続三丁目の夕日 雑感

前にも試写会の事を書かせていただきましたが、前作、続編共に試写会で見られたのは僥倖かと・・・。

オープニングは必見なのですが、そこかしこに流れる、東京限定の昭和エレジー(滝田ゆう?)は懐かしさいっぱいです。

子供を背負ったおばさん、掃除をしている子供、井戸端で、洗い板を使い洗濯をする淳之介!(なんとなく健気・・・)

そこかしこにちりばめられた細かなシーンの断片は、懐かしいの一言で済ませてしまうのは惜しい。

やせた野良犬!がうろうろしている(三船敏郎が出てた、野良犬という映画もありました。)。こんなのにノスタルジー感じるのは、40代以降の人であろうと思うのですが如何でしょうか?

東京の人なら、50代でしょうね。

昔、繁華街でも、どこでも、野良犬がいました。

30年ぐらい前には、お城の近くの公園で徒党を組んだ野犬の群れがいたことがあって怖かった事がありますが、昨今では、全く見かけになりました。

帽子を被ったおじさん、最近は時々見かけるようになりしたが、40年代後半から60年代には皆無だった様に思います。

茶川さんの正業?の駄菓子屋さんもすっかり姿を消しました。

宅間先生の話は、前作でも涙を誘いましたが、今回は、焼き鳥を持って狸を誘う踊り?が見ものですが、開発が進んで、狸もいなくなってしまったのでしょうか、今回は出てきて化かしません。

「もう一度、妻と娘にあわせてもらいたい」というのを聞けば、一緒に焼き鳥をかざしてやりたくなります、でも、宅間先生、夜じゃないと出てこないのでは?と突っ込みたくなりました。

おまわりさんの白い自転車!、都内では結構健在ですが、名古屋では市内では時々見かけますが、他の地域では、今は味も素っ気も無いスクーターになっています。

全般に流れる、時代の流れ、古きよき時代、新しい価値観、新しい便利な機械。

どんどん新しい物が出てきて、みんなが、どんどん幸せになろうとしていた時代が良かった時代の象徴なんでしょうか?

でも、10年ぐらい前には戦争があって、東京、名古屋、大阪焼け野原、広島長崎は消滅してしまった辛い時代、27年の講和発行までの何だか暗い世相を通り抜けて、良くなるんだと思っていた時代、みんな貧しかった。

お金持ちは本当にお金持ちだった、上ははるか彼方で、下は無い、そんな時代だったような気がする。

木製の冷蔵庫が道端に捨てられるという風景がありましたが、うちは、貧乏性なのかずーと置いてあり、種を保管する場所になっていました。基本的には捨てるんでしょうね。

ところで、主人公は、やはり茶川さんなのだろが、全員が主人公ような気がする。

当然?、誰でも、自分自身は、主人公で人生を歩んでいるのだからそれでいいような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)