楽しくないことがおおいけど・・・累計19万人のお来場ありがとうございます。

いつの間にか、19万人のカウンターが経過してました。(w)

18万9500人ぐらいまでは気にしてましたが・・・

他事にかまけて忘れてました。

誰が踏んでいただいたのか?わかりませんが・・・

読んでくださいまして、ありがとうございます。

お気楽な口調で、「やさぐれている(?)」文章にお付き合いいただきまして、感謝しております。

ブロガーではないので、感情の赴くままに・・・・(要は、アホ…ということでしょうか?)書いてます。

最近は、世の中の情勢で、伏字が多くてすいません。

時々わかりにくい書き方もしていますが、特定の人の非難ではありません(w)。

なるべく、複数の人を混ぜて書くようにしています。

だいたい、ほめれると、気にも登るような処がございます。

人生の大先輩にもまれてます。

そういった人に、ほめられるとうれしくなります。

模型、自動車も先達のかたから、ほめられるとうれしいものです。

「文章が書けていいな」「よくこれだけの知識があるな」とか言われてしまうと・・・何となく、舞い上がりますが・・・・

先日も「影響力がある」と言われて・・・

「?」

ヨタのオーナで読んでる人がどれだけいるのか?

たぶんものすごく少ないと思いますが。

時々、あった人から、「読んでますよ」などいうことを言われるる、ものすごく恥ずかしいと思うこともあります。

だって、特別な、というか、特化した分野での文章ではないからです。

「どの部分を読まれましたか?」

と聞きたくなりますが、あえて聞けません・・・

でも、「面白いので」と言われると・・・

「面白いのかなぁ」と思うことしきりです。

今後も、体力の続く限り(笑)書こうかなと・・・

| | コメント (0)

オロカモノ(自分のことですが

11月1日にトヨタ博物館で「語る」展の開催とともに、土砂降りの中、先着100名にピンバッジが配られるというだけで・・・8時半から並んだおろかものの話を書きました(w)。

ついでに11月3日昨日ですが、空いてるのと人気にいないうちに写真を撮ろうという目論見で、朝8時55分ごろ、再び博物館へ・・・・・・
正面玄関に並んでいる人が1名・・・・・・
見たことのあるNさん・・・・・・・
急いで並びに行くと、小生は2番
「どうしたの今日は?仕事じゃないの?」(彼は、トヨタ系ではない自動車関係である・・・)
「うん、祭日だから休んだ!」
「で、並ぶんだ」
「この間もらったて聞いたから」
で・・・
Dsc00337
Dsc00340
で・・・・ピンバッチいただきました。
前回時間がなくて撮れなかった車の細部を・・・バシバシと
Dsc00391
Dsc00474
このフェンダーの上端部よく見ると・・・・・FRPの目地が見えます。
ノーズにはそんものはぜんぜん見えませんが・・・
博物館の方と、どうして透けてるんだろうね・・・
ちなみに、どこかの中年の奥様が、目地に気がついて、この車FRPといったらしい。
これこそ慧眼であろう。
Dsc00411
スプライトレンズの下には、水抜きの穴が!・・・意外と気がつきませんが・・・
Dsc00514
日産自動車のフェアレデイZです。
このアングルぐらいしかかっこよく撮れません。
今回は、Z とSP310の2台の日産車がいます。
お約束のような2000GT
Dsc00469
でも、今回一番に熱心に撮影したのは、5CV、オースチンセブンの2台です。
大体、2台で400枚・・・・・
Dsc00618
Dsc00538
撮影終わって・・・喫茶室へ行くと、Nさんがまだいたので、1時間ほどお茶して終わり・・・・
楽しい午前中でした(W)・・・・・・
傍から見たら・・・・・・楽しいのか?といわれそうです。

| | コメント (0)

おりるのか、降りないのか?

同じ車に乗り続ける事、同じメーカーに乗り続ける事、同じ継続ではあるが少々性格が違う。

同じ車に乗り続けて23年を経過しました。

ということは、お友達とも23年つづいている。

車から降りると基本的に疎遠になる。

「一生乗り続ける」と叫んでいた友人は、数年前に下りた。

経済的理由で降りたのだから仕方がない。

独立自衛農民のように、一人親方で働いていたときに日給は2から3万円、一番良いときは、4万円ももらっていたようだ。

「バブルだったからねー」と思いつつ

昼間仕事して、夜は痛飲、女遊び・・ホテルからそのまま出勤が常態だったようである・・・

お金があるからできたことで、勤め人になるとそうはいかない。

体を壊して、ある病気に、何回も入院したのも聞いてはいた。

数回はお見舞いにったが、その後も何度も入院したと聞いて・・・直す気がないのかと思った(治らない病気なんだけどね・・・・・)、でも養生ぐらいしたらどうだと、何度も思ったので、そのうちいかなくなった。

金に詰ると、闇ブローカーまがいの事を始めた。

安く仕入れて、何十万円か乗せて売る。

単なる転売だった。

そのウチ、段々と縁がなくなる・・・・車のクラブでの付き合いで、クラブが消滅した時点で付き合いはなくなった。

あるとき、クルマを売ったと聞いた。

ある人に、売ったが、買った人は、デフなりがひどくて、ある店に売った。

かれは、買い戻すつもりだったとのことだが、それなら、金を借りる方がましだったのではないかと思う。

期限を切って金を借りて、返せないときは、処分は任せるとと云うことなら話はわかるが・・・

それで彼は車から降りた。

今は初代のユーノスロードスターに乗っているらしいが、最初からユーノスでよかったのではないかといってあげたい。

降りた人で、あるイタリアの車に乗り換えた人もいる、あるパーツなくて売り難い状況だったのだが、ある人からパーツを入手し、僕の車からもあるパーツをもらいうけ、ほぼ完品状態にして転売した。

ある人のパーツは、貸したことになっていた。

金の伊受け渡しがあったかどうかは知らないが、ある人は「貸した」といっていた。

そんな部品が帰って来るわけがない。

小生のパーツは、某三十苦が、ワイパーの根っこのプラスチックのカバーパーツを外して強奪して、そいつに、三重苦がくれてやるとというひどい事をしたことで、自分のは温存して、人の部品を外して、渡すという、強盗以下の行為を行った。

当時は、安いパーツなんでまあいいかだったが、現在は、十分な欠品パーツである。

結局、イタリア車に乗り続けているのかさえ判らない。

イタ車のイベントに誘われて行っても、あったことがない。

どうしているのかと思うこともあるが、その実あまり興味がない。

降りそうで乗っている人もいるが、25年以上前にきちんとレストレーションしたといいながら、ゴム類は全部複製という人もいる。

その人はまだ乗っているようであるが、音信不通で判らない。

当時でも、ウエザーストリップは「金さえ出せば」入手できたはずであるが、その辺は渋かったようである。

今お付き合いのある人が全部残っていてくれたらうれしいなという気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WILLIS MB 1941 WARK AROUND No.3 エンジンルーム

   Dsc06786

 

モデラーのための写真集

 

右フェンダー

 

Dsc06787

 

ステー類は薄い

 

ボンネットも薄い

 

Dsc06788

 

Dsc06789

 

エアクリーナー付近

 

Dsc06790

 

エアクリーナーからキャブレターへ

 

Dsc06791

 

Dsc06793

 

 

 

Dsc06794

 

ラジエター、バッテリー

 

Dsc06795

 

左フェンダー

 

Dsc06796

 

ホーン

 

Dsc06797

 

手前の棒は、ラジエターの支柱

 

Dsc06815

 

Dsc06798

 

左側から

 

Dsc06799

 

ホーン付近、ファアーウォールの開口部、ステーが薄い

 

Dsc06800

 

Dsc06801

 

Dsc06802

 

ボンネット

 

Dsc06803

 

エンジン左側 

 

Dsc06804

 

Dsc06805

 

Dsc06806

 

Dsc06807

 

Dsc06808

 

Dsc06809

 

Dsc06810

 

Dsc06811

 

 

 

Dsc06812

 

Dsc06813

 

Dsc06814

 

Dsc06826

 

Dsc06816

 

Dsc06817

 

Dsc06818

 

Dsc06819

 

Dsc06820

 

Dsc06822

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

WILLIS MB WALK AROUND No.2

運転席周りDsc06764

黒いマツト保護用にひいてある。

Dsc06782

 

Dsc06781 フロントウインドウの固定ロック

 

Dsc06783美しいプレスラインです

 

Dsc06902

フェンダーの接合面は意外と段差があります。

 

Dsc06903

 

Dsc06904

 

Dsc06905

 

Dsc06906

 

ボンネットは薄いですね。模型的には少し浮かせる感じがいいかもしれません。

 

Dsc06784

 

燃料タンク金属バンドでとめてあります。

 

Dsc06829

 

金属バンドの調整は螺子です。

 

 

 

Dsc06830

 

 

 

Dsc06832

 

Dsc06833

 

Dsc06837

 

Dsc06843

 

Dsc06841

 

Dsc06844

 

ウインドを倒したときの固定金具ですDsc06845

 

 

 

Dsc06813

 

Dsc06873

 

Dsc06858

 

Dsc06862 

 

 

 

Dsc06839 Dsc06842

 

Dsc06777

 

Dsc06778

 

Dsc06779

 

Dsc06780

 

Dsc06855 Dsc06856

 

Dsc06857

 

Dsc06858_2 Dsc06862_2

 

Dsc06863

 

Dsc06864

 

Dsc06869

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コンタックスGレンズ用AFアダプター  FOR  SONY Eマウント

京セラコンタックスで復活したコンタックス。

20年ほど前に一斉風靡いたしまして、高嶋鎮雄さんの甘言で・・・G1.G2を購入して利用しておりました。

でも、フイルムカメラの衰退で、使えないレンズシリーズと成り下がっておりました。

レンズの感じが好きで愛用していました。

今でも一番好きなのは、16ミリ ホロゴン・・・・30万ぐらいしましたね当時・・・・・ははははは

ところが、SONYからNEXシリーズがでると、マウントアダプターがでるはでるは・・・・

このおかげで、コンタックスGマウントレンズは、SONY Eマウントレンズでも使えるレンズとして復活しツツあります(本当か???)。

CONTAXの単焦点レンズをすべて揃えた(←バカですね。)ので、当然の様にに使いたいと思うのが人情?ではないでしょうか。

そこで、本末転倒な事が起こります(起こします)、レンズがあるので、マウントアダプターとカメラ本体を買う問う云う暴挙に出た。

最初mNEX-C3、サブで、NEX-3、直接目視タイプがでたので、NEX-7、ついでに、そのサブで NEX-5・・合計4台のNEXがあります。

(カメラで使った金額は・・・・しーんとしておいてほしいものです。)

一応、一台は、小僧さんの専用機になる予定です(大丈夫か?)

当初出ていた、コンタックス用なマウントアダプターは手動でした。

Gシリーズは、自動焦点なのですが、レンズ側に駆動系がなく、本体の方で、動かす方式だった。

書いたとおり、手動焦点はべつにいいのですが、途中で、ひっかかる感じがするのでで使いにくい面があって敬遠気味でした。

一部の回転域での、渋い動きをは、カメラ本体が小さいのもあいまって使いにくくて仕方がなかった。

アダプターの廻りの悪さは、工作制度の問題とベアリングの問題だとおもっていた。

分解してみるとベアリングではなく、グリスよる摩擦軽減と分かり、此れは、相当やわらかい、しかし粘性のあるグリスとつけるか、シリコン系の潤滑剤でも投入しないとだめっぽい気がする。

あるとき本屋へ良くと、自動焦点式のマウントアダプターがあると書いてあった。

言われて探してみると在りました。

手動マウントが、1万円弱、電動マウントは、3万円・・・・1ヶ月悩んだ末に買うことにしました(w)

以下のは説明文なのですが、SONYのNEXリーズならばすべてOKと書いてある。

確かに、快調(作動音はけっこうします。)です。

自動焦点は、遅いです。

NEX専用のレンズと比べると少々つらいです。

大体2から3秒ぐらい遅い感じです。

撮影上は、特に問題は無いと思います。

開放値、1.8ぐらいでの自動焦点は、イマイチ合いにくいです。

55ミリよりも、35ミリの方が焦点速度は速いです。

問題点は、NEX-7は、問題なく使用ができます。

撮影も、再生もなんら問題はありません。

カールツアイスらしい写りです。

NEX-5.C3,3の三種類のボデイでは、レンズアダプターをつけたままでは、再生ができません。

最新バージョンへアップデートしたボデイでもダメです。

再生のボタンを押すと、一瞬再生画面が見えますが、すぐに撮影モードになります。

つまり、NEX-7以外は(NeX-6は所有していないので試してませんので、再生画面が出てくるかどうかは分かりません。)は再生させようとすると、マントアダプターを抜いてから、再生ボタンをおさなけっればならという事である。

説明文中には、撮影は可能と書いてあるので、嘘ではない。

しかし再生が、NEX―7以外ではレンズをはずさないとダメというのは問題があると思うが?。

購入時の説明文 

 TECHART TA-GE1Bは、コンタックスGマウントレンズをソニーNEX-6.NEX-5RなどのソニーEマウント規格のミラーレスカメラを取り付けるために開発された、電子制御のオートフォーカス可能の電子アダプターです。

世界初!コンタックスGレンズ用AFアダプター

 仕様:
 ●TECHART独自開発したアダプター内蔵式モーターで、オートフォーカス可能になります。
 ●撮影した画像のEXIFデータに焦点距離、露出などの情報が記録されます。
 ●オートフォーカスエリア(マルチ、中央重点、フレキシブルスポット)の選択可。
  <フレキシブルスポットの中心点の設定により、AFの成功率が高く、おすすめの設定になります。>
 ●高精度MFダイヤル搭載!MFモードの切り替えで、手動でピントを合わせることが可能です。
 ●AF微調整システム導入!ピントの合う位置を微調整することができます。
 ●すべてのドライブモード(一枚撮影、連続撮影、セルフタイマー、リモコンなど)の選択可。
 ●顔検出機能が可能です。
 ●MFピーキングに対応可。
 ●寸法、重量:Φ62X16.5・80g
 
使用できるレンズ一覧:  
 ホロゴンT*16mmF8 × 取り付けできません。
 ビオゴンT*21mmF2.8 △ 取り付け手順により、使用可能になります。
 ビオゴンT*28mmF2.8
 プラナーT*35mmF2
 プラナーT*45mmF2
 ゾナーT*90mmF2.8
 バリオゾナーT*35-70mmF3.5-5.6 △ 駆動できるレンズと駆動できないレンズがあります。
<ビオゴンT*21mmF2.8の使用方法>*取り付け/取りはずしの手順が間違えると、カメラやレンズに傷つく可能性があります!
 ビオゴンT*21mmF2.8を取り付ける場合、必ずマウントアダプターをカメラに取り付けてから、レンズを取り付けてください.
 ビオゴンT*21mmF2.8を取りはずし場合、必ずレンズをマウントアダプターから取りはずしてから、マウントアダプターを取り外してください.
   
使用できるボディ    
 ソニーNEX-6.NEX-5T.NEX5R.NEX-3N.NEX-5/5N.NEX-C3.NEX-F3などEマウントミラーレスカメラα7R.α7.NEX-7.
 ソニーNEX-VG10 VG20 VG30 VG900 NEX-FS100 FS700 EX50などEマウントHDビデオカメラ
 <ビデオカメラに装着時は静止画、動画スタンバイ中のみスキャンAFが可能です.>
   
使用上のご注意:    
 ●カメラ本体のソフトウェアは必ず最新のバージョンにアップデートしてください.アップデート方法はメーカーのホームページへwww.sony.co.jp/SonyInfo/Support/、アップデートしないまま使用するとAFが動作しない、アダプターの機能が正常に動作しませんので、ご注意ください.

 ●撮影モード設定はA(絞り優先)モードまたはM(マニュアル)モードをご使用ください。

| | コメント (0)

織田信長・・・・が好きですか?

岐阜の方々は、「織田信長」がとても好きな様である。

JRの駅前に金色の織田信長がいる・・・

先週は信長祭りである・・・

聴けば、「信長しかいないからねー」である。

「愛知県は、三英傑がいるから・・・ねぇ」と・・・・

稲葉山のお城は、昭和31年製お城だ・・・・

もともと、岐阜城に在ったお城の関係は、加納藩の加納城へ移築されたそうな・・今じゃないにもないが・・・

斉藤道三よりも、信長なのである。

大昔、国取り物語という話が大河ドラマで放映されていた。

そのとき、斉藤道三は偉いもんだなぁと思った。

領地の図版を見ると意外と小さい

織田信長は、なんとは云え、中部近畿北陸を制していた・・・

織田信長は、尾張の人であるが、尾張の人ではい、地域を飛び越えた人です。

よく考えれば、地元にしがみつくのであれば、ああはならない・・・マイナス思考では無理でしょうなぁ・・・

尾張、岐阜、安土・・・転々としてますが、最適場所を選んでいると当では、着眼点が違うし常識的ではない。

仏教者からは、魔王といわれていますが、堕落して権利に胡坐をかいている存在を許せないのは仕方がないと思いますが・・・

禁欲生活ではな、肉食、妻帯何でもありだった、鎮護国家が聴いてあきれる惨状だったらしい。

仏教者は、信長を避難こそすれ、自身の悪行には、目を瞑りなかったとにしたい。

思想とか、良心とか、自分の思いを捨てて、研究をする者がいないかなぁと思う。

そうすればもっといい研究結果がでると思うのだが?

| | コメント (0)

なくなる模型さん コロモホビー

先日というか、土曜日に某豊田へ車検を出しいに小僧さんと行きました。

帰りに、模型や2店舗(知る限り、豊田には2店舗しかありません)へよりました。

コロモホビーさんは、店に入ると閑散としていて40%OFFの札が・・・・みると、48年創業以来・・・・と書いてある・・・

お辞めになるそうで、11月で仕入れも完全にやめるそうです。

年内で終了だそうです。

だらだらやっているよりは良いそうな・・・

もう1軒も何時までやるんだろうねぇ・・・という会話に落ちました。

豊田勤務時代は良く帰りに寄りましたが・・・・転勤後は本当に時々でした。

去年、たまごや春日井店が店を閉めて、移転(移転先は駐車場がないのでダメ)、たまごやさん本体が止めて数年経つが模型屋さんの減少には怖いものがある。

塗料や、細かい材料がなくなるのが怖い。

たとえば、ドラゴンなんて中国の会社は、模型のインフラ整備とも云うべき商品は出さない。

利幅の少ない商品は出さない。

タミヤ、グンゼさん塗料は貴重です。

外国のライターは、こぞって使っている。

少数の塗料をボークスなんかも輸入してはいるが、単価が高すぎるのと、扱いが面倒である。

長谷川製作所が、ドラゴンの代理店だったころと比べて、プラッツがドラゴンの1系統の代理転移になると、単価が1000円アップ、最近は2000円ぐらい高い、長谷川に替わり、アオシマが代理店になるとのこれまた、プラッツの後追いで、1000円から2000円高い、

出るペースは落ちて来たとはいえ、一月に1個以上は出る。

モデラーは、煩雑すぎるキットにつき1個の製作は不可能である。

大体、サクサク組めない・・・タミヤのキットの様にストレスなく組めると言うことはない。

だいたい、プラスチックで、本物の同じ動きをするサスペンションが必要か?ということになる。

ドイツ軍の四号戦車の転輪を支える部分は、2転輪に1個のバネ仕様である。

大体1個の製作に20分ほど掛かる、6個で120分・・・・転輪のパーテイングライン消し、バリ取りなどをしていると、1セットで大体30分、180分、3時間である。

模型作りのモチベーションが下がるにはちょうどいい時間だ。

とはいえ、大昔のタミヤの4号D型製作の為に、いまはなき「トライスター」の足回りを移植したのだが・・・此れが、大体上記のとおり3時間以上かかって転輪が完成した。

天板板には。マイナスボルトも埋め込んだ・・・が・・そこでモチベーションが切れた・・・・

塗装前の段階で、ハコのなかで寝ている・・・

そのうち、再開するかな???という気分である。

成仏シリーズと銘打って、古いキットを製作している。

現在進行形は、1/48 フジミT-2ナチュラルメタル、タミヤの8トンハーフトラックをV-2観測車への改造・・・・

長谷川のT-2を作っていて・・・そういえば・・・といいながら引きずり出したものである。

コクピットには、完全には逢わない、ビーバーの1/48 T-2用のエッチングを使用している。

この商品の定価750円ぐらいである。

部品点数が違うのだが、プラッッのF-1(T-2の攻撃型)のエッチングが、大体3000円弱だった。

当然、ビーバーの商品で十分なので、ビーバーを使用中。

フジミのこのキット実は、35年ほど前に一度作っている。

近所のおもちゃさんのコンテストに出品して、賞を貰ったときに製作したものだ。

最近、作り出して思ったことは、造りにくい、パーツの精度が悪い・・・とうとう、思い出してしまった。

コクピットの位置が決まらない・・・ダメだなぁ・・・と思いつつも・・・成仏させないとねぇ・・・と思いつつ製作中です。

値札を見ると「たまご屋」と書いている・・・・何時かったものでしょうかねぇ・・・・・・

店はないけれども、値札が、存在していた事を証明している。

近所の模型やがなくならい事を祈ってます。

ホント

| | コメント (0)

モビルカプル・・・買いました。

ウチの小僧さんの希望で「モビルカプル」を探しておりました。

タナヤンさんにもご迷惑をおかけしました・・・

20数軒目ぐらいで、ようやく発見できました。

買わせていただきました(w)

どの模型やでも、ターンAは人気ないからねぇ・・・と言われ続けて・・・です。

在ったので良しとしましょう。

ねぇ・・・ちなみに、ウチのチビ助は、帰郷中で不在です・・・・・

| | コメント (2)

宝塚少女歌劇

以前も書いたことがあるのですが、小生、歌舞伎が結構好きです。

「見ても判らん、聴いても判らん」といわれれはそれまですが・・・・

考え見れば、歌舞伎は役者さんは全部男です。

其の正反対な存在が、宝塚少女歌劇です。

こちらは、全員が女性です。

対極ですが、こちらも面白いと思います。

数十回見た程度ですので、「ズカオタ」とまでは往きませんが、結構好きです・・・歌舞伎にはない近代的な華やかさが好きです。
元々、歌劇は大好きなジャンルですので・・・・いけませんねぇ・・

日比谷の劇場は、帝都滞在中は、月1回ぐらいで行きましたので、歌舞伎の4から5分の一程度の回数ですが、見ていて、楽しかったですねー。

ある方の「お茶会」にも、当時お付き合いしていた呉服店にお勤めのお姉さんに連れられて行きましたが、絢爛過ぎて、驚いたことがあります。

参加されている方々(女性が99%ぐらい?)は皆さん、輝いて、お綺麗な方ばかりで、気持ちの入れ様が違うと感じました(ちなみに、其の時の呉服屋のお姉さんは、和装でしたが、それはそれは、気合の入った、黒を基調とした、桜の散らしでした。)。

なぜ急に、「宝塚」の事を書いたかといえば、日本経済新聞の夕刊に「こころの玉手箱」とうコーナーが三面に在ります。

今日の記事は「横浜市長 林文子」さんの2回目の連載です。

副題は「最高のもてなし、励まされ」ですが、書いてあることは、励ましてくれた女性達がいてそれが、「宝塚歌劇団のスター」ということです。

林文子さんが、宝塚のファンだということが良くわかり、幅の広い女性に支持されていることはいいことだと感心することしきりでした。

宝塚歌劇の事を「宝塚歌劇は人生の極上の極楽であり、働く女性の応援歌だと信じている」とまで、お書きになっているのを見て、この方も幸せな人だと喜んでしまいました。

たしかに、歌劇を見た後の女性は、退団が近くなければ、ものすごく輝いています。

まさに、こころの充電をしているのだと思います。

人生には、極上の娯楽は必要です。

| | コメント (0)