あきれたじいさん(新幹線の中で・・・)

zinある時とはいえ、少々前の事であるが、新幹線で某所まで行かせてもらったことがある。

数年前に無くなった友人の法事である。

親族が死滅しているので、後を頼まれた友人の弁護士が取り仕切る不思議な法事

もう一人の友人も行くことになっていて、予定を合わせて行くことになった。

友人は京都からであるが、並ぶように席を取ってもらい、切符は郵送してもらいました。

まあ、連休の中日なので、当然様にものすごく混んでいた。

二人掛の座席であった。

行きは、お安いプラットコダマ、友人のご推奨である.

ちなみにこの友人は、当たり前の様に鉄ちゃんである。

 

いわゆる電車汽車に乗るのが好きな奇特な方である(日本全国、全部乗ることを生きがいにしている・・・いわゆる、普通の人から見たら、タダのバカである。

(自分も同類なので、バカと書いたときに自分お胸に突き刺さりましたが・・・笑い。)。

私は日帰りなので、帰りは電車は、最終の「のぞみちゃん」である。

友人は、鉄道マニアの悲しいサガで、連休なので、時間はあるということで、関東圏の乗ってない単線の旅に出るとのことであった・・・・・・・ここで乗る列車の説明を聞いて、実は辟易とした・・・・・

後日聞きたくもの話を聞かされました。

なんでも、3日間、毎日毎日、電車旅だったそうである・・・・・しかし、タイムアップで、南東北(北関東ね)地域が廻れなったようである。

そういった事情なので、帰りは一人なので、お気楽である。

その実、わたくし、新幹線大好きです(鉄道マニア的に好きではないですよ・・・いっておきますが)。

速い、快適・・だからと言えばいいでしょうか。

でも時々、早く着きすぎるという問題を発生することがある。

つまりは、早く着きすぎて面白いくないこともあるので、時々プラットコダマを使って、ゆったりと本でも読みながら旅?をするのである。

この「ぷらっとこだま」は、同行の友人もご推奨ではある。

本人は、東京へ行くことが決まった時点で、どうする?と聞くと・・・・帰ってきた答えは、「本当はね、鈍行で東海道線を上りたい!なぁ」と抜かした。

当然の様に、即、却下。

とはいえ、友人のご尽力で電車は確保できて短い旅は始まった。

連休のはざかいでしたので、当然の様に、車内は、結構混んでました。

ちらほらと立ってる人もいました。

個人的には、コダマでねぇ・・・という感じです。

その行の新幹線の車中での出来ごとである。

同じ並びの、通路を挟んだ反対側の三人掛けの椅子に、子供2人と母親が座っていた。

(この家族も名古屋駅からのご乗車だった、ものすごい量の荷物だった。

子供は、小さい男の子、小学生ぐらいの女の子。

乗るときに少し手伝った。)

チビ助二人は、元気いっぱいで、切符を見ながら、「ここだよー」と言っていた。

指定席なので、当然、料金は払っているであろう。

車内改札の時も、三枚見せていた。

車内は、意外と混んでいたので、当然、自由席からあふれた人がいて、通路に立つ人もいたが、それほど混雑しているという感じはしなかった。

すると、通路を押し分けて、歩いてる人がいた。

かなり年配の爺さんだ。

空いている席を探している様である。

きょろきょろしている。

ちなみに、私の席の横は友人の某が座っていたが、たまたまトイレに行っていた。開いていると見るや、爺さん

「ここは開いているかね」と大上段でモノを言う。

わたくし「空いてません」

爺さん「誰もすわっとらんだろうが」といいながら座ろうとする。

わたくし「トイレに行ってるだけです、それにここは、自由席ではありません、指定席です」

爺さん「空いてりゃ、車掌が来て料金を払えば済むことだろう」

わたくし「爺さん、いい加減にしたらどうだ」と物やさしく云ってみた。

(同行した友人曰く、ものすごく怖かったそうである。)

爺さん、「ちぇ・・・・・・老人をいたわったらどうだ」(下品である)

ここへ友人登場

友人「なに」

爺さん「・・・・・・・・」

爺さん、今度は、三列シートに目を向けた。

子ずれの奥さまに目を向けて、「この子供は、未就学児童かね」

奥様「はい」

爺さん「だったら膝の上に乗せたらどうだね」

奥様「は?」

爺さん「未就学児童は、1名は運賃が免除のはずだ、そういった子は膝に乗せなさい」

奥様「運賃は払ってます、膝の上では嫌がりますから」

爺さん「なら、切符を見せたまえ」

私、友人ほぼ同時に「何様だ、このジジイ」わざわざ聞こえるように云った

爺さん振り向いた、目が怒っている。

手に持っていた朝日新聞が握りこまれて「クシャット」いった。

奥様「なんで、よそ様に切符を見せないといけませんか?先ほど、改札の車掌さんに見せました」と・・・少々、お怒り・・・

怒るわなぁ・・・・

わたくし

「爺さん、年取ってるんだったら、物事の道理をわきまえたらどうだ?

ここは、指定席だ。

自由席じゃねえんだよ、ちったぁ、道理をわきまえたらどうだ?」

爺さん「老人をいたわったらどうだ?」

わたくし「老人だからと言って、こっちとら予約をして、銭を払って座ってんだ、それを、爺だからと言って、無理無体に指定席よこせというのは、道理があわねぇ、座席を力ずくで奪うようなことの理由にはならねぇ、そう思わねぇか?違うか、爺さん」

爺さん、わなわな震えて、持った朝日新聞はくしゃくしゃ・・・

友人(はるかにお大人な対応で「あなた、車掌さんに空いてる席がないか聞いたらどうですか?」と優しく言う。

ガラッパチな私とは大違いである。

爺さん「さっき聞いた」

ワタクシ「じゃあ仕方がねぇ、ないなら、我慢して立っていたらどうだ?

それともなんだ、座席指定の金も払わねぇで、無理無体に、子ずれのご婦人をいたぶって席を奪おうなんで了見は、老人だろう、若者だろうが関係ねぇんじゃねぇのか?

なあ、爺さん」

爺さん、プルプル震えながら去って行きました。

この間、ものの5分

奥様からはお礼を言われました。

友人曰く、「朝日新聞の読者だねぇ・・・そのうち刺されるぞ」・・・と。

東京駅で降りるときに、先ほどの奥様が、大荷物だったので手伝って丸の内側まで手伝って運ぶと、旦那さんが迎えに来てました。

単身赴任中のご主人のところへ遊びに来たそうである。

奥さんが、事情を説明すると、

ご主人名刺をだして、素直に「ありがとうございました」と。

某、大手企業の方でした。

僕らは、東京の友人のお迎えが来てるはずでしたが、きていません。

友人の携帯電話に連絡が入った。

友人の車が動かないから悪いけど省線電車か、乗合い自動車で来てくれといってきた。

省線電車、メトロを乗り継げばならば・・・まぁまぁ・・間に合いうかな?

それを聞いた、かのご主人、どちらまで?

友人「●○です」(この辺が図々しい)

ご主人「窮屈でもよければ、途中までどうですか?、うちの寮、その先ですからいいですよ」

と、涙のでるようなお申し出。

ではすみませんと言いながらちょっと古いクラウンバンに

途中、丸ビルの横をを通ると、かの爺さんが、とぼとぼ歩いていました。

おくさん「あのおじいさん、見てみて、あの人よ、鞄、肩から斜めにかけてる」

ものすごく元気そうに歩いていた。

奥様、虚実を取り交ぜて、ご主人に話す話す・・・・ご主人の前だと饒舌ですが、何かしら落ち着いている、というか、家の中で話をしているみたい。

車内でのおいかりの姿とは格段の差。

ほどなく、友人の家についたので、おろしてもらいお礼を言って別れた。

何となく、複雑な気がした。

20150620初出

20160107加筆訂正

| | コメント (0)

疲れるようなこと・・・・・

疲れるようなことをしています。

1/150の名古屋市市電の模型を使い当時の町並み再現・・・・大それたことではありませんが・・・・
240218_430_30
Dscn0946
完成品です。
人形を乗せてみました。
Dscn0944
車内は、いすの高さが足りないので、積み増し。
Dscn0945
大体コレで、1000円分の人・・・・
Dscn0949
トラックにも人を乗せましたが・・・時代的にパネルバンは?ナノで・・・・つかえないかな?
といいつつ・・・アホのように自動車を購入中・・・・スバル360がない!

| | コメント (0)

怒鳴る、怒鳴る。

先日、帰りの電車の車内であったこと。

「オクタン」という季刊発行の自動車雑誌を読んでいると、怒鳴り声がする。

駅に着いたばかりだったので、構内の歩廊で喧嘩でもしているのかとおもった。

発車しても聞こえる・・・・切れ切れに・・・怒号である。

気になって雑誌が読めなくなった。

自分の降車駅について降りると・・・怒号のしていた車両から、よく見かけるいわゆる「壊れたおじさん」が出てきた。降車ドアから若い兄ちゃんが呼応して怒鳴る怒鳴る。

「逃げんな、じじい」と連呼する。

この車両に乗っていた人たちは迷惑だろうにと思う。

「この壊れたおじさん」身なりは、それなり、昔サラリーマンだった風、古の背広を着ている。手提げかばんに、紙袋・・・・・・

歩廊から、階段、改札まで、一人で怒鳴る首を振り振り怒鳴るので時々聞こえない「○○が(聞こえない)、正義か?」「○×○だ、そんな不正をゆるしていいのか」「まちがった政治を、○○(聞こえない)」「中国や、朝鮮に、○○だ!」「攻撃しろ」「正義はないのか?」

えんえんと支離滅裂なことを叫びながら歩速、1キロぐらいで歩く・・なんとなく引きずるようだ。

みんな避ける。

高校生が興味津々で見ている・・・・(目が合うとこわいことになるよ)

駅員は、凝視・・・・・・

家族はいるのかしら?

このおじさん、時々見かけるが、いつも怒鳴っている。

このおじさん以外にも、「ぶっ殺してやる」とか、なんだか意味不明言葉をまきちらしている、歌をうたういいながら階段を上がるおじさんもいる。

壊れているのはよくわかるが、なんとなく怖い。

電車を見て嬉々としている知恵遅れの人がいるが、この人は、ニコニコ笑って時々うれしそうな声を上げる。

この怒鳴る壊れたおじさんは、黙って歩いている時もある。

少し魂の抜けた風である。

見れば普通な感じである。

時々、スイッチが入るのか怒鳴る。

普通、車内で、大声で怒鳴るのは気が引けると思うのだが?

どうも関係がないらしい。

もともとというか、最初から壊れてている風ではない。

途中から壊れた風である。

以前、調子が悪くて早退した時に、電車のボックス席の対面のおじさんが、携帯に出て、「電車に乗っているから切ります」といったとたんに、僕の背面の席にすわっていた身なりのよい50代のサラリーマン風のおじさんが、「車内では、携帯はきっとけ、馬鹿ャロー、迷惑だろう、携帯切れ、切ったらどうだ」といきなり怒鳴った。

こちらは、ものすごく驚いてしまった。

同じことを繰り返して、携帯電話に出たおじさんが謝ると、席を立って別の車両に移って行った・・・・この人も、壊れている人なんだろうか?

時々、車内で、出入り口に陣取って動かない奴がいる。

ついつい「詰めたらどうだ?」といってしまう。

この間、スマホのゲームを延々とやっていて、微動だに動かない160センチぐらいの天然パーマのオヤジは「うるせい」とのたまった。

次のときも「込んでんだから詰めたらどうだ」というと。

また「うるせい」・・・・「何だと?」・・・反応なしただし、ほかの人たちに押されるので、圧迫してやると、耐えていたが、途中で2・3歩奥へ詰めた。

 

スマホのゲームしている、漫画読んでる若いのは詰めない。

時々、怒鳴りたくはなるが、怒鳴らない。

聞こえる範囲で、「詰めたらどうだ?」といってしまう。

込んでる列車の中で、込みっあっている車内で踏ん張っている人の後ろに空間が広がっていると不愉快な気分になる。

足に少々故障があるので、あまり不自然な姿勢をとって立っていると、足がしびれる。

歩けなくなるので、少しでも詰めてほしいと思うのである。

 

初期の妊婦さんマークをつけている人がいて、優先席にどっかりと座っている人、座席に荷物を置いてる、ボックス席の床に荷物を置いて座れなくする人・・・なんとなく腹が立つ、みんな、だまっいている。

前からだが、ついつい、「席を替わったらどうだ?」といってしまう。

 

最近特に多いのは「座席に荷物を置くな」ということが多い。

最近はついでに、「網棚に載せたらどうだ?」とか「荷物は膝の上とアナウンスがあるが聞こえないか?」「一人分の運賃で、座席を二つ使うのはいかがなものか考えたらどうか?」とか、ついつい云ってしまう。

素直に謝る人、怒る人がいる。

大体団塊の世代のオヤジは態度が悪い。

人の足を蹴っていく、この間、海外旅行帰りと思しき(おぼしき)夫婦が、ボックス席に荷物を積んでいたのでどける様に云うと、

「どこにおきゃあいい」というので、

「網棚か。自分のひざの上」というと、

「載ると思うか?」

「そのサイズなら載るんじゃありませんか?載せられないなら、なんなら載せましょうか?」

その後は、にらまれて、降りるときに、足を蹴っていった。

根性が悪い。

この夫婦、大○根で降りて、乗り換えといっていたので、瀬○線の沿線の者らしい。

 

時々、堪忍袋はどれぐらいの大きさかなぁと思う。

でも、大声で怒鳴るときは・・・自分が壊れたときかな?と思う。

 

 

| | コメント (0)

AUTOMOBIL ART EXHIBITION2014

   ノリタケのギャラリーで、今年も開催されていました。

ちょっと時期は早かったですが・・・

Dsc08179

Dsc08183

Dsc08184 稲垣さんの切絵

Dsc08185 斉藤さんのカングローグ

Dsc08215

Dsc08216

動くピストン・・・・・1/24ですから・・・ちょっと怖い

Dsc08218

シャーシフレームステアリングからウッドで自作

Dsc08217

自作された、1/24用の螺子ボルト類・・・・見えない・・・・

Dsc08210

さあ・・なんでしょう

Dsc08214

ITCの「UFO」に出てくるストレイカー指令の車です・・・強烈なデザインですが。

Dsc08211

ご自分で作れらたPOP

Dsc08212

Dsc08213

Dsc08186 

古い写真・・・

Dsc08193

Dsc08202

Dsc08195

Dsc08197

Dsc08198

Dsc08203

棚瀬さんの作品群・・・何時見てもうまいなぁと思う・・・最近はきれいに作らないのがトレンドだそうで・・・・・古臭く、使い込んだ風は、世界が違うのでいいのではないかと思いますが・・・

Dsc08207

キット・・・買ったが・・・・何処にあるのか・・・・

Dsc08206

作品を見ることはいい刺激です。

なまで見るのが一番いいかと思います。

| | コメント (0)

伊野の一本杉(巨木・・・本巣市谷汲岐礼)

一本杉、神社の祠の後ろに鎮座ましましています。

岐阜県の天然記念物との記載がありました。

Dsc05660

祠に屋根がついてます。

Dsc05653

ものすごく大きいです。

Dsc05654

西側から見た図

Dsc05656_2

北側から、別の木を取り込んでいます。

Dsc05657

北東方向から

Dsc05658

東側から見た図

この力強い根方。

Dsc05659

まあ立派です。

Dsc05662

なんかの塾の跡らしいです。

Dsc05664

加子母大杉よりは小さい感じですが、結構な大きさです。

Dsc05665

ぬぬっと大きいです。

Dsc05663

舞台があって、その奥が社殿です。

主祭神はわかりません。

場所は、岐阜県揖斐郡揖斐川町谷汲岐礼です。

幟(のぼり)が立っています。

近くに、一本杉というカラオケ喫茶がありました。

参考

http://www.hitozato-kyoboku.com/ino-sugi.htm

名称 伊野一本スギ (いのいっぽんすぎ)
名称の典拠 現地の案内板(注1)
樹種 スギ
樹高 36m(注2)
目通り幹囲 8.3m(注2)
推定樹齢 1000年以上(注3)
所在地の地名 岐阜県揖斐郡揖斐川町谷汲岐礼(注4)
 〃 3次メッシュコード 5336-25-51
 〃 緯度・経度 北緯35度33分10秒
           東経136度38分19秒
岐阜県指定天然記念物(1964年3月2日指定)

| | コメント (0)

TAM クラッシッカーフェステイバル

きょうは、クラッシッカーフェステイバルが、もりころパークで開かれていましたので、久々に行きました。

Dscn5272

駐車場にJeepが・・・・でもへん・・・給油口の位置が???

Dscn5287

毎年、合同展示会と重なるので・・・あまり来てませんが・・・。

ヨタが3台・・・良くわからない車でした。

1台は、モデファイ?ホイールカバーは秀逸でした。車内にトールペインテイングは????

(ヨタの写真が全然とってありませんでした・・・・・興味ないのが良くわかる・・・)

ホーンはもう出ないのでしょうか?

Dscn5375

あとの2台も綺麗でしたが、なんだか、オリジナルにはそれほど拘っていないようでした。

少し残念。

国産車は、知り合いが全然いなくて・・・WWWWW

外車のお友達ばかりに会いました。

Dscn5304

J2ですが、K3仕様ですね・・・ほひい・・・

Dscn5344

左ハンドルを、右ハンドルにコンバートしたランドローバー。

サイドマーカーが付くのか付かないのか・・・付いてるのと付いてないのとある。

Dscn5342

いいねぇ、E type オープンが欲しいですね。

国産車のイベントに参加しないので駄目だなぁ・・・と。

| | コメント (1)

へんな人

見た瞬間に「?」に人が時々います。

ちょうど、漫画とかでて来る不審者なんですが・・・

今日20時過ぎに、近所のスーパーで見かけた老人のようなおじさん。

上下雨合羽・・で、ゴム長靴、

手には、スーパーの半透明の袋が3袋。

履いているよりも長いゴム長・・・

お茶の入ったペットボトル、

使用済みの食品トレー?・・・

めがねは、壜底風なほど分厚い・・フレームは、大昔のインテリ風

見るからに小汚い・・・合羽は、泥と埃で泥で汚れている・・・

10メートル以内に近寄りたくないタイプ・・・

キャッシャーで、1円を何十枚と出して、お支払い・・・、

代金トレーには、一円玉十円玉が山盛り・・

従業員(今年から入ったアルバイトのにーちゃん)は、「8円足りませんが・・・」

おっさん「ちゃんと、八円(何となく、漢字の雰囲気)あるだろう。

ちゃんと見ろよ。大学生だったら、ちゃんと見ろよ。

ちゃんと出してるんだぞ。

名大行ってても、見てない、馬鹿だなー。

ちゃんと見ないとだめだよ、頭いいんだろ。

いいなら、みろよ、大学いってんだろう。」

聞いてて「???????」

従業員のにーちゃん数えなおして。

「すいません、ありがとうございました」と言いながら、キャッシャーにお金を入れた。

見ていた僕「・・・・・・・・・??????・・・・なに?」(映画三丁目の夕日の茶川さんの酔いがさめて、純之助君を見たときのように・・・)

だいたい、風体が異様である、この暑いのに、合羽で、おまけに風防までかぶっている。

どう見ても・・・不審者・・・・

雨は降ってない、今日は一日快晴でした・・・。

まず思ったのが、何をしている人?

初見の人でしたので・・・ホームレスの親父風・・・

変な人が多くて困ります。

閑話休題

模型屋さんのお話

久々に、某ランドロバーの模型を探して、某店舗へ・・・昨年やめるうわさで、某えときん氏といって以来の訪問・・。

以前と比べて、半額セールで商品膨大な在庫がはけて激減したおかげ?で、狭い店舗はちゃんと通れる。

こういう店やめる気になった店は、欲しいものがない・・・

この店の店主・・・昔から(20年以上前から)、なんだか、喫茶店のマスター風・・・毛糸編みの帽子・・・うーん、いまどき見ないたいぷだなぁ。

在庫をたずねたが、「棚になかった?」と。

「棚にはなさそうなので、見て判らないから聞いてるんですけど?」

あいまいな笑いで返された・・・まあ、良い客ではないので反応がないのだろう。

(ここ数年、買ったのは、長期間の売残りのオードナンスの74式ドーザーパーツセットを定価で、3600円だったか?のみ、だって買うものないので・・・)

もうくることもないかなぁ・・・・この店・・・

元々、定価販売のお店なので、この不況では、買う気が起きない・・・割引になれると駄目だね。

この店主、外で、見ると、「枯れたレゲエ」の人みたい。

むかし、某所で見た時は、「ドコゾのずれたレゲエの親父」と言う感じだったが・・・

10数年前、名古屋の某所で、平日休暇を取って、彼女散策(買い物)中に、行合った。

僕が、頭を下げたので、

彼女は「知り合い?」と聞くので・・

「模型屋のおやじ」というと・・・

「へー、前連れて行かれたところ?」

「そうそう、外で待ってもらった小さい店」

「そうなんだ、ライブハウスの人かと思っちゃった・・○○とかの・・・でも拘りコ-ヒーの店のマスター見たいね・・・」

其のとおりだと思いました・・・なんか、マスター風である、垢抜けていない。

この模型屋、遠いし、経路上にナイ店なので、個人的には、もうどうでもいい模型屋ですね

で、きょうは、もう一軒行きました。

表に「体調不良で休みます」・・・

最近、何時来ても開いてないが「大丈夫か?」とおもいつつも、有料駐車場がないところなので、普通は行かないので・・・まあいいか。

2軒廻って・・・疲れて・・帰ってから爆睡・・・

| | コメント (0)

岐阜駅の警備・・・

先日、というか、岐阜大学の受験の日に、JR岐阜駅に、それこそ「山のよう」に、警察官がいた。

皆様、防刃のベストを着込んで、フル装備の状態で、いたるところに、それこそアリのはいでる隙間がないようにいました。

ちょっと、警察官達の緊張している雰囲気から怖い感じがしました。

何となく、警備モードはなく、警戒モードでした。

監視してると言う感じが強かったです。

昨年の岐阜清流国体時に、陛下の臨席があり、そのときの警備状況とも違う、なんとなく異様な感じがしてました。

間抜けな上司に、「沢山警察官がいましたね」というと。

「去年も、岐阜大学の受験日にいなかったか?」という間抜けな反応。

くだらないことにものすごく良く反応するくせに、肝心なことには気を配らない。

通路の出口入り口、要所要所に、絶対に逃がさないという決意のようなものを感じる警備状態でした。

改札口には、数人の警察官が目を光らせ、エスカレーターののり口、降り口、各入り口・・・・半端ない数で・・・・「これは、何かあるのか?」「何かあったのか?」

そのとき思ったことは、「爆弾?」「テロの予告?」でした。

ありえない警察官の数でしたので、これだけの動員はありえないなぁ・・・休暇日の人間まで狩り出した感が強かったです。

帰りの時間帯にも、まだまだ、朝方に比べるとはるかに少ない数でしたが、沢山いました。

その日は、結局何だかわからず・・・・

数日後、某新聞に、「無差別テロを名古屋駅、岐阜駅で行う予告」があり、その予告した犯人が捕まりました。という記事があった。

テロの予告があったのね・・・とおもいつつ・・・岐阜駅でこの警備だと・・名古屋駅はもっとすごかったんだろうなぁ・・・と。

なんか、知らないで、無防備に歩いてるのもなんだかなぁと云う気分でした。

真意は、くわばらくわばらである。

と書いて・・・ふと思った。

226事件の時も、こんな感じだったのではないか?

市民は、何がなんだかわからない。

わからないけど、最近の流れで、警察官が大量に配置されている、イコール、何か、事件事故、テロの予告があったと考える様になるのではないかと思う。

当時、226事件の前の、515事件では、減刑の嘆願が相次いだと言ううことである。

判官びいきもはなはだしいのである。

「日本放送協会(当時はNHKとはいわない)」の「兵に告ぐ」を聞いて何となく判った程度だろう。

戦後、特に、昭和50年代ぐらいから録音盤がでてきて、憲兵隊の人の話もでてきて何となく「?」が少しずつ解消されていったような感じはする。

しかし、226事件で処刑された人達を、崇拝する人がいるが如何なのか?というきがする。

軍人は、天皇親政をいうが、基本的な考えはなく、単なる軍事クーデターでしかない。

その後を考えていない行為であった。

指導者連中は、天皇親政ではなく、どちらかと言えば社会主義的な観念を持った者もいた。

大昔、右翼の人が街宣車に、北一輝の事を褒めているのを書いていていたのを見たことがあるが、「あなたちは、北一輝の著作を読んでい書いているのか?」と聞きたくなったことがある。

当時のことで解明されていないこととして、外国勢力特に、ソビエット連邦共和国の地下活動は解明されていない。

特別高等警察の社会主義勢力の現状と題した「極秘」の印を押した報告書を持っているが、国内の共産党の「細胞」に付いて記載はあるが、軍部内の共産党細胞についてはまったく触れれていない。

存在していないと端から思い込んでいる節がある。

しかし、ゾルゲ事件の様に、軍部独走を止めたい、そのためには、外国清涼くを利用しようとして、逆に、利用されていた者もいたぐらいであるから、皆無とはいえないような気がする。

気がするとは、中途半端であるが、政治、経済に疎いと言うか、何も学んでいない集団だったので、そういった細胞浸透勢力には弱かったのではないかと思う。

真相は、いまだに藪の中である。

| | コメント (0)

なっちょるくん

聞きなれない「なっちょるくん」とは?

Dscn0559

岐阜県山県市に庁舎に行くと、山県市全図にオレンジ色の物体が・・・

おもわず、仕事先のお方に仕事の話がひと段落したときに聞いてみた・・・

ねんです?このオレンジ色のオオサンショウオ見たいな物は?

ああこれですか、旧伊自良村のマスコットですね・・・
なっちょるくんといいます。

なっちょる君??????

ちなみに柿です・・

尻尾は?

・・・・・
山県市の観光大使です・・・

観光大使??????
柿なんですか?

へたがついてますでしょ・・・

へた?
(良くみると頭上についています・・・)
この辺は、柿が名産ですよねぇ・・

ええ、この辺から大垣迄は、柿の産地ですねぇ

大野町は、たしかパーシーちゃんというキャラがいましたね・・・
此れも柿でしたね・・・

そうなんですか?

なにかグッズとかはないのですか?

ないですねぇ
イベント会場で、なっちょるくんの顔のパンを売るぐらいですね。
最近いろんな会場に顔出してます。
この間も、昭和村へ行ってましたね・・・

へー

なんでもゆるキャラで売り出そうとしてるみたいですね・・・

ははははそうなんですか?

そうみたいです。

帰りがけに、受付嬢にも聞いてみたら、ちゃんと担当部署に聞いてくれたようで・・・グッズはありませんとのこと

少し、残念・・・

ちなみに「なっちょる」とは・・・岐阜県の方言です。

バイトのおばちゃんに聞いたら「なっちょるなんて、いいません!」といいながら「柿がなっちょる!」ていいませんか?と聞くと

「柿が、なっちょるていいますねぇ・・・」と

そう・・「なっちょる」というのは、「(果物が)なっている」の方言です。
ちなみに、名古屋弁では「なっとる」といいます(w)

なんと、安易なネーミング・・・・名前付けた人に座布団1枚あげたい気分です。

ちなみに、その後、旧伊自良村の地区へ行きまして・・・赤道には行って行く羽目になり・・・・写真と、計測、地勢確認をしていたら・・・・かなり太い緑いろのナガムシ・・・蛇だね・・・・ズルズルと・・・・・・

おもわず・・・泉鏡花の「高野聖」の御坊ではないが・・・生得大嫌いなものなで・・・・人間ができていないので・・・件の御坊のように念仏を唱えることも無く、

「ぎゃー・・・・・・・・」といいつつ

「すたこら」にげるではなく

脱兎の如く・・・逃げた・・・

あいにくと「蛭」はいませんでしたが・・・居そうな雰囲気でした・・・やっぱり山へ行くなら秋か冬ダナァ・・・と痛感することしきり・・・・。

上司には、10月の終わりに行きましょうと伝えた・・・・

| | コメント (0)

オートモービルアート ノリタケの森

お友達が、何人もおいでになる「AUTOMOBIL ART」展へ行ってきました。

本当は、昨日行く積もりだったのですが・・・豪雨と雷雨・・アンド急な仕事のトラブルで・・・残業でいけませんでした・・・・

Dscn0818

Dscn0804

本来撮影禁止ですが、お友達にお願いして撮影させていただきました。

撮影時は、STAFFのカードを貸していたただきました。

伊藤様ありがとうございます。

伊藤さんは、切り絵です。

編みタイツの姿が秀逸で。デザインカッタで全部抜いてあります・・・すばらしく根気のいる仕事?です。

Dscn0807

Dscn0809

他に、コンコルドの絵がありまして・・・これは欲しかった・・・金銭的余裕なく断念・・・

Dscn0813

コンコルド、大好きな飛行機です・・結局1度も乗れませんでしたが・・・・

あの轟音、怪鳥のような姿・・・

AIR FRANCEの広告みたいです。

ジャガーEtype ライトウエイトですね

Dscn0814

すばらしいART作品です。

ほかにも、ゴッゴモビル、907 GeeBeeRACER、グッピー(NASA)の絵もありました!!!

棚瀬さんの模型作品です。

Dscn0816

BATMANシリーズ!

R8氏に同伴してもらいましたがたのしかっかったです。

毎年、妙に、いけないことが多かったのですが・・今回は行けました。

お暇な方はどうぞ・・・

ノリタケ森の展示室で、開催中

http://www.facebook.com/photo.php?fbid=328959667196533&set=a.138058156286686.30975.100002475078991&type=1&relevant_count=1

| | コメント (0)

より以前の記事一覧