。

自分が儲かれないいぐらいの勢いである。

最初はいい、キップの良い親方ぐらいである、でも実態は人間の屑というのがいる。

意外と、キップの良い兄貴が実はただの屑だと気が付くのは、その兄貴が親方になった瞬間だろう

自分が儲かることしか考えない

頭の悪いとい云うか、要領の悪い人をこき使う

その果てに捨てる。

積年の恨みを持たれても仕方がないと思うのである。

そうして最後は、生活保護受けて終生を終える・・

社会保険料、年金、税金一切払わないそんな奴が、「年金があるでいいわ」という

年金かけてないでしょう?と聞くと

生保が、年金だわ・・・

と、笑いながら言った

あきれ果てたことがある。

まじめに働いている人がバカを見るのは、こうした福祉に重点を置く政策を要求した、共産主義ファシストの所業の果てである。

市役所、役場の生活保護担当に怒鳴りこむ弁護士、司法書士の大半は、共産主義ファシストである。

市の担当者は弱い

ものすごく弱い…だって、怖いもの

生活保護を受けてるやつが、薬屋で処方された高価な薬を箱なり手に入れる。

薬局が中身を確認しようとすると、箱を開けるなという。

病院でも、薬局でも怒鳴る恫喝する・・・仕方なく出す

暴力にはだれでも弱いのである。

大体、2箱分丁度の薬を処方されるように請求する。

薬のまずに売り飛ばしているので、病状は良くならない・・・さらに悪化・・・より高い薬に・・・

市は、このバカが、いくつもの病院で同じ処方箋を受け取り、箱単位で何十箱と受け取っていることを請求書への支払いで知っている。

この箱入りの薬をどうするのかと言えば、薬のバッタやへ売るのである。

月に十万円以上の収入ができるはずである。

おかしいだろう、しかし、市の職員はそう思うわない。

思っても言えないのかと思う。

言ってもしょうがない。

の全部税金である。

考えてみてほしい

相互扶助である

扶助していない人間を、扶助するのは人道にの道かもしれない。

でもそれは、困っている人を助けるためである。

近所の歯医者は、最近客が減り気味に見える。

虫歯一本3か月

生活保護受給者なら、半年コースである。

隣にある兄貴の病院は、ヤブで、薬漬けの糞病院である。

近くのスーパーで倒れた人は一日に10種類以上の薬を処方されているといった。

身寄りのない爺さんだったが・・

時々、切なくなる。

 

 

 

| | コメント (0)

昔の話

私は写真撮影がけっこ好きである。
小学生のころから撮り始め、外国のファッション雑誌をよく見てたので、ポージング決めた写真はそこそこ上手であった。
一時期、いわゆる同性愛好者の友達(写真クラブのお仲間、都銀の銀行員)から頼まれて、彼らの仲間内の撮影をしたことがある。
写真クラブの友人の代役である。
友人は、いわゆるゲイであった。
都市銀の行員であったので、多忙になるとなかなかその手の撮影に行くことができなくなっていた。
当時支店長さんであった。
彼には、新宿の店に連れて行ってもらぅたことがある
入るなり、「この人、のん気、今日は見学」といわれた。
革のコート着て長靴だったので、その手の人には同類と思われたようである(w)

 で、日当なしで、要は、タダ働き

こちらとしては、貴重な人と接触できるので楽しかった。

同性愛になった契機を聞いたら結構面白かった。

大体、昼めし、お茶が出た。

男性でも、男男した人もいたが現実的には、なよなよした人、筋肉質な人もいた。
で、なよなよした人が男(役)で、筋肉質の男が女)(役)というのがあって面白いと思った。

同性同士いわゆるパートナーたちである。
最初は、服着た男同士から始まり、女同士も撮った。
撮影をしても、フイルムをそのまま渡すので、撮影結果は、よく判らなかった。
後日、友人を通してよかったの悪かったと云われる。
悪かったといわれなかったので、次から次へと頼まれた。
ある時、銀座で適当にスナップを撮っていたら、若い夫婦に声をかけられた。
男性は、ゲイの人で写真を撮ったことのある人達のの片割れであった。
写真家の先生と紹介されて、スナップを何枚かとった。
友人を介して渡すと、一度会いたいといわれて、数日後にあった。
すると、会社にも、親、妻にも秘密全部秘密といわれた。
形式的な外観を保つのが苦しいと言っていた。
それから、数回会って話をしたが、悩みは、非常に深いことが分かった。
でも、話を聞いてもらうことで、救済を得られるといわれて嬉しかった。
懺悔の様なものである。
撮影は、何度も行うが、ポーズはこちらの希望通りでいいという。

ヘルムートニュートンの撮影ポーズを真似たこともある。

変態的なボンデージはたくさん撮ったが、足が長いとかっこいいことに気が付いた。
で、そのカップル、男も女も、表では結構有名な人が数人いた。
撮影現場に行き、代役ですというと、顔がこわばり、
「あなた、秘密は守れて?」
と何度か聞かれた。
女優さんと、俳優さんで有名な人がいたのは驚いた。
後から、友人に聞くと、その話はタブーだから他言無用といわれた。
女優さんが、ラブシーンで俳優さんと絡んでいるの見ると、気持ち悪いんだろうなと思った。
後日、別の撮影でスタジオに行くと、その女優さんがいた。
挨拶すると、この間の良かったわと
良かった理由を聞くと、エロくて良かったと。
映画を見たことを云うと、表面上は、出してないといわれた。
それに、ばれたら、干されちゃうと言っていた。
男に、触られると気持ちが悪いとも言っていた。
男の方は、女が気持ち悪いと言っていた。
お互いさまと思う。
だから、ジェンダーがどうのこうのというのを聞くと、
好きなもの同士なら、
周囲が気味悪いと思わないなら
どうでもいいと思う
ゲイパレードを見ても、何の感情のない。
権利主張をすることばかりがクローズアップされているのを見ると不愉快である。
共産主義ファシストが利用しているのを見るのも不愉快である。
身勝手な主張をさせてもらうと、小さく自由に生きていて欲しい。
ちなみに、都銀の友人は、数年前に、男性のパートーナーに看取られて癌で亡くなった。
パートナーとは、養子縁組をして家族になっていた。
お互いに、死期が近くなったら、生き残る方の養子になると決めていたそうである。
死んだことは、封書で来た手紙で知った。
死後の飾る写真は、私が、御嶽山で撮ったスナップ写真を使ったそうである。
お気に入りだったそうである。
これを読んで、写真を撮る趣味を持っていてよかったと思う。

| | コメント (0)

局地戦は勝ったかな?

とりあえず、今回の局地戦は勝った気がする、あと数年勤務であるが、やる気はない

実を言いと、3年まえに折れかけて、2年前に折れそうで、去年、最後の力を振り絞って、病気になりながら頑張ったが・・・ダメで

とうとう「心が折れた」

そこで、去年は、やる気なし

ただ、生きがいを勉強の方に求めて正解だった。

傍路をずるずると歩んでいたのを、いきなり本道にした。

だから結構、こちらへの気分は頑張る気が出た。

仕事は何をやってもどれだけしても認める気がないとわかったので、もう、巡航速度で行こうと。

責任もたされるのも嫌だしね。

まぁ、どうでもいいやだった。

副支店長は、他の局からの来てる者で、おばはんである。

傷をつけて返すわけにはいかない存在である。

それに、根本的には、パワハラ体質である、自説を曲げない、意見を押し付ける、非効率な目入りを下す。

この年になって「伸びしろがある」と言われた

2時間6分の面談中、6回言った。

初手は、13分23秒に言った

「伸びる余地がある」といったと主張しているが、それは10回以上言っている。

これは、「伸びしろがある」というのと「伸びる余地がある」というのは同じ意味で、嘲笑軽侮しているに他ならない。

これには、激怒したふりををした

この面談は全部、録音した

「私、そんなこと言っていってません」とほざいているが、出すところに出してやろうかという気もある。

その辺も含めて、通常業務時のパワハラの実態について記載して送付した。

私が、言ったことは実行する、有言実行型であると気が付いたのは、支店長

ついでに、他の者も気が付いたようである。

おかげで、局地戦には勝てた(と思う)

体調が悪かったがこれでよくなることを祈念したい。

 

| | コメント (0)

時々、死にたいと思うのはおかしなことか?

時として、死にたいと思うことがある。

でも、子供の事、親の事を考えると死ぬ勇気はない。

今死ねば、嘲笑軽侮の対象である。

なんとか見返してやりたいと思う。

能力があっても、認めてくれない職場いる必要があるのかと思うこともある。

でもプライドよりも金である。

生きていくためには金が必要だから働いている。

でも、モチベーションは下がる。

モチベーションがさがったのは、3年前である

2年我慢した

2年前の冬、また発病した。

無理はしたくない。

でも半年頑張った.最後の4か月は本当に頑張ったと思う。でも評価はしない、というかしてくれない。

私の何が、いがいけませんか?

正々堂々と、間違いを正すことですか?

明らかな正論を言うからですか?

毒を含んだ言葉を投げるからですか?

OBの不正な要求に、断固とした態度で拒絶したからですか?

上司の不正を暴露したからですか?

無能な上司を揶揄したからですか?

事案をすべて暗記して説明することが気に入りませんか?

会話をすべて記憶して、文章化することが気に入りませんか?

大儀を語ることは、間違いですが?

不正なことを注意することは、罪ですか?

不正なことを止めないと告発するというは罪ですか?

事務量を計算して事務を進めることは罪ですか。

若手に指導もできない隣の課長を差し置て、若手の指導をすることがそんなに腹が立ちますか?

自分たちの知らない世界で生きている者が、そんなに嫌いですか?

エンジンを組めるのがおかしいですか?

経営論、産業生産論から事務の効率化を訴えるのは変ですか。

生産管理に似た手法で、自部の事務量管理をすることは変でしょうか?

現実と法律のは境を考えることは変でしょうか?

理論的に考えることは間違いですか?

仕事をしない上司を叱咤激励して仕事を手伝わせるのは誤用でしょうか?

本当に、いやになるわ。

下がったモチベーションはもうもどらないと思う。

研学の徒に戻りたい。

そう思う今日この頃である。

| | コメント (0)

電話

調子悪くて寝てたら、わけのわかんい電話が・・・・
爺さんの声で「もしもし」

私「はい」

爺さん「××か?」

 私「いや、違う」
爺さん「〇×かいかのう」
私「いや、違う」

爺さん「▽▽かいかのう?」

私「いや、ちがう。」
 爺さん「おまはん、誰じゃ?」
私「????どちらにお掛けですか?」
爺さん「・・・・」
私「何番にお掛けですか?」
爺さん「〇▽▽-×××▽-〇×××・・・」
私「全然違う番号にかけてませんか?」
爺さん「指が、ぎょーさん震えて、すんません、×〇サンでも・・・・」

私「違いますけど」

 爺さん「あの、わては、誰です?」
私「は?」
爺さん「家がわからんようになって、覚えてる番号押したんですわ・・・」
私「そこどこすか?」

爺さん「大通り」

私「なんか見えませんか」

爺さん「うーん、お城が見えるんやけど・・・」

 私「・・・・・なんてお城ですか」
爺さん「忘れた・・・紀州の殿様」
私「?????そちらは、何県ですか?」
爺さん「なにけん、わしゃ、サンケンですわ」
私「サンケン???紀州というと和歌山県ですか?」
爺さん「アー和歌山ですわ」
私「とりあえず、近くに誰でもいいからいませんか?」
爺さん「いてない」

私「で、どうしたんですか」

爺さん「家にかえれんんようになってしもた」
 私「もしかして、○○さん?(親戚)」
爺さん「そないなひと聞いたことないなぁ」
爺さん「あ・・・ここやここや」
で、電話きれた・・・・
なんだったんでしょうか・・・
徘徊老人を家族が見つけて
保護?回収?されたんでしょうか?
ちょっと怖い
かかってきた番号着信拒否にしときましたが・・

| | コメント (0)

ここ1か月ほど、岐阜市と周辺部で、横断歩道で車が止まる・・・

今日は、岐阜市内、各務原市内で信号の横断歩道を、計9か所渡った。

横断歩道に立っていると、岐阜市内4か所、各務原市内4か所

いずれも交通量は多い新岐阜駅付近各務原線沿い

①神社近く7台通過、手前の車道で、8台目エクシード停車(岐阜ナンバー)

  通過した7台、軽自動車3台中2台老夫妻風、1台、中年のおばさん)普通車2台(老人2台)、配送トラック1台、バン1台

②JR本線高架近く

  通過した車両 3台(軽1台、普通車2台)

  4台目来ず、渡る。

③名鉄各務原線某駅近く(幹線道と交差している東西道の南北交差点)

  9台通過(軽自動車6台、全部爺さん、ばあさん)、バン1台(会社の看板あり会社員風)、ダンプ1台、大型トラック1台

  10台目来ずようやく渡れる

④上記復路

  8台通過(軽自動車3台 爺さん1台、おばさん1台、郵便局1台、普通乗用車3台(爺さん2台、おばさん1台)、普通トラック1台

  8台目で、目の前の車線は、停車、社用ぽいエクシード

  9台目、向こうの車線を、頭下げながら普通車(おばさん)通過

  10台目来なくて、渡れる。

⑤各務原市市役所駅近く

  25台通過(普通車20台・・・内訳ほぼ爺さんばあさん)、5台ワンボックスうち一台「各務原市」と記載、4台個人商店風)

  遮断機降りたので通過できた

⑥上記復路

  目のまえの道路は、2台目で停車、1台目老夫妻そのまま通過

  2台目、カローラバン会社員風

  反対車線、6台通過

  2台目停車後、6台通過・・(軽2台、普通車1台、軽トラ3台 爺さん、おばさん)

  7台目、横断歩道横断中に、急ブレーキで止まる。爺さん・・・

⑦川崎重工業近くの横断歩道

  2台通過、大型トラック2台

  3台目、川崎重工の社用車停車

⑧各務原飛行場東の横断歩道

  3台通過(軽自動車2台、老人、おばさん、トラック1台)

  4台目、パトカーは、当たり前ように止まる。

  反対車線も止まる・・

⑨岐阜車体近くの信号の横断歩道

  小学生2人と私、待つことしばし

  35台以上通過(途中でカウント不可・・・)

  大型トラック(三河ナンバー)がようやく止まる

  反対車線、ぜーんぶ無視・・・・約3~4分ほども待った。

  信号の流れが悪いのでどちらかにほとんど車が流れる。

  トラックのスマホ運転は危ないと思う。

岐阜中警察署、岐阜南警察署管内は、最近止まってくれる感じがしてきた・・・延々と10台以上通過と云ことはなくなってきた。

でも基本、老人、おばさんは止まらない、減速さえしない。

最近車の交通量が少ない感じがする。

ちなみに、羽島警察署、各務原警察署管内は、ほぼ止まらい。

人もいなければ、車もいないような場所では、100%止まらない。

羽島市内の交通量の多いところでの信号のない交差点は少ないが、場末の様な所は止まらない。

こんなのところを飛ばすなよ云いたいところを飛ばしていく・・・

しかし、羽島の南部は、東西の線は車の行き来があるが、南北線は車通りがない・・・人もいない・・・

いても農作業中の農家の人ぐらいである。

旧村落部分でも、市街化調整区域・・・既存宅地でもない・・・売れんはなぁあという土地がごろごろしている。

昼間、車で移動しているのは、老人しかいない。

信号交差点で、横断中に目の前を通過されることは少しは減った気がする。

岐阜駅、西岐阜駅の間の南北の信号名のない道路は、まず止まらない

県美術館近くは、半々ぐらいの感じ、基本止まる感じがしない。

まあl少しは、交通マナーが向上しつつあるのかなぁ・・と思う

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

新聞社に思う事など

最近新聞(地方版)を読むと、なんか、イラっとする事が多い。

夕刊紙?のゲ〇〇イみたいな、願望を中心にした記事も、くだらない。

書いてある内容は、いわゆるフェイクニュースに類するものである。

「〇の真相」に近い存在である。

先日、ある地方新聞を見出しで読み始めたら・・・・・肝心要(かんじんかなめ)の部分の記載がない・・・

つまり見出しの説明がない・・・

ちょっと、イラっとする。

日〇経〇新聞は、内容がダメになりつつあることが良くわかる。

他の新聞とは違い抑え気味ではあるが、「共産主義ファシスト」への憧憬を隠せない文章が垣間見られる。

そうして社説では、相(あい)も変わらず偉そうに「〇〇しろ」とか「しなければならない」的な文章が並べている。

社説でご高説を述べているが書いてて恥ずかしくないか?

米国の外交政策について、語る語る。

日本の経済紙が何を偉そうにと思う。

時々、日本の新聞は、基本的に自称「リベラル」(共産主義ファシストが、民主主義的姿を仮装するときの隠れ蓑としてしての左翼の言う「リベラル」であるから、本来のリベラルとは程遠い存在である。)を標榜している。

最大公約数的なの基本路線は、「政府を困らせたい」である。

そうして基本路線は、「基本的に全部悪い」と書きたいのかなぁと思う。

特に、ここ数年思うのは、日〇経〇新聞の基本的な路線は、こんな感じである。

景気は、基本的に悪い(時々、よかったと書く)、

オブラートに包みながら政治は悪いと書く。

野党の先生の悪行は書かない、犯罪行為も余ほどのことがなければ書かない。

書いても悪く取られないように忖度して(笑い)書く

アメリカは悪い。

トランプは悪い。

中国北朝鮮は、悪いように書かない。

野党の意味不明な主張は取り上げる。

政府の意見は取り上げない。

曲解して載せる

公務員は規制の象徴だから悪い。

ベンチャーはえらい。

起業家は、ほめる、でも偉そうにするとこけそうになると叩く

(中国風の「水に落ちた犬は叩け」という風潮であろう)

女性の社会進出はもっと進めよう。

セクハラ責めよう。

左翼の人のセクハラ、共〇党の除名原因の「破廉恥行為」は、ほとんど書かないか、抑えて書くていて続報を載せない。

外国人の犯罪、悪行、弊害は、隠そう。

元外国人の政治家を持ち上げよう。

民族色の強い関係者はクズだ。

人種差別はクズだ。

性的な倒錯者はいい人だ。

男は弱くていいんだ。

最後に、日〇経〇新聞はえらいんだぞー

である。(これは、すべて私感です、笑い)

新聞報道も、テレビ(うちにないけど外で目に入ると)報道も何が言いたいのかわからない。

悲惨な殺人事件に群れる

被害者に群れる

被害者の関係者を責める、責める

できない相談を、質問する。

被害者の生前の姿をさらす、さらす、探す探す・・・・

ところが、それは全部金儲けのためです

視聴者を増やす、読者を増やしたい、一時でも雑誌を多く売りたい・・・

現在は、一般の多くの人の目が、ネットに転嫁された形で表現される。

多くの一般的な人は、「金儲けのために報道している」という姿勢を感じている。

SNSで、報道に対する悪意のある目も、報道側と同じように、場面の切り取りでマスコミの姿勢を責める。

悪いマスコミの姿がSNSで流布される。

SNSの住人は、報道姿勢、報道に対する態度に、多くの人が共感する。

ある田舎の市内の病院で老人が多数亡くなった事件があった。親族のいる人は、冷房付きの部屋へ

親族がいなくて、文句言わない静かな人は、熱い部屋に・・で多数亡くなった

当初は、ものすごい数の報道陣がいた・・・道路にあふれていたが・・・事件性が薄らぐとういうか、生活保護者の様な老人が多かったことがわかると・・・1週間後・・・・報道陣は誰も残っておらず、病院側のマスコミ向けの張りむなしくひらひらしていた。

2週間後には・・・・以前のような、やっているのかやってないのかわからないような病院に戻っていた。

路上では、入院患者の爺さんがタバコをスパスパ吸っていた。

そうなると、お涙頂戴は使えない

高齢者の生活保護者が多数入院してる病院・・・・生活保護者を批判することはタブーである・・・

面白くないとすぐに撤退である。

金にならないからである。

ある意味金の亡者でありながら、最近は殿様商売ができない。

そこで最近は、マスコミ(報道、紙媒体)は、ネットで自分たちを安売りしている。

漫画なんて笑ってしまいたくなるような安売りである。

安売りで、読者が確保できると思うのか?

稿料が払えるのか?と、いらぬ心配をしてしまう。

ネットでの読者を増やす行為は、販売管理費の削減に役立つでも結局、月額何百円で読み放題というのはいかがなものかと思う。

悪い見方をすれば、漫画雑誌の原価はいくらなんだと思う。

まづ?ネットで有利なのは、小売店のマージン、印刷代、輸送費がかからない。

それらを除いて稿料を払い、データ化料金を払い・・・原価はいくら?という気がする。

漫画雑誌併売でネット化しているので、ネット専用漫画と比べると読みずらい、ネット専用は、漫画雑誌の見開きのオオコマ…の感動はない。

でも結局、実売漫画の利益を食う形での安売りという感じがする。

自分で自分の販売奨励金を出しているようなものである。

結局、安売りをしている気がないのではないかと思う。

コンテンツの充実という名で安売りをしている気がする。

安売りは、結局のところ首を絞める。

閑話休題

ある人から、ある業者が税理士に勧められて、家賃を年間何百万円も払うぐらいなら・・・土地を買い建屋を作ることを進められたという。

複数の部屋を借りて、家賃を払うぐらいならということだと思うのだが。

家賃を払うのと、借金とは違うのである。

家賃は部屋を解約すれは、通常の規約で行けば、2か月後には確実に減らすことができる。

借金は、支払い方法を急激に下げる方策はあまりない。

1年目での見直しはほぼ不可能である。

例えば、年間600万円家賃を払っていた。

何千万円と借金をして、家賃分の年間600万円は払えると試算するのは、バカである。

家賃の支払いと借金の支払いを等価で考える税理士は、バカである。

いつも思うのは、先を見とおせないのが商売である。

年間600万円の家賃を払っていたら、借金の返済は600万円払えると考えるのがバカである。

売り上げの変動予測なんてできるわけがない。

リスク配分で、返済は、家賃の支払いの半分程度の抑えて300万円で契約する。

当然、途中で繰上済をできるようにして置くべきである。

基本的発想は、300万円浮かせたと考えるのではなくて、年間300万円へ返済して、別途プールしておいた金を繰り上げ返済に充てるという方式である。

半年でも1年でも返済をした時点で、半年分、1年分プールした150万円、300万円を繰り上げ返済に充てる。

それは、商売をしていたら、不急不測の金を要する場合がある。

半年置き、1年おきに毎回できないかもしれないが、300万円プラス繰越返済何百万円を行うことで、将来の支払う総額を減らすということを考えるべきである。

支払いが減ればの精神的にも金銭的にも楽かと思う。

まず、家賃の年間600万円をそのまま借金返済できると考える計画が正しいかどうか考えるべきである。

ある小売店さんは、自宅の改築20年ローンを組まされたそうである。

最初5年で組みたいと言ったら、某愛知銀行は無理と云ったそうである。

で結局20年ローンを組まされたが、7年で完済した。

最初の2・3年ぐらいで、繰り上げ返済を行うと、将来払うべき利息何百万円単位で減

銀行は、基本「利を稼ぐのが商売」である。

細く長く利息を払っているくれる人は良いお客さんである。

しかし、お客さんは可処分所得がその分減るのである。

つまり、銀行は得をする。

が、

借り主は損をすると考えられる。

すると、どうなんだろうと思う。

税理士や公認会計士、経営診断とかの人は、万能ではない。

経験則的に、銀行の方針がわからなければ対応はむつかしいと思う。

別段、税理士や公認会計士がえらいわけではない。

日所に深い知識があるかどうかもわからない。

別段決算書を見ているわけではないので何とも言えないが、このタイミングで、なぜ、自社ビルを進めるのかよく理解ができない。

銀行は、基本的に金貸しである。

先ほども書いた「利を稼ぐ」のが商売である。

自分たちが損をすることはしない。

「損をして得を取る」などという美徳はない。

閑話休題

新聞屋が、国民の代表と自称したことについて多くの人が失笑気味の笑った。

新聞社は、自身の「利を得る」、つまりは、現在は減りつつある読者を減らさない努力をしている。

SNSで過激な投稿をしないと読者が、離れるのを防ぐために、どんどん過激になるのを抑えられないと同じである。

某中〇、〇京、朝〇、毎〇新聞のトランプ大統領訪日の記事のひどいことひどいこと・・・大丈夫かと思う

彼らの気分は、反米、親中、新韓である。

実際の多くの人々が、反米化というと、そうではないだろう。

どちらかといえば、20代から50代前半は、反中、反韓であろう。

朝〇新聞の読者だった三十区は、本当に、反米、反トヨタであった。

トヨタ車に乗りながら、反トヨタである。

内心は、バカ?じゃなかろうかと思ってました。

新聞社、金貸しの銀行は、基本、自分が得することしか考えていない。

我が家には、「まともな人間なら、株屋、金貸し、羽織ごろにはなってはいけない」という家訓がある。

今でいう、証券会社、金融機関、新聞記者

みんな、他人の不幸で儲けている。

他人の不幸を飯の種にするそんな人に

はなるなと言われた。

それを述べたのは、祖父である。

老いた人は良いことを言ったような気がする。

| | コメント (0)

人事考査の苦情

本省のどなたがが何かの検索でうちのブログに来たことが判明・・・ドキドキしてしまう。

1回だけなのでどうでもいのだが・・・

ご覧になっている方の半分は、検索流入・・・知り合いの大学の先生が来てたりして最近怖い・・・

トヨタ自動車のどなたかはコンスタントに来る

ホンダも来る・・・何を読んでんだと思う。

日産は最近止まった

時々、延々と各ページを読んでいる人がいる

1回100ページ以上読んだ人がいる

最高は250ページ・・・3時間ほど読んでいたらしい・・・

何を読んでんのか断片的にしかわからないが・・なんだろうと思う。

先日、人事評価での普通の評価をいただいたので・・・ついつい文句を言ってしまいました。

文句は、「苦情」に変換される。

おまけに、文書様式はあるが、ワードもエクセルも文章データがない・・・書くことを前提としていない。

よほどいう、苦情(ここでいう苦情)をいう奴がいないのか

この文句は「苦情」であり

「苦情処理」ということになりました

今回は「業績評価」・・・どんだけ仕事をしたのか・・

次は、「実積評価」・・・・どんだけ仕事をしたのか、指揮能力があるのか・・・を見るらしい

でである、この業績評価は、バカ上司の面倒を見ることは含まれないらしい。

おまけに、間抜け新人の面倒をみることも含まれないらしい。

うちのバカ上司というか、うちの爺さん上司は、今年で定年退職である。

残り1年で赴任してきた。

最初に、言った言葉が、「最後の1年なので楽をしたい」である。

ふざけるなという気分と

馬鹿じゃなかろうか・・・

思わず、「給料分ぐらい仕事してください。」である(上司が云うとパワハラです。)

この人、組合の専従の長かった人で、うちの仕事的には、能力が劣る

現地に行っても、「見てきたわ」

「何を?」と聞くと

「〇〇官職名の記録に書いたる通りだったわ」(〇〇:私)

「何にしにいったんですか?」

「いやぁ見といた方がいいかなぁっと思って・・・」

「無駄なことしてんじゃねぇジジイ」である

仕事は、個別指令方式というよくわからない方法で命令が来るので、その指示に従い仕事をおこなっている。

(バカの指示なので、非常に簡単で、あくびが出る程度である。低出力で仕事ができると思った。

処が、成績が悪いのである。

指示待ちをしている、勝手に仕事して越権行為といわれたことがあるのでの、基本的には越権に当たることはしない。

すると、つまらん仕事ということになる。

しかも、指示内容がプアである。

指示の内容を聞いて、あまりにも足りないのえ、「いいですか?」聞いてから

不足附部分を進言して、補正して仕事をしていた。

すると、私一人では足りない。

暇に仕事をしたい上司は本当にボケた仕事ぶりをする。

おまけに、過去の記録をまともに読まずに、憶測で

「こんなもの、○○だろう、○○だろうから・・×で良いんだろう」

私、「記録読みましたか」

上司「よんどらん」

私「過去の資料に書いてあったでしょう、読んでませんか?」

上司「さわりしか読んどらんでわからん」

私「憶測でモノを言う前に中身ちゃんと読んでから質問したらどうだ、爺さん」

上司「すいません」

私「管理職手当もらってんだったらちゃんと仕事ぐらいしたらどうだ?」

上司「対して給料かわらんがや」

私「残業してチャボチョボだわなぁ」

上司「・・・・」

私「質問するなら、全部きっちり読んでから質問したしろや、ジジイ」

この上司、胃がんで、胃を何分の1か摘出している。

でもタバコを吸う

医者はやめた方がy問いといったらしいが、ストレス解消のためにタバコは必要と述べて吸いに行く

仕事に対する姿勢は、時間を効率よく使うという観念は皆無

高速道路で、1時間で行けるところを、2時間かかっていく・・・

往復で、2時間のロスである。

高速に乗らないのは・・・病気ではない・・・単にハイウエイカードを借りるとその手続きが面倒というだけである・・・・

基本今年の仕事は、時間つぶし的に仕事をしていることになる。

また私が帰って、報告が済むと‥延々と雑談モードで話をすることがある・・・記録を作成するのは時間外となる。

時として主唱にも、「俺行ってこようか・・・」とおっしゃることがある。

そこで「これお願いします」というと

お願いした「部分」のみ、ほんの端緒にもならない部分をさらりと・・・調べてくる。

習慣的に調べるであることは全く調べない・・・・

する、追加で、これとこれとこれとこれをお願いしますというと、

「言ってくるわー」といって、わざわざ下道で行く・・・・要は時間を効率よくではなく、単に時間をつぶすために行く感じである。

現場で、調べたときに疑問に思った点を追加的に聞くとか調べるとかすべきだと思うのだが・・・

「まあ、あとで良いかと思ったわ」である。

結局、後日、私が再調査ということになる。

ただ単純に、時間をかけてだらだらやる仕事は好きなようで、3月中は、そんなの仕事を頼んでやってもらった。

正直、勘弁してほしいと思う

こんなクズみたいなのが上司である。

このクズの面倒を見ただけでも優良をもらいたい気分である。

| | コメント (0)

昔の話など、一部加筆

アルバムを見てみた・・・

5歳ぐらいから12歳ぐらいまでのアルバムである。

修学旅行は奈良京都(当時としては、べたである。)

服装を見て驚いた。

まぁ、なんというか、男の半数以上はみんなジーパン、ジージャンである。

では自分はどうか・・どうかと云うと・・・チノパン(もどき)とフード付きの長めアノラックのようなジャンパーである。

別の家族旅行は、ジーシャンジーパンであるから持ってなかった訳でもないが・・・やはり同じは嫌だなぁという気が働いたのかもしれない…天邪鬼だからねぇ。

女の子の服装はカラフルで、なぜかチェック柄が多い

普段、結構地味目の子が・・・派手な色を着ている

みんな幼い。

今見ても、見てもほとんど名前がわからん。

 

判るのは少々いる。

仲が良かったか、嫌いだった奴である。

仲の良かった子は名前、嫌いだった奴は、苗字である。

私は、幼稚園ではなくて、保育園だから、小学校に上がった時にカタカナが上手く読めなかった。

(おかげでものすごく恥をかいた気がしたので、その後猛然と勉強した・・・とはいえ、興味の向くことは勉強するがそれ以外は全然だった。)

保育園(給料安くて、貧乏だったので保育園でした。)の時の写真に、母親ご丁寧に名前を書いていてくれた子は判ったが、それ以外は皆目わからない・・・名前を見てもだらが誰やらわからい・・・

ちょっと頭の弱かった‥この子

特殊学級ではないが、ちょっと反応が悪い子がいた。

特殊学級の子は怖かった

ものすごい勢いで怒る

「バカ」と云ったら家まで追いかけてきて、謝れという

当時、特殊学級の先生は浅岡(浅丘?)という先生だったが、この人、産休補助教員だった。

産休の絶えない学校で、結局3年ほどいたが、産休補助教員でも、何年か勤務すると、本採用の試験が受けられた様で、3年目の終わりに本採用になった。

でも何回か、課題を提出しなければならなかったようである。

そんな中で、美術関係の課題は、ほかの先生が造ったものを提出していた。

私の担任だった黒田先生(美術系出身)が、何回か教室で作品を作っているのを見たことがある。

美術関係の課題は、浅岡先生は、美術が不得手と云うことで、うちの担任が造っていた。

土曜の午後、先生が教室で内で作業をしているの見たことがあり、他言は無用と云われた。

忘れもしないのは、蝋燭の蝋を垂らしてドットを作り渦巻きの模様を作っていた。

ほかの先生に見られると困るからと云って、教室で作っていたのでよく覚えている。

考えてみれば、産休補助教員自体が、免許はあるけど、採用試験に受からない人である。

偉そうに、馬鹿の前で訓戒を垂れて、私に無理やり、謝罪させた。

何となく、くるくるパーは怖いと思うようになった契機でもある。

普通の先生だと思っていたら、産休補助教員と聞いて、何となく、気分的に馬鹿にした感じを持ったことがある。

それは、産休補助教員て何?と聞くと、親は、教員関係者であるから・・つらつらと答てくれた。

ついでに、そのころ、私の親は、先生たちを管理する仕事をしていたので、帰宅後再度聞くと、制度についてつらつらと教えてくれた。

この先生、うちの親の勤務先を知ると態度がコロッと変わった。

ここで、大人は自分の為には嘘をつき、ズルをすると思った。

嫌な小学生である。

変な中華料理屋と云うか中国料理屋の子供…ベビースターラーメンの図柄そっくりだったI君

9

珍奇な中華料理屋で、なぜか2店舗並んでいたうちの1軒を親父さんが経営していた。
バリバリ昭和な、なんかちょっと変な中國料理屋・・・安っぽい机、ボロッチイ丸椅子。

べたべたするようなビニールカバー

隣の中華料理屋を正当派に類するなら、和風テイスト満載な感じだった。
彼が住んでいいたのは、川向うのものすごーくぼろい集合住宅、母親はいなかったのではないか?

本当にぼろかった
中学は、いわゆるマンモスこうだったので10クラスもあった。
クラスが変われば疎遠になる
ある時、奴の親父さんの店に閉店の張り紙・・・ほどなくして‥隣の中華料理屋がその部分を借りて店舗を拡張
ほどなくして、件のアパートの近くを通りががったので、彼の住んでいた部屋を見に行った(野次馬根性)
部屋はもぬけの殻であった・・・そこに住んでいた小汚いおばさんに聞くと、先週引っ越したという、そうしてこのアパート自体が取り壊されると聞いた。
どこのクラスか知らなかったし興味もなかったので、行方を追う気もなかった。
結局、転校したことを後から聞いた。

また、H君とい彫金師だった人の子供がいた。
このお父さんに最初の結婚の時の指輪を彫ってもらったが、後年、かのお父さんは失明して、どこかへ行ってしまった。

Y君と云う子がいた。
うちの親は、結構、友人関係にはあまり文句を言わない人だっが、ある時突然、Y君とH君とは付き合ってはいけないと言い出した。後に判明したことは、Y君は、スーパーで万引きをして捕まった。

その捕まった場面を親が見たようである。

その後も何か悪いことをして捕まったと聞いた。

H君は、彼の家の近くの資材置き場の材木への放火犯であった。

H君は、男三人兄弟の末っ子で、上の二人はものすごく勉強もできていい人であった。

H君は鬼っ子で、出来がものすごく悪かった

よく、映画なんかに出てくる出来の悪い末弟を地で行くような人だった。

この二人は本当に悪かった

二人とも、中卒で働いて、結局、放火犯はヤクザになり死んでしまったという事である。

親族には随分と迷惑をかけたという事は聴いた。

ちなみにY君・H君宅はもうない。

勉強の良くできたM君は、後に東大を出て銀行に行った、現在はどこかの証券会社にいるらしい
お兄さんがいたが、この兄さん、途中(高校)までは良かったが、結局いい大学には行けなかった。
彼の母親は、この次男坊が自慢の種である。
彼の家は兄さんが継いで住んでいるようである。

同級生の女の子の行方はほとんどわからない
Facebookで、現況を知りえるのは1名のみであとは知らない…と云うか興味もない。
うちの小僧さんと同学年だった子の母親の一人が同級生だったが・・・保育園で会おうが、小学校で会おうが・・話した事がないので現状は知らない。彼女とその家族が中学まで住んでいたアパートは20年以上前に取り壊されて宅地に替わっている。

中学のころ、定期試験中に、ゲームセンターで朝鮮人と喧嘩して補導されたMN君は、外国人の奥さんがいるらしい。
これも、彼の保険証を拾ったことで分かっただけである
住所は違う場所だったが、旧宅に行くと、彼が出てきた・・・
名のならずに、「これはあんたのかと?」と聞くと
「そうだと」というので
「じゃあ」と云ってそのまま帰ると、四時間ほどして菓子折りを持って礼に来た。

また、不良だった男・・苗字さえ思い出せないは、チンピラになっていた。

そういえば、カリスマ講師になったのが一人いた。
高校の教員になったとは聞いていたが、いつの間にか講師に転身していたらしい・・

F君は、中学に上がると家庭環境の急激な変化で、疎遠になった。


ちなみに私をいじめ、苛んでいた女教師は存命だと聞き、ものすごくはらが立った

| | コメント (0)

さようなら・・・

私の車人生は、平成とともに始まりました。

で、今日はちゃんと、MTカローラ・・我が家の17台目であるで、トヨタ博物館へ

今日は・・・すいてるかなぁ・・・で行くと9時半で第一駐車場満杯。

11時に図書館から眺めると、第二もいっぱい

12時15分に来たお友達は、第四駐車場へ・・・

いつもなら2時半過ぎにはガラガラのレストランが・・・30分待ち・・・

メニューも、ほとんど残っていない状態・・・・すうげえぇなぁ

である

聞けば、9時半に本館前から新館迄長蛇の列であったとのこと

図書館で資料を漁っていたが・・・子供がうるさくて断念・・・

御友人と、12時20分ぐらいから16時まで談笑

今朝疲れていたので、今日は、模型は作れんなぁと思ったので、TAMへ

瓦斯電関係の資料を見つけて喜んでみてました。

58549595_2163908750351442_91640258838606_1

59462798_2164129020329415_28475751799476

58689427_2163908707018113_25443196681647

で、帰宅し爆睡・・起きたら20時・・・・平成最後の日に‥何をしてるんだか?

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧