思う事

最近、テレビの報道姿勢がひどいと思う。

獣医学科の設置問題を、あそこまでよく捻じ曲げて報道できるものだと思う。

マスコミの自分たちの都合の悪い事、つまりは、前川元事務次官の自作自演は擁護するが、安倍首相が全然関係ない点が判明するような証言は一切無視するのである。

民進党に都合の悪い事は報道さえしない。

旧民主党政権時代の始まる前のTBS等の菅●人をよいしょする態度はひどかった。

だいたい、市川房江の様に、婦人の権利拡大の為なら、軍部と手を組んだ奴でも何でも利用できるなら利用したのが、菅直●である。

大震災の時に、バカな対応をしたことで化けの皮ははがれたが、まだ国会議員で存在している。

民主党政権は、中国人を閣僚にして、中国の頑張っている分野で日本が先んじることがないように策謀をめぐらした。

小●一郎は、新明和の飛行艇(US-1)の設計図を無償で中国に渡している。

中国は、独自開発と云いながら、US-1のまるっきりコピーの機体を製造している。

飛行艇の設計も運用もしたことない国が、いきなり作れるわけはないのだが、小沢●郎が手土産気分で、渡している。

許し難いことではないか?

前川事務次官は、自分が首になったことを逆恨みしている事はよくわかる。

天下り先の確保、要は自分の天下り先を確保することも目的だっただろう。

事務次官で、風俗店通いをしていた時点で、通常、役人としてアウトであろう。

しかし、役所で風俗大好きな人もいる

金津園へ毎月1回から2回必ず行っていた人もいる。

でも、仕事はそこそこで、飲みは付き合いが良かったので、ぐんぐんと出世して、支店長で定年になった人もいる

仕事の出来不出来でなくて、飲める飲めない、飲んで仲良くなれる

つまりは、自分に、逆らわない。

決定的なのは、自分より頭が悪い人間を登用する。

例えばある職場には、35から40代の職員がいない

その年代の人は、全体的な採用の減少時期で、その年代は人手不足である。

基本的には本店は機能さなければいけないので、当然の様にその年代は本店勤務となる。

割を食うのは支店である。

15年ぐらい前に、時の本店の課長が、10年後から支店には、中堅どころは居なくなる

年寄りと、若いのしかない無くなる。

だから、若手の促成栽培をしなければならないとといっていた。

が・・である

促成栽培した優秀な若手は、こぞって本店へ引き抜かれて行く・・・

支店いいるのは、所謂カスが多い。

うちの支店は、隣の一般担当は課長を入れて6名

新人2名、

出向者1名、

入って5年くらいで、育児で時間短縮のおねえちゃん1名、

本店から来たおばさん(支店経験ほとんどないから戦力外)

課長も本店が長いので・・・・どうなんだろう

プロパーは、うちの独立愚連隊の2名のみ・・・・

うーん

先が思いやられる今日この頃・・・ではあるが

となりの課長は、独立愚連隊は関係がないと言い切るので、自分お仕事だけしておけば良いかなぁと思う。

閑話休題

マスコミの姿勢がひどいのは今に始まったことではない。

印象操作をする。

民主党政権ができたときに酷いの一言に尽きるのである。

何となく、夢よもう一度、という感じでもある。

朝日新聞もひどいが、中日(東京)新聞がひどい。

まさに印象操作に終始していた。

現在もそうである。

しかしね、ネットのお蔭で、国会中継もネットで見られれて、新聞の書いてる嘘がどんどんばれて来た。

マスコミには、報道しない自由があるそうである(笑)

自分達が支援するグループの都合の悪いことは書かない、報道しない。

自分達が嫌い根連中の事は、どんな些細なことでも、ウソでも何でも書き立てる

そうして真実ぽく見せる。

それを流布し続ければ事実になると思っている。

慰安婦なんて言葉もそうである。

朝日新聞の書いたウソが、流布して、半島に強請りのネタを与えて喜んでいる。

嘘だとばれても、小さく訂正したのみである。

昔から、ねつ造は得意だから、現在進行形でねつ造することは気にならないのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

外資系企業のおはなし その2

外資系にご勤務の30代後半のお嬢様の愚痴

ちなみに、結婚したことありません、する気もない。

彼氏、いたことはあるけれど、べたべたしてくるとダメ。

基本は、一人が好き

友達・・・うーんいないような気がする。

私の立場は?と聞くと・・・

「人生の師匠じゃないですか・・・・」

はあ、ダメな方ね・・と云うと、

「ううんそんな拗ねちゃダメ」

転がされていますがされてます(w)

彼女は、本を読んでいるのが好きだそうである。

まあ、私の書いたブログ(小説関係)を読んで連絡をくれた稀有な人の一人です。

だから、本読んでるのも好き

一人旅も好き

あんまり寂しいと思わない。

フラット、海外旅行に行くこともある。

基本は、「おひとりさま」で十分と考えている。

「なんか、べたべたされるとやんならない?」である

外資系企業の基本?

「給料はイイよねー、ホント、内資と比べると格段いいと思うわ」

でもね、働いてる人、日本人ね、

外国人は、別よ、野心満々できているから。

だから、日本人なんて使い捨てできるツールぐらいにしか考えてないわね。

同僚は、孤独な人が多い。

友達がいないというか、表面上のお友達はいる。

親友なんて呼べる人は、居ない

本当の意味で、友達なんていないんじゃないかな。

勘違い野郎が多い

金融系の外資勤務の男連中なんか、ココはウオール街じゃないだろうと言いたくなるぐらいの勘違い野郎がごまんといる。

一番笑うのは、世界の金融市場を引っ張ってるのは、俺だみたいなことを平気で云うの。

バッカじゃないのて・・・

大体、彼女自身は、大学卒業の年に就職試験で、内資の会社30社以上落ちて・・・がっくりしていた時に、ある会社の人事の人から

「あなたは、協調性が欠如しているので、外資向きではないですか」

面と向かって云われたそうな・・・・

うすす感じてはいたが、はっきり言われるとなんだかな・・・吹っ切れたそうな。

そう云った人が偉いなと思うのだが・・・・・

そうして、彼女は、外資の試験を受けると、即合格・・・・

なーんかねぇショックだったわ・・・と

現在、2社目

で、今は、辞めたくて仕方がない

できれば、定時で帰れるところがいいなぁ

それにギスギスしてない方がいい。

公務員がいいなぁ・・である

人間関係が希薄なのだからから知らないけれど、風俗に入れこんでる人が多い。

行き着くと

奥さんが元キャバクラ嬢、

奥さんは、風俗店での経験あり、

究極は、元ソープ嬢というのもいる。

もう笑うしかないような状態である。

ある同僚のスマホの待ち受けが、ものすごく派手なキャバクラ嬢みたいだったので、

おもわず

どこの店の子なの?

と聞くと

「嬉しそうに、うちの妻だよ!」て

別の人の奥さんは、元ソープ嬢・・・・結構な売れっ子だったそうである。

店に通って口説き落としたそうな・・・・

はぁ・・・・

美人なの?と聞くと、うーんその辺にいるような子かな・・・・

部内の男の中で、5~6人ぐらいは、妻が元風俗関係・・・・なんだかすごいなと思う。

彼女にとって、今一番笑える対象のオトコがいるそうである。

上司で、バリバリ体育会系のオトコオトコした人である。

仕事もよくできる・・・

で、去年の年末に

不要な書類のシュレッターをした居るとこの人が来て

これもついでにやっといて・・・

彼のシュレッダー用の箱を渡された、結構な量でした。

て、内心は、「なんだよコノヤロー、自分でやれよ」と思いつつ

「全部、シュレッダーしていいんですね、中身確認しませんからイイですか?」

「あー、もう見てあるからいいよ」と言って背中を見せた

彼女は

「機密書類会っても知らないよ。その時は責任取らないからねー」と心の中で叫んでおいた。

年末で仕事も終わっていたので、暇つぶしで、シュレッダーをかけて居たのでねぇ・・・

下の方に、封筒に入ったビザカードの明細や、はがき状のが・・・ちらほら

どーんな高級なところで飲んでだろうと思って、明細を見ると

これが、居酒屋が多い

おひとりさま

しかも地元の店っぽい

地元のおっちゃん、おばちゃんで一杯になりそうな店に通っているの

まだ、時々ならわかるけど、支払明細のすべてが・・・そのお店の系列しかない・・・

時々、話に出てくるレストランは・・どこ?なんて考えちゃった。

それに、もっと面白かったのは、ノート

B5版のノートには、イラスト?とポエム?が書き散らしてありました。

イラストは、おめめキラキラなミニスカートなオンナの子の絵。

何時の時代の少女漫画だよと云う内容である。

目の中には、星

ひらひらの服

ミニスカート

ブルマー

眼の中に星が入っているマンガなんか、最近見たことがない。

彼女の感覚では、彼女のお姉ちゃんの世代の漫画よね、1960年から70年代のマンガかしら・・・

ポエムは、 中学二年生の男子が書くような、甘酸っぱーい女性へのあこがれぽいことが書いてある。

女性 経験のない妄想でいっぱいな感じのポエム

ちょっと読んだ瞬間、これは面白い!

と感じて自分のクリアファイルにこっそり入れました。

上司には、空箱渡して、

「全部シュレッダーしました、なんかノートとかありましたけどよかったんですか―」

というと

「ノート?」

一瞬間があって、「(裁断)しちゃった?」

「中身みてないから知りませんけど、全部シュレッダーしました。」

残念そうに「そうか・・・」

ちょっとかわいそうだかったかなぁ・・・

このノートは、持ち帰らせてもらい丹念に読ませてもらいました。

ついでに、ビザカードの明細も分析のために持ち帰りました(w)

途中で、落とすなんて、まぬけなことはしないからね。

うち帰って、読んだら、面白いくて

ゲラゲラ笑ったのよね

だからが、外資系の男=かっこいいなんて外見だけよ、外見だけ

服装にも気を使って外見もかっこいいけど中意味はナイと思っていい。

だいたい、女の子は、基本

スレンダー

美人(きりっとした感じ)

でなければ、ダメ

ものすごく頭がよくて、よくできる子でも

丸顔、ぽっちゃりしている、動きがとろそうと言ったら

その点で、まずダメ・・・

まずは、容姿から入るのよ、いやな会社でしょ?

だから、テレビなんかで時々、トロそうな子が出てくるけど、あんな子が採用されるなんてありえないわね。

続くのか?

20160730

20160731一部加筆(加筆筆要求がございました。)

| | コメント (0)

外資系企業のおはなし その1

外資系企業がひた隠しにしていることが沢山ある。

まぁ、ニュースソースはご友人である。

意外と多いのが自殺者

自宅で死んでみたり。

会社の中で死んでみたり。

一つに支社で年間に数人いるんだから困ったものである。

自宅で死んだ場合は、まあ、地元の警察にお任せ・・・

社内で死んだときには・・・・どうやってごまかすのか、あんまりバレない。

ある時、会社の資料室で首を吊った人が居たそうである。

彼女は、その資料室へ怖くては入れなくなったそうである。

でも他の人は、何事無かった様にスイスイ入るのである。

ほかの人とのランチの時にその話をしたら、

「昼間、幽霊なんか出ないし」といわれたそうである。

夜とか・・・というと

「うーん、電気付けてたら出ないんじゃない」

「自殺なんかする、ヘタレだから、死ぬのに全力で、死んだら成仏よ」ともいわれたそうな・・・・

彼女の友達は、入社して人事部へ配属されたのである。

そうして、最初の仕事が、辞めさせる人のリスト作成だった。

で、日本人の上司に云われたそうな。

「人事の仕事は、首切る奴を決めること」

彼女のお友達は、入社して半年ほどでやまめました。

会社には、成績で責められて、うつ病になる人が沢山います。

同じ部署で、と言って大所帯

大体、常時、数人はうつ病でお休み、長期休暇・・・行方不明な人が多い

来なくなる人が何人もいるのは、ちょっと異常だと思う。

如何してうつ病になるかといえば、陰鬱ないじめ方がある。

内資系の会社は、辞めさせたい人を無駄な部署へ移動させてやる気を奪って辞めさせるの常套手段なんですが、外資は違う。

目標設定をどんどん上げる、難しい仕事を与えて、与えて、与えていく。

できなければ、

「目標達成ができなら、辞めたら」と、さらりという

別室を作り押し込めるなんてことはしない。

大体途中で壊れて、居なくなって、段ボールに荷物を詰め込まれて、自宅へ荷物を送られるパターンが多い。

時々その荷物さえ、帰ってくる。

「宛どころ尋ねあたらず」

自殺して、両親が、退去の手続きをしているであろう部屋に平気で送る。

返戻されると、そのまま、放置で、最後は、廃棄

ちなみに、パワハラの証拠とかあるといけないから、一応、中身は確認する。

外資系は、パワハラ、セクハラ、マタハラへの厳しい態度は有名であるが、裏で会社自体が、率先していることはあまり知らない。

「パワハラ」は、即通報がある

直で、この手の通報は、即、人事に上がる

上がれば、周囲に居た人が呼ばれて事情聴取

下手したらクビ、

くびの理由を探しているので、大歓迎

40代の独身のきれいな、スタイル抜群の上司は、怒りだすと、怒鳴りまくる。

ブチ切れると、ドナル、怒鳴る、でも翌日はケロリ

ブチ切れて怒鳴る態度は、パはらはそのもの

でも、みんな、知らんふり。

パワハラで、怒るのは、若い子・・・

これが又、簡単にキレる。

この間も、新入社員のお兄ちゃんが、ぼそぼそしゃべっていて

「私に話しかけてると思わなかった」

というと

ブチ切れたそうな・・・・

そこで、「ちゃんと日本語はなしなよ」というと

パワハラだそうである。

なんだかなぁ・・・と

テレビドラマの外資系を見て、雑誌の外資系を見て

「夢を見るのはやめた方がいいよ」と

ケラケラ笑ってましたが。

続編は、後日

| | コメント (0)

おろかもの

自分お狭い知識の範囲でしか話をしないのは、バカだと思う。

常に、狭い範囲の知識だけではダメだと思い、一生懸命、知識の吸収に努めている。

「原子力発電所を攻撃されたらどうする?」

そんなことを聞くバカはいない。

でもいたのである。

何十年も前に、フランスでRPGという対戦車ロケットで原子炉を攻撃したバカがいた。

その時議論になった。

核施設の対爆仕様について、ただこの時は、外壁が十分な厚みを有するので対策は不要となった。

が、十分顧慮すべきという結論になった。

核施設への攻撃を加えるということは、被害が出るのは当然である。

答弁しようがないことを答弁させようとするのは小学生のケンカと同じである。

世界は、戦後60年のころ、地域爆撃を否定してる。

国際的なジュネーブ条約を批准するしないにかかわらず、国際法上の慣習法的な意味合いを持っている。

(アメリカは、地域爆撃に禁止に対する条約を批准していないが、日々、誤爆は大きな批判を浴びている。)

一般市民を巻き込む地域全体に対する爆撃を「地域爆撃」と呼びます。

反意語としては「精密爆撃」、これは主に、軍事施設、軍事関連産業(石油ガス鉄

道、工場など継戦能力を支える後方施設)を目標にした爆撃である。

第二次大戦中に、大英帝国が、ドイツに対して行った都市への無差別爆撃、アメリカ軍の行った大日本帝国各都市への絨毯爆撃が、地域爆撃に当たる。

地域爆撃は、戦後長らく非難の的とはなりおおせなかった、1980年代以降は、間違った戦争行為として非難された。

ナチスのユダヤ人の虐殺、日本軍のバターンの死の行進、真珠湾攻撃、神風特別攻撃などの行為が、こうした欧米の地域爆撃を批判する勢力を沈黙させていた。

しかし、英国は、後年、地域爆撃を謝罪した。

そうして、爆撃で破壊された聖堂の再建に尽力をし、再建時に謝罪をした。

アメリカは、世論の国である。

一般市民が爆撃で殺されていることを、政治宣伝にさんざん利用した。

日本の重慶爆撃、ゲルニカの爆撃

そうして写真を改ざんして、日本を非難した。

その頃の米国は、親中的な態度をしていた。

日本の進出をこころ良く思わなかった。

ベトナム戦争で、アメリカ人は戦争について考えるようになった。

一般市民を殺すことは良くないという思想の補強強化であった。

アメリカの無人攻撃機を非人道的と言う人がいる。

しかし、無人機での攻撃は、究極の精密爆撃である。

被害は最小。

廻りにいのは、その関係者しかいない。

アメリカは、欧州の戦いで、ドイツの精油所、工場、鉄道網を、当時の基準での精密な爆撃をして、大きな成果を得た。

しかし、爆撃でも生産量は減らなかったのだから、「ドイツ人恐るべし」とでもいうべきである。

 

世界の潮流は、軍事施設のみの攻撃に特化しているといえる。

もし、田舎にある核施設を攻撃した場合は、非難は、攻撃側に向けられる。

誤爆の言い訳もできないだろう。

それに核施設といっても、現在ただいま、稼働していようとしていまいと、核物質は大量に存在する。

使用済み核燃料の保管施設を耐爆化(ベント構造化)しても、現在の最新の対地ミ

サイルでは、貫通される可能性が高い。

 

つまり、どこの国でも、核施設の脆弱性はわかりきったことなので、攻撃はしないといのが暗黙のルールである。

暗黙のルールは、別に守らなくても非難はされない、でも、核は、その被害が地球規模で蔓延することを考えれば守らんざるを得ないルールであろう。

核がある限り、これらを守る設備を作る必要性はあるだろう。

稼働している原子炉攻撃する場合のリスクを主張するのであれば、ガス、ダム、石油、発電、ありとあらゆる施設を対爆仕様にする必然性があるということになる。

いろいろな化学物質を、使用している工場はたくさんある。

人体に悪影響のある物質がごまんとある。

しかも、人体に悪影響が出る物質はそれこ未来永劫残るものさえある。

それらを使って、生産していうるパーツは沢山ある。

それらの工場まで、耐爆化する必要性を求めるのか?

政府答弁を求めるときに、元役者なのでの演技はうまいと思うが、間が抜けている様に見える。

 

核エネルギーを使ってしまって、いまさら、全部なかったことにしたらどうだというのは暴論である。

中国が、もし攻撃した場合。

日本は報復するのでしょう、当然。

日本の何百倍の各施設が存在する中国は、そんなリスクを負うでしょうか?

そんなリスクを犯すほどバカか?というとことである

今回の安保の本質は、対中国の膨張への反論である。

それを考えないのは暴論である。

八重山諸島の我が同朋が、どれだけ苦しんでいるのか。

直視したことがあるのかと聞きたい。

核はない方がましである。

でも中国は、エネルギー不足で、バンバン増設をしている。

しかも旧ソ連型である。

日本の使用済み核燃料は、六ケ所村では処理できない、国内でも処理できない。

核の汚染を除去する方法とか、除染した部材をどのように処理するのかを考えないような雰囲気を作ろうとすることは許されないことだと思う。

原子力関係の学生が減っているということは憂慮すべき事態だと思う。

これから、何百年と核と向き合う必然性があるのにもかかわらず、逃げる方向へ進むのはいいこととは言えない。

反対している人たちは、逃げることを選べばいいというとことを主張しているにすぎないと思う。

日本の様に、階級社会のほとんど存在しない自由な国は、ほかにはないともうのだが?

それを、規制した国にしたい人が多く居るように思う。

 

| | コメント (0)

生活保護受給者・・・&歯医者の不正請求?

生活保護受給者の増大が問題になっているが、高齢者の受給者の大半が、無年金、無財産な人への扶助となっている。

こうした受給者の大半は、国民年金の掛け金を、払わなかった人が大半である。
おまけに、税金も払っていない。

その時、その時の収入を浪費して、散在していた者が大半を占める。

借家に住んで、高級車を買い、乗り回していた者である。

以前、英国人話をしながら歩いていると、

彼女が「あのアパートメントの前に止まっている、ロールスロイスは、何だろう?」と聴かれて困ったことがある。

バブルの終わったころで・・・ロールスも結構安値で売っていた・・・とはいえ、高いんですけどね・・・

僕は、こう説明した。

「あの車は、あのアパートメントの住人の車である。
あの住人が、中古で買ったものだと思う。
アパートメントの住人は、没落した元貴族ではない。
たぶん、アパートメントの外観からすれば、貧乏人である。
日本は、厳密な階級社会がない。
貧乏人が、どの階級の車を買っても関心がない。 
貧乏人が、車を買うときに、精神的な制限がない。
貧乏人が、車を買うときに、売る側が制限しない。」

(貧乏人:POOR PERSONと説明した)

ということを、稚拙な英語で説明した。

彼女は、クイーンズイングリッシュで、「ロールスがかわいそう・・・」と涙目で云った。

ついでに、「日本は、本当の意味での平等な社会なのだということを実感する。」
「日本は、エンペラーヒロヒトが居るのに、貴族はいないのか?」
「貧乏人は、ロールスロイスに乗っていて、恥ずかしいと思わないのか?」
「貧乏人が、何処へ、乗って行くのか?」

とういので、
「第二次大戦が終わった後、日本の貴族はいなくなった。」
「貧乏人は、一点豪華主義という宗教がある。」
「一転豪華主義は、貧乏人が、1個だけ高いものを中古、新品買うことをいう。」
「貧乏人は、ロールスに乗って、何処へでもへ行く。」
「スーパーマーケットであろうが、映画だろうが行く」

すると、彼女は悲しそうな顔をして、
「それは、楽しいのでしょうか?」というので、

「多分、彼自身は、車に乗っているときは幸せに感じていると思う。」
「車自体が、彼の自宅の一室のような感覚だと思う。」

「それは、ウサギ小屋どころではない世界だと思う。」

確かにそうである。

今の生活保護の制度の間違いは、生活保障なのだが、保障が無制限ということだろう。

国民健康保険を滞納していると、短期の保険証しかもらえないが、生活保護を受けるとその制限がなくなる。

医者の方の問題は、生活保護受給者が、来院すると余分な治療をする、余分な投薬をする。

卑近な例では、体に病気があって退職して、視力が落ちてしまい、通常の会社勤務ができなくなって、現在生活保護受給を受けている者がいる。

この人が、虫歯になった。

近所の歯医者へ行った。

三流の歯科大卒業の者である。
藪医者一家で有目である。

この歯医者ひどい金儲け主義者である。

虫歯を1本治すのに、3ヶ月から半年かける。
別人から、数人に同じような事を聞いたので多分、同じだろう。

週1回で、消毒の繰り返し・・・治療がなかなか進まない。

小生、以前、歯の神経が取りきれてなくて、中で腐敗してしまったことがり、1ヶ月ほど掛かった事がある。このときは、膿んでいるのを取るのに時間が掛かっただけである。

普通の虫歯で何ゆえこのように時間が掛かるのか?
ここの歯医者の営業時間は、19時迄となっている。

しかし、早朝、夜間の時間外診療を延々とやり続けている。
時間外診療の時間外の部分の請求を上乗せしたいが為である。
19時まででであるならば、19時以降は、看護婦は残業か、帰るはずである。
しかし、ここの歯医者は違うのである、19時近くになると、別の看護婦が新たに出勤してくるのである。

つまり、本当の営業時間は際限がないが、表面上は19時にしてあり、19時以降は時間外診療の加算部分を取り放題ということである。

おまけにここの歯医者、従業員は全員、国民健康保険にしているので、雇用者の負担はない。

こうした、医者が多いのもいかがなものかと思うが、払う側にチェック機能がないので垂れ流しである。

医療は重要であり、必要だと思うが、医は、仁術などといっている人はどんどん少なくなっいる。
機械もたかいしね。

最近、風邪を引いて医者に行き、2週間分の薬をもらい・・初診料込みで3000円である。
高いなぁと思うので行く回数は減る。

一回の投薬量を増やしてもらう・・・仕方ないから払う。

しかし、生活保護受給者は、払わなくていいから、無制限に医者に行く。

国民健康保険の短期保険証交付者が、がんばって保険料を納めてもあまり病院へはいかないようにしているとは、対照的である。

ある程度の制限は必要だろう。
今までの野放図な体制歯改めるべきである。

救急車の不正使用と同じである。
以前名古屋市中区で、調子が悪くなったおばあさんがいて、緑区鳴海の病院まで運べと駄々をこねていた。目の前に病院があるのにもかかわらずである。

救急車も、ある程度は有料にすべきだと思う。

| | コメント (0)

TPP反対な人に聞いてみたい・・・

TPP反対を、標榜している人たちに聞いてみたいことがある。

現在の日本の農業の現状を知っているのかどうか・・・都市周辺の商品作物を作ってる人は別ですが・・・

僕らの子供のころの日本の農業の担い手は「さんちゃん」農業と評されていました。

「じいちゃん、ばあちゃん、かあちゃん」

兼業農家なんてこともよく言われました。

お父さんは、昼間は、サラリーマン、休みが農家・・・

現状はどうか?

若い人は、農業に従事していない。

就職難だと言っても、あまり行かない。

食い詰め人が時々、農事法人へ勤めてる・・決して、給料は高くはない、魅力的とはいえない。

今日の一般的な農業の担い手の多くは、人である。

おじい、おばあが営む農業・・・多くは、自宅で食べる野菜類だろう・・・

米作を行っている農家も高齢化がすすんでいる。

農地の境界をたずねると・・・

「若い人(ここでいう、若い人とは、50代の人)は、農業はしよらんから」と言われ、誰の土地かもわからない・・・「多分、あそこの人だと思うけど・・・区長さんならしっとるかもしれん」

その話を聞いた帰り道、(多分)80歳過ぎのおじいさんが、泥だらけの長靴で、自転車に鍬をくくりつけて、あっちへよたよた・・こっちへよたよた・・・時速1㌔以下で進む・・・・見てるほうが危ない・・・後ろに車は、連なる・・・・冷や汗もんでした・・・

某岐阜県の運送会社のオヤジがクラクションをやたら鳴らして、降りてきて、怒鳴る・・・・爺さん、ころぶ・・・・・

運送会社・・・逃げる・・・

郡部へいけば、荒れた農地が目に付く。

耕されている農地は、まだいい・・・

荒れた農地は、1年ぐらいなら何とかなるが、2年、3年とつづくとどうにもならない・・・

ずるい農家は、荒れた農地に「分家」で家を建てる申請を出す。

「分家」なら家が出来るので、それで家を作る・・新築に息子夫婦が住むことに仮装する。

元の家を潰して売る、もしくは、その新築の家を売る・・・。

抜け道を知ってる奴はうまいこことをする・・・

金のない、宅地に転用できない農地は、もう売れない。
不便な農地も売れない。

営農地域なんて・・・もう、ダメ・・・転用許可が下りないところはダメ・・。

買い手がいない。

よく、農事法人に農業を委託すれば、と言うことを平気で言うが、纏まった一反の1枚の土地でもあれば大規模農業は実際可能であろう。

しかし、こまごまと細分化されて、所有者が複数あるようなところはダメ。

大規模農業を進める者は、農地は買わない、「タダなら借りてやってもいい」と言う態度である。

しかも、農協は農地を担保に金を貸さない。

農地の売りは、多いが買い手がいない・・・

昔(戦前)は、小作なんてひどいものだったが、今じゃ、立場が逆転して、貸す方が立場弱い。

お金払って農業をしてもらう人までいる

でも、意外と多いのが、タダで貸している。

古い人は、貸すと取られるという。

農地解放で、タダ同然で土地をもらった人はそう思うのか?

こちらとしては、取れらた口なので、農地の登記簿謄本(全部事項証明)を見て

「自作農創設特別措置法」によると書いてるのを見ると、「何だ、もらった土地」かと思う。

もらった土地何だから、返せばいいと思う。

某作家の「農協月へ行く」と言う話があり、月旅行の資金作りに田んぼを売る話が出てくる。

農家のよかった時代だと思う、戦中から今まで60年間、よかったんだと思う。

票田だったので、過保護にされた。

結果・・・競争力のない、若者に魅力のない事業となった。

大体、農地法は、農地を買うことができるのは、農業従事者と限定をしているのはある意味、憲法が保証する「職選択の自由」を侵害していると思う。

農地は、放棄され、人もいなくなる。

でも、郡部から人がいなくなる日は意外と早いのかもしれない。

郡部の住む、老親は、都会の設備の整った病院が近くにある、子供の家に住むことも増えている。

都会へ出てしまった子供が老いてから、不便な田舎へ帰ってくるかと言えば来ないだろう。

親が死んでしまって、放棄された家が点在する地域もある。
放棄された家の持ち主は、市町村に寄付するという・・・放棄された家屋は危険であるが、郡部では別の意味で危険を内包するので、壊した方がいいと思う。

限界集落の問題も、おもいだしたように出てくるが、世論誘導には至らない。

都市部の人は興味がない。

財政難の郡部市町村に、それらの限界集落にすむ人たちのインフラを整備維持することが出来るのか?

そもそも、思い出の地だから住み続けるというのは、ある意味エゴではないかとも思う。

| | コメント (0)

問題の多いこと、市民運動?

なぁんというのでしょうか、最近困った人が多いので困ります。

頭が悪いというか、物を表層的な見方しかできないようで・・・知的レベルの低下はいたしかたない・・・?

ところで、原発のデモは報道して盛り上げようとするのだが、東京で、中国大使館、韓国の大使館の前で抗議行動のデモがないのか気になります。

マスコミの悪いところで、市民団体と称する紅旗系、革新系といわれるもと活動家の方々のデモは、積極的に報道しますし、参加人数の水増しも何でも飲んでします傾向にあります。

いい加減に、共産党系が使う「民主」「市民」という言葉を規制したらどうかとも思う。

「民主○○会」といいながら、実際は、共産党の下部組織で、事務所へ行けば、共産党系のビラポスターの乱舞である。

「市民活動家」というのも、実際は、紛らわしい、本当に市井の困っている人を助けている人なのか、元活動家なのか、それとも政党、学生運動崩れなのかわからない。

市民活動家というのであれば、政治経歴、活動経歴を公表すべきではないかと思うのだが?

以前も書いたのですが、某反対運動の参加者の参加人数の件ですが、警察発表が1万数千人、主催者発表(マスコミの報道では、個人の自発的なデモという感じの報道ですが、なぜか主催者がいる・・・でもなので届出が必要なので、届出をした者ということなんだろうか?)は、延べ17万人・・・

延べ?

この間、ふと思ったのだが、17万人も参加したデモなら、近隣の公共交通機関はさぞや、混雑したと思うだが?

聞けば、近隣の官公庁通勤者に聞いたところ、普通の1から2割増しぐらいとのこと。

公共交通機関はいまは、ほぼすべて、自動改札を使っているので、毎日の乗降者の平均の数は出ていると思う。

その日常の平均の数よりもどれだけの乗降客が多かったわかれば、参加者の数字も想定ができると思う。

降りた者の統計数字を出せばいい思う。

公共交通機関は、組合に関係なく、公表したどうだろうか?

考えてみれば、夕方から17万の人間が、いきなり、乗降客として増加すれば、大混乱だと思う。

どうなんだ?

占有面積の点からも、到底17万人はありえないだろう。

いいかげんに、嘘を言うのはやめたらどうたといいたい。

原発反対という主張は良くわかるし、小生は、どちらかといえば、賛成ではない。

反対でもない、無いほうがいいが、この温暖化の状態による、天候の不順は、原発の事故の怖さもあるが、集中豪雨の怖さの方が身近である。

二酸化炭素を効率良く分解する技術の開発を行なうことは必要だとおもう。

ついでに言うのであれば、廃炉にした後の事をどうするのか?

大昔、東海村の原子炉の廃炉の関係の論文、計画を読んだことがあるですが、本当に之でいいのか?という気はした。

いっそのこと、福島近辺の土地の奥深くに穴を掘り埋めるということは可能ではないのか?と思う。

簡単に、解体してというのだ、ビルの解体ではないのだから容易ではない。
古いビルの解体で、アスベストが問題となって久しいが、アスベストよりも問題は深刻だと思う。

現在、福島の発電所の作業に従事している者が、5年後10年後に、補償を求めてくることは容易に想像できる。

どうするつもりだろう。

金に引かれて従事している者がおおと聞く、経済的に行き詰まっている人も多いようなで、当人にとっては、負のスパイラルからは、逃げようがない。

将来の負の遺産をバラ撒いてると思う。

疑問なのは、現状、再生可能エネルギーですべてがOKというような論調はいかがなものかと思う。

メンテナンス等のコスト、耐用年数、日本家屋の屋根に接置することで生じるであろう、屋根の痛みに対する補修、強大な台風が来た場合等の天変地異で発生するかもしれない屋根の破損・・・検証はされていない。

業者に聞いても、問題無いという・・・2・3の業者に聞いても、補助金、電力の買取の話が主で・・メンテナンスについては、問題はありませんというような回答しかない。

安い中国製は、耐久性があるのかドウかも検証されていない。

鉄筋コンクリート製の官公庁の頑丈な建物に、一時期、太陽光発電を取り付ける構想があったが、民主党の経費削減で、あえなくカット・・・
地球温暖化対策で、屋上の緑化をした建物もある。

屋上緑化が、太陽光発電の際には、今度は、逆にネックなっている。

何百年に一度の災害対策は必要ないと主張した政治家は、自身の発言の責任を取って辞任したという話は聞かない・・・人気取りの主張をして喜んでばかりいる政治家を選んでいる国民の民度も低いのだろう。

ただ、国際法を守るという点では、某国のように、大使の車を襲撃するなどという下劣な行為がない点は喜ばしい。

大昔のことだが、アイゼンハワー大統領の訪日前に、アメリカの特使の車を襲った学生運動家たちを、多くの者が非難をした、国際法的に、そういった行為は許されないという発言が大半であったことは、戦後、サンフランシスコ講和条約を締結していたので、ある程度の国際感覚があった証拠であろう。

某領土問題があると称している国は、いずれも政府の人間が、自身ために反日教育をして、自国の本当の歴史を教えない、情報を規制して、知る権利を守らない国は、自家中毒に陥る日は近いと思う。

| | コメント (2)