だらだらと、分析しつつ本を買う事

私が、SHSの事を書くようになって読者が沢山いる場所が表示される。

モデラーが多いのか・・少ないのかよくわからんが・・・

愛知県は多い

(岐阜県の悪口を書くと異様に増える)

SHSがらみになると、今回は、西日本が多い

東北は、県で差がある。

岩手、山形、皆無、

静岡も少ない.

静岡市内の模型屋は全滅らしい・・・

和歌山、大阪、神戸、四国、岡山、広島

鳥取少ない

鹿児島、宮崎皆無・・・ですね。

うちの近所は、某量販店があるので大助かりであるが・・・模型店がない・・・模型が買えない、塗料が買えない・・・素材も買えない

大体通販が主体になる。

送料に食われるんで、買う金高は下がる。

そうして、通販が流行る。

通販業者は、割引がない。

代理店の定価と書いて、何割引きと書くのは変だろう。

最初から、定価じゃなくて、割引価格が定価なのでは?思う。

模型店の個人輸入、原価プラス送料に、利益率を乗せるのでべらぼうな金額になる。

130ドルぐらいの飛行機のレジンキットがあった。

送料は20ドル

その模型やは、26000円以上の上代を付けた。

しかも注文取っての販売である。

確実に売れるので、ロスもない・・・

これは、輸入大手の価格を参考にしたのだと思うが・・・

ちょっと暴利ではないか?

以前、30ドルぐらいの商品を頼んだら、全然来なくて、入院中にメールが来ていた。

当時は、スマホではなかったので、返事が遅れると、怒りのメールが幾通も来ていた。

で、30ドルの商品は、1万円近い金額を請求された。

ちょっとビックリであった。

それ以来、ここに頼むより直接買った方がましと思う様になった。

多少のリスクは覚悟しているが、輸入模型屋の暴利を助けることはないと思っている。

中国本土は、本土から買うと安い、香港経由になると値段が跳ねあがり、送料も米国並みになる。

米国は、沿岸部が安く、内陸部からの送料はべらぼうに高い。

本なんかは高い

20ドルの本の送料が47ドルだった・・・学術書だったで仕方なく・・

国内のいろいろの処を聞いてみて、その本はなかったので、ebayで探したら出てきた・・

予想通りの図がありうれしくなってしまった。

しかし、古い学術書は高い・・・・三菱航空機製作所のエンジン関係の本、生産技術に書いてあるので、欲しくて・・・・図書館の本をコピーするのもつかれるで・・・・、

古本屋のサイト探してみた

1冊のみで2万円近く

密林で8千円

20年ぐらい前の東京大学出版だから出版部数は少ないく、定価も高い・・・当時6000円

密林で買いました・・・

今月の本代4冊で、2万円・・・・もう買えんなぁ・・・

 

 

 

| | コメント (0)

SHS(静岡ホビーショー)など

facebookのこの関係の文章を掲示したら皆さんに読んでもらえたようでありがたいと思います。

SHS(静岡ホビーショー、以下SHSと記す)は、すでによくわからないうちに全世界規模になりました。

参加クラブも増え続け、会場も拡張し、通路も狭くなりました。

見学者はうなぎのぼりで・・・数十万人レベルとなっている。

こうなると問題が出てくるのは当たり前で・・・

まず、合同展示会への参加者で、一部非常にモラルが低い者が出てきたということである。

会場地下駐車場で車中泊、ついでに、宴会・・・・厳重注意

企業の好意で借りていた駐車場で車中泊…ついでに、宴会・・・今年からその駐車場が使えなくなった。

作品を盗むやつまでいる。

大体、土曜日の夕方、懇親会に出るために皆がぞろぞろと会場を後にする時間帯・・・に盗むんだと思うが・・

多くの店員が見ている中、掠め取ったやつもいる。

きっと、万引きも横行しているんだろうな・・・と

会場へ見に来る人の問題行動も顕在化している。

見る側の、マスでの移動が多くなった。

撮影態度も悪い。

うちのクラブの横が有名モデラーさん(雑誌に作例をよく載せている人らしい・・・)の主催ブースだった

うちの際(きわ)に、スターウオーズの情景があった。

見る人の目線を考えた置き方で、高い位置にわざわざ置いた。

皆さん普通の位置で撮影を敢行。

人が寄ると、つられて人が寄る・・・うちのブースの前にはみ出して撮影・・・

で、女性の肩から下げたカバン

おっさん、兄ちゃんの肩から下げたカバン・・・カメラ・・・が、作品の上を周回する

みんなスマホの撮影に夢中で気が付かない。

おかげ注意すること再三再四・・・

で、隣のブーズは無人・・・誰もいねぇえよ・・・

誰か、必ずいるように指導が入っているがいない・・・

で、待つことしばし、有名もデラーがご本人が、ご帰還。事情を説明した。

うちの会員が、「会長(こういった時だけ会長・・・)、危ないでさ、となりに言ってよ」と・・・

云うと、この方、ああすいません…と言いながらすぐに移動してくださいました。

おかげで、フルスクラッチ作品の破損という事態は免れました。

数年間隣が、ある特殊な作品群でした。

ここに来る客の撮影態度もひどいものでした。

注意する気も失せるぐらいでした。

まあ、丁寧に、注意したら反応よくどいてくれるのでいいのですが・・・ねぇ

向こうは1回、こちらは2日間ずーと注意してると嫌になる。

 

懇親会は盛り上がっていいのです。

うちのクラブと、関係クラブはいつも同じような位置のテーブルの周辺にたむろしてます。

年寄りが多いので、座るモードです

同じような位置のテーブルなので、毎年同じような人がいます。

乾杯が済んで、会食が始まると、テーブルかぶり付きで延々と食いつ続ける人がいる。

こちらは、すいませーんと言いながらクラブ員の分をもって帰る

親鳥の、餌運びみたいなものです。

大体、21時から二次会があるので、ちょっとセーブ気味

とはいえ、昼食べてないので、少しは食べる・・・が

20分もするとテーブルの上は・・・から

ほかのテーブルは、結構余っているとも聞いたので、場所によるのかなぁ・・・と

なかなか、厳しい意見も多いもですが、ここは、自主的に是正する方法にもっていきたいと思います。

入場料を取るは厳しいと思います。

合同展示会の参加者から徴収するのは可能であると思います。

参加者一人頭1000円、1000円分×人数、記念バッチは、その人数分とするとか。

一時時期参加クラブをかなり抑制していましたが、現在は膨張気味です。

島ブースは、場所のロスが大きいように感じますので、やめるとかも考えてほしいですね。

また外国の参加者で、やたらとその国をを意識させるTシャツを着こんだ一群がいました。

大陸系です。

ちょっと威圧感を感じました。

中華民国の方は、圧を感じません。

今年は、臺灣大学出身の方と、うちのクラブのM113好きと意気投合してしてました。

非常に、友好的で圧を感じませんでした。

日本人が、同じTシャツ姿でいてもあまり圧を感じたことはありませんでしたが、今回は何か、いやな「圧」を感じました。

改善点を、みんなが、要望として提出することも必要ではないかと思うのですが・・・

| | コメント (0)

SHS悲報 駐車場が使えなくなった訳

SHS(静岡ホビーショー)では、今年(2019年)から、ある企業の駐車場が使えなくなった。

理由というか原因は、昨年(2018年)の土曜の夜半

この駐車場で車中泊をしていた一団が、夜、駐車場で宴会をを開いていたそうな

そこで、近隣そこで近隣住民から苦情が来たと判明・・・・

2017年は、会場地下の駐車場で車中泊、宴会で大問題となった・・・・

宿泊が取れないないからか、宿泊代(現在高騰中)がもったいないからか・・・よくわからないが・・

金がないので…でというのは真相ではないだろうか。

金がないなら来るなとは言わないが、もう少し考えてほしいという事である。

例えば、夜のパーティーで、テーブルにかぶりつきで、延々と食っているのが多数いる。

あんた一人のテーブルじゃないと思いつつも・・・すいませーんとか言いながら突入すると

めぼしいものは残っていない・・

車中パーテイ組は、この食材を持ち帰り宴会の具材としていたということも聞いた。

最近、一部の迷惑な人の身勝手な行為で、他の大勢が被害を被ることが多い

最近、というか、ここ数年、この辺の話が多い。

一部の非常識な行為で、いろいろな会合がなくなる。

車のイベントでも、爆音を立てて入場する車の所為でイベントが中止になることが多い。

その理油は、近隣住民からの苦情である。

SHSの会場近くのイトーヨーカドーも買い物に来ないSHS来場者の駐車で困っているそうである。

何か買えばいいと思うのだが・・・・モデラーは、なのも買わないで駐車する輩(やから)多い。

駐車場は誰のためにあるのか・・・何のためにあるのかを考えてほしいと思うのだが・・

多くの人(といっても周囲の人ですが)は、入場制限を考えるべき時期に来たのではないかという

そこで、SHSへの入場料を取るべきという論議がでている。

合同展示会の会場でも、出品ブース1人1000円とかね。

あと、ここ数年、警告を受け続けているらしい、会場周辺の交通渋滞がある。

それは、土日の会場周辺の交通渋滞である。

渋滞があまりにもひどいので、今年は、静岡県警から重大警告があったようである。

来年は、一般駐車場が閉鎖、遠方の駐車場、来場者はシャトルバス輸送になる可能性がある。

会場は大人気で、来場者は増え続けているが、模型店は反比例して減少傾向である。

タミヤさんは、小売店さんお実体調査に乗り出したようである。

タミヤ自体は、小売店のデーターをほとんど持たない。

量販店の様に、カートン単位で商品を買う店舗以外は未把握である。

模型店が全滅し他県が実は多い。

小売店としての模型店の絶滅地域が多い

友人によれば、静岡市内、徳島県は全滅である。

うちの近所のは、某店舗があるので助かっている。

近所の模型屋は、車で行く距離の店しか残っていない。

いくら近所で、3割引きでも、中華系の暴利ななキットは買わない。

代理店の暴利があまりにもひどい

某社が代理店になると暴利なモードになる。

それのほかの代理店も合わせる・・・海外で6000円の商品を、日本で12000円・・・これでは、一般の模型屋は仕入れができない。

で、直販は、20%引きと云って売るのである。

最近もある代理店で、自社の店舗売りは、20%オフである。

小売店を舐めてないかと思う。

某社の戦略としての5000円を切る価格帯というのは結構大切である。

この内容なら5000円でもというキットなら良いが、中華系の珍奇なだけのものはいらない。

この様に、模型の販売、製作環境が悪くなる中で、同窓会の様な楽しみがあり、モデラーの楽しみであるSHSの合同展示会の火を消さない様に皆さんで協力していただきたいなぁと切に願うのである。

(お願い、Twitter等のSNSでリンクを張った場合はご連絡ください、気が小さいので、参照数が激増して不安になります。よろしくご配意ください。)

 

20190610初出

20190627加筆訂正

 

| | コメント (0)

2019年 合同展示会と云うか静岡ホビーショーの問題点など

今年も、SHS(SHIZUOKA HOBBY SHOW)は、大盛況のうちに終わった・・

さすがに盗難事件はなかった様であるが、ほかの問題が噴出したらしい

 (2017の事件)

http://flattwin.cocolog-nifty.com/blog/2017/05/post-4939.html

主に警察関係と云えばお分かりになるのだろう。

今回は、厳重注意が来たらしい・・・

会場にいる人にはわからないが・・・周辺の部の交通渋滞である。

渋滞は、十重二十重と云う感覚である。

施設作り付けの駐車場のキャパシテイが少ないのだから考えた方がよいと思うのだが・・・

展示会参加車の台数を絞るとか、駐車券のカラーコピー対策が必要ではないかと思う。

昔関係のあった某名古屋のクラブは、以前Nダと云う会員が、そんなもの「カラーコピーすれば、わからないよ」で、数枚コピーしていた。

考え方が犯罪的である。

ちなみに、Nダは最近見かけないが・・・。

Nダの様に、ばれなきゃ不正をしても良いんだという感覚は止めてもらいたい。

苦情の原因は、どうも、駐車場へ入れない車が路上で大渋滞を引き起こしたことで、周辺の商店、店舗からの苦情らしい。

また、以前借りていた駐車場は、何かやらかしたようで使用できなくなった。

これまたもデラーのモラルという事になる。

ホビーショーの解除へは、土曜の朝から入場者の長蛇の列

7時に着いたらもう並んでいた。

翌日も、7時に着いたらもういた。

合同展示会場への出品者入場が8時からなのだが、せめて7時30分には開けてほしい

その時間に開けてもらえれば、出品者がゆっくりと他の人の作品が見られると思うのですが・・・

一般の人の入場を15分繰り上げるのなら、出品者の入場も繰り上げてほしいと切に願うのである。

2年前に盗難にあったMSモデルスさんは、監視カメラの嵐であった。

また、去年入社した元自衛官の人が諸般の事情で辞めてしまったことを知って少々ショックであった。

 

日曜は・・・・延々とい整然と蛇行していたが、モデラ―ズフリマの列へ横入りする不届き者が結構いた。

モデラ―フリマも、ACモデルス宣伝をもう少し早くアナウンスしてほしかった・・

気が付いたのが二日目で・・・すでに資金難で買えず・・・

 

ただ良い作品を見ると本当にうれしくなってしまう

 

Dsc03517_1thumb1

| | コメント (0)

降りる理由・・・・スケールアビエーション(scaleaviation,SA)とか、買わなくなる時期の選択

このブログで人気なのが「さらばスケールアビエーション」( http://flattwin.cocolog-nifty.com/blog/2015/09/post-ec40.html )と

「あきれた爺さん新幹線の中で」flattwin.cocolog-nifty.com/blog/2015/06/post-6479.html である・・・

さらば「スケールアビエーション」創刊号から買い続けていた。

2年ほど、購入を止めるか止めないか悩んだ・・・けれども結果、名機100戦の終了と同時に止めた。

悩んだというか、やめる決意を翻意する否かを検討していた。

ちなみに、この間は、模型屋さんの定期購読だった。

この期間は、ある降りることのモラトリアムであった。

要は、購入を中止するかしないかの猶予期間であった。

結果、内容が悪くなるばかりで、もラトリアㇺの意味を途中で考えてしまった、名機100が終わる前に95機目ぐらいで、本当に金の無駄という感じがしていた。

もう1年ぐらい、買う理由がなくなったということである。

この名機100選も、仄聞によると、途中で連載中止の申し入れが新編集長から打診があったそうですが、100機まで作るのが契約だらと云って続けたそうです。

この名機100の終了とともに、私は、「スケールアビエーション」(通称「スケビ」、最近は、「SA」)の購入をやめました。

まあ以前延々と書いたので理由は再度かきませんが、読むところのない雑誌はいらないと云ことである。

コラムを書いてる女性モデラーが、フェイスブックでも人を舐めた態度だったのも拍車をかけました。

この人、途中でフェイスブックからいなくなってましたが、最近復活しているの気が付いたが、どうでもいいやと云う感じである。

模型が雑誌の「(お刺身の)ツマ」と云う感じを感じてしまうのは、「なとなくつまらん」と云う気が起きる。

時々、大手の書店では見かけるが手に取ることはまずない。

画面が暗くて、コスプレなおねーちゃんの写真が出ている・・・

一般紙として読むのなら問題ないのかもしれない。

それでは、残された時間の短い者は、読む気にならんのである。

大規模店舗に行くとSAは置いてある店がある、発売直後は5冊ぐらいある

1か月後は2冊ぐらいのこっている。

AM(アーマーモデリング)は、大体2冊から3冊残ってる。

ある雑誌で編集を業としている人と話をしていたら、多くの場合は、最盛期(バブリナーな頃)と比べると大体多くの雑誌が5から10分の1ぐらいの部数にの落ち込んでいるそうである。

10分の1を切ると非常に危険だそうである。

5分の1を維持するのが大変で、読者の年齢層が上がるにしたがい、皆さん、降りる理由を探しているという事になる。

如何に降ろさないかが最大の懸案事項と聞いた。

現在は、模型雑誌は、老舗のHobbyjapan Modaelart、後発ではあるが老舗になりつつあるModelGrafix、ちょっと古いScalAviation、ArmarModelingぐらいしかいない

後発で、電撃ホビーマガジン、マスターモデラ―なんて雑誌もあったが、今は休刊と云う名の廃刊である。

マスターモデラーは、人が居なくなったという理由で休刊

マスターもデラーのAFVに記事は、ドラゴンと某レジンメーカーの製品の紹介みたいだった。

編集、作例を作る人が同じと云うひどい職場だったようである。

(最近読み返いして痛感している・・ある特集は、大半がドラゴン・・あとは、当時馬鹿見たいに高いと思ったレジンメーカーの製品(現在は、ミニアートででほぼすべて製品化されたが・・・・)。

 まぁ現在の飛行機関係の不定期誌は、某社の新製品の紹介がメインでつまらん・・・と。

 広告主だがら批判ができないのはよくわかるが、多くのもデラーが批判している部分の考察等がないのが悲しなぁと。

 

電撃ホビーは、古き良き時代のホビージャパンをカラー化した感じだったがあえなく沈没

連載状態が悪かったように思う、HE177の記事が読みたかったが続編が見つからなかった。

アーマーモデリングは、毎月になり終わった感がある。

調べるということを放棄している者へのパスファインダー的になりつつあるのは、模型雑誌としてどうなんだと思う。

一般企業に勤めていた人を、製作者に引きずり込む、編集に製作者を引きずり込む。

それらの人のおおくは、数年で退社、

酷いと死亡させるという雑誌である。

製品をプレゼントと称して奪い、記事を広告として扱い原稿料を払うことを渋る。

また、原稿料の支払いが悪い、作品を返却し忘れる。

友人某は、編集に入る時に、特別な条件を出して入社したが、その条件と云うか、約束が反故になされた。

ものすごい重労働であったそうである。

そうして、異邦地で急死してしまった。

最近、模型雑誌は、情報を得るためだけに買っている感じがする。

接着剤や、塗料の情報は貴重である‥が、本筋から外れてないかと思う。

でも、お役たち情報としては貴重である。

新しい素材でも、安定供給されなさそうなものは使わない・・・数年でなくなるものもある。

それも、新鮮なものではないのでどうかなと思う。

車関係の雑誌はほとんど買わない、お義理で買うのは1誌のみ、義理がなければ止めたい気がある。

車雑誌で、なくなったのが残念だったのは、SuperCG、Naviかな。

Naviは編集長が引き抜かれてからはグダグダ・・・内容がとたんに悪くなった。

元左翼の活動家でも能力があるというか、車と他の物のコラボレーションというか、生活スタイルとしての車との生活を紹介した点は目新しかった。

前例を墨守しないから面白いのだろうと思っていた。

いつの間にか休刊していたが、編集長が引き抜かれて、従来の踏襲ばかりになった時点で「終わったな」と思って買わなくなっていた。

だから何時休刊になったのかも知らない。

某車雑誌の社長は、一時期ものごい勢いで車を買い込んでいた。

取材先の車を、日本人のコレクターに売り、中間利ザヤを儲けていた。

ある時関税法違反でつかまっていた(w)

現在は、資金繰りのためにほとんど個人で持っていた車を売り飛ばしたようである。

スケールアビエーションの昨今の傾向は、模型とその他の趣味の結合、生活にまで・・・範疇で大幅に客層を広げたいという思いがるのかもしれない。

丁度、NAVIの様に、車を中心としたファッション、時計と云った点へ、関連部分への拡張を図ることで、読者層の拡張を狙っている気もする.

ただ、雑誌を、何十年買っても、数十万円である。

うちの子の車のデフ1個、定価でも13万円(25年前)ぐらいだった。

あるお店では、純正の新品は、45万円(10年前)ぐらいするらしい。

そう考えると、模型の雑誌買うのを止めてもさほどの収支を改善するわけではない。

固定感のない雑誌は平置きになりがちであるので、場所取りはなくなった気がする。

が、やめたというのは、どぶに金を捨てるような気になっていたからである。

また、某SA,AMは、広告主に対して、印刷部数、実売数を公表しなかった点で、どうも信用できないのである。

 

 

| | コメント (0)

最近の模型の値段(加筆しました。)

先ごろ(2018年7月ごろ)、ある700分の1、中国メーカーの米国の戦艦のキットが定価13000円で販売されていた。

同系艦は、少し遅れて発売で、8000円…中身ほぼ同じ

中身を見せてもらうと、エッチングパーツもついているので、13000円で値段設定にしたのだろうと容易に想像がついた。

代理店は、輸入代理店「某A」である。

最近は、値付けがひどく高くて、値段が高いの有名である。

値付けは、売れると踏むとやたら高い、売れないと踏むと…いきなり販売価格を下げる。

強気一辺倒ではない。

その製品を作った中国メーカーの人が、中国の武漢からわざわざ出て来て日本国内視察をした。

視察の理由は、なんでうちの商品が売れないかと思ったのである。

日本国内の店舗を通訳付きでくるくると廻った。

…すると店頭の値段は中国価格の3倍・・・・安いとこでも2倍以上・・・・

かの上品な社長は、これでは売れませんね・・・と率直な感想を述べて帰国・・・

某代理店「A」の親会社「B」は、当初、国内の模型を海外へ売る会社であった。

もともと、某「輸入代理店A」社は、輸入品を扱う代理店だった。

値段は良心的であった。

以前というか、前の経営者の時代は、値段は海外の1.5から高くても2倍(原価の安い商品)程度だった。

輸入原価プラス20%ほどの利益を上乗せしていた。

当時が原価も安かったのか、それほど高いと思うわなかった。

現在は、原価が高いので、2から3倍だと、大体10000円を超える

経営者は自身の引退で、会社を売り飛ばした(と聞いている)。

(最近はよくあることである。)

日本国内の模型を海外に売る目的で、「B」創設された。

主な販売先は海外だった・・・・であるが、外国の人には最初から敬遠された。

敬遠された理由が、送料を込みの値段で高いのである。

普通の日本の通販が、1割2割引で、1万円以上を超えれば送料ただというサービスさえる。

しかし、「B」は定価ブラス送料で、全体的に高いのである。

 東南アジアのモデラ―は素直に「だって、高いんだもの・・・」と苦情が出るぐらいである。

 下手したら、外国の地元で買うのと値段が変わらない・・・そうである。

 某A社(仮名)は、現在「B」社の子会社であるが・・・・子会社化する前から、従業員の態度がひどくて有名だった。

 前代表者(オーナー社長)が、やめる少し前からいわゆる「ひでーぇ」態度だった。

 実際、此奴らは、商売をしている人間とは思えない発言を平気でする、デブ二人だった。

 商売をする態度ではなくて、殿様商売・・・

 で、中華メーカーの1/700の船であるが、代理店の値付けがあまりに狂ったような高値であるという事を理解した。

 そこで、メーカーから直接で、仕入れしませんかという話が来た。

 聞けば、仕入れ値、(原価、税関、送料、支払手数料)を勘案しても、「A」社から仕入れる値段より数段に廉い

 通常の定価(仕切ねから40%上乗せの金額)からの値引きで販売しても、、「A」社からの仕入値が、売価になりそうである。

 少量の輸入で、ペイパルで支払いができる。

 お店屋さんは、「A」からのこの商品の仕入れはしなくなるようである。

 最近、とにかくも模型の値段が高い。

 輸入品は高い

 原産国の値段が高いものは仕方がないと思う。

 でも、原作の値段が安いものでを国内で非常に高値で販売するのはいかがなものかという気がする。

 前にも書いたが、模型メーカーが代理店になると、本業の模型生産の赤字をカバーしようとするのか、非常に高い値付けをする。

「C」社が代理店になると、最初のころは、以前と変わらない安い値段で売っているが、一月二月と時間がたつと、2割3割と値段を上げてくる。

 既に、現在、割安感はなくなって普通の値段になりつつある。

 行きつけのお店での大幅割引で、その値段である。

  サンダーモデルという中華メーカーも、某Dさんから、模型メーカー「E」が代理店になったとたん、値段は、当初の販売予想価格のほぼ倍である。

  本業の飛行機模型が売れないからといって、某代理店兼メーカー「P」社の創業者が、「E」社在勤中にやったような、値付けで儲けようなんてことは止めた方がよいと思う。

(それは、30年ほど前、F社の初期の製品である〇〇式軽戦車を、9800円なんて当時としては、法外な値段で販売した。

 値段を見た時に、死にそうな値付けだと思った・・・

 箱開けると・・・・がさがさ・・・・・・・・・

  当時、戦車模型の値段が、3000円前後が主流で、割高感があった。

  そのころに、9800円の値付けである

   その値付けをした者が、「P」社の創業者である。

 メタル製の出来の悪い日本兵が入っていたがこれだって原価1000円はしなかったであろう。

 この時は、唯一のキットという事から、泣く泣く我慢して買った覚えがある。

 多くの模型店で、15年、20年と店晒しだったことは珍しくない。

 その後、10数年を経て、3000円ほどで再販売されて、販売店から憤激を買うことになった。

 悪徳なのは、「E」社であり、祖の値付けを主導した「P]の創業者である。

 これが成功体験なのか、とかく個々の値段は高い。

 この会社の輸入品の値段は、全部強気である。

 中華メーカの値段はほぼ倍である。

 再販売の製品の値段がほぼ旧値段四割増しである。

 例えば、デカールなんかは、それほど高い商品ではない。

 並行輸入ものは大体2000円以下である

 この「P」が代理店で輸入したデカールは、3000円以上・・・・

 普通にEbayで送料払って輸入する方が安いのである。

 ある代理店が、現在なら定価の何割引きで販売と書いてあった

 定価1万5千円以上、値引きで1万2千円ほど、

  海外の値段を調べると・・・・通常のお店の 販売価格が、8000円しない・・・・・安ところでは6000円台・・・・

 もう詐欺みたいな値段のつけ方である。

 景表法違反のレベルである。

 ちょっとひどいという感じではない。

 去年だったか、当初の予定販売価格が、ほぼ1万円の模型があった。

 代理店は、模型メーカーの「E」社

 ところが、よほど予約がすくくなかったようで、5000円台に急遽値下げ・・・

 ここの中華メーカの値付けもひどい。

 大体戦車が1台1万円・・・・・しかも次々とでる・・・同系型が・・・一度に

 金が持たん・・・のである

 出来が悪い癖に、高い。

 ものすごーく高いものに限って妙に合わない。

 適正価格ぽいのは、ちゃんと合う・・・

 ドラゴンのきっと目指す会社と、タミヤを目指す会社の差なんだろうかと思う。

 悪徳商人に騙されて商品を買っている気がしてしょうがない。

 模型人口が激減するであろう時代に何を考えているのかと思う。

 若年層の模型人口なんて、現在の40代以上の人口に比べれば、100分の1ぐらいである。

 (言い過ぎかもしれないが、模型店に来ている子供は1ケ月に1人ぐらいである)

 私は、最近、海外メーカーの製品を自分用に、Ebayで購入して普通に輸入している。ウクライナ、ポーランドから買っても大体1か月で届く。

 欧州で、2週間、米国で1から2週間

 中国で1から2週間

 そう考えると、国内の馬鹿みたいな値段で買う必要性があるのかと思う。

 多少纏めて買うので一回の支払金額は増えるが、それほどの負担ではない。

 基本的に思うことは、あんまり非道ことをしていると、客が逃げるよと云いたい。

20180720

20180721加筆

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

行きつけのお店 続報 進展なし

昨日も、と云うか1週間ぶりで行きつけのお店へ

新製品があんまりないので、なぜか○○と、○○用セットを購入

○○用セットは2個目

××の○○用は出ていないような気がする・・・・

で、例の件の進展状況を聞いてみた

進展はない…というか、弁護士の内容証明に反応がない

弁護士にしてみたら、損害賠償請求をしない案件なのでつまらん(金にならん)案件だろう・・・

威力妨害で、店頭に無断で、目的外の侵入をして威力妨害をしたので、そこは、損害賠償をすべきでは?と進言しておは置いたが・・・

先日、ホームページの機材の写真名称から機材の値段を調べてみたが、お店の方が、この医者の通勤用のベンツの値段を調べている。

大型のセダンだそうである。

この第二駐車場の奥に、簡易ガレージがある。

そこに通勤用のベンツはある。

ちょっと大きいらしい。

(私は見てないからしらんが・・・)

調子こいていた時期に購入したらしい。

普通(この普通とは私と、お店の方の感覚である)、借りている駐車スペースのいガレージなんか建てるか?という疑問である

永続的に借りる(賃借権でも設定してあるとかね・・)あれば、そこまで行くと思うが・・・・

きっと、原価償却の対象なんだろうね、車も、車庫も・・・

そこへ、息子が降臨

以前(小学性のころ)は、会話をしていたらしい・・・

最近あの先生雰囲気が、変だよね・・・と

まず、顔つき、目つきが随分変わったらしい

息子曰く、どうも駅の近くに新手な○○科医が2軒も開業しているらしい・・・

名古屋よりではあるけれど、駅中心部からは、外れな位置なので、厳しいようである

おまけに、最近お客の入りはずいぶん悪いようである。

駐車場の施錠は、先々週からしないままだそうである。

客が勝手に止めることを誘発しているらしい。

ついでに笑えることは、看板をバンバン増やしている・・・どうも10枚以上らしい

年間の経費は、200から300万円ぐらい?

面白ことに、この医者、お客さんに、国産の使い慣れな商品があるにもかかわらず、外国製聞いたことのないメーカーの商品を進めてきたことがあるそうである。

値段は同じ、

なので、ちょっと使ってみてくださいという事で、半分をこの外国製にしたそうである。

使ってみると、外国製は使用感が非常に悪いので、外国製は、その時買った分を使い終わると即、使わなくなったそうである。

これも、値段が同じなら、仕入れ値の話かなぁとえげつない話をする客と店主・・・

うちの近所のヤブ医者一家の〇医者は相も変わらず時間外診療を頑張っている。

大体、この近所の〇医は、親子、兄弟そろってヤブである。

(ここ親は、ちなみの某帝大の医学部でうちの祖父の教え子であるからあまり悪口は言いたくないが・・・盲腸の手術を失敗するような医者であったし、救急指定でありながら、来ても外へ廻していたばかりいたから大したことはなかった様である・・・もう鬼籍ですが・・)

大体、この〇医の親族の嫁は、この〇医に行かない・・・・

普通なら、親族のところは行くのではないかと・・・

通常の営業時間は、19時まで

19時なると、普通の看護師は帰る

19時少し前に、別の時間外用の看護師が来る

もう、時間外は定常化しているのだから、定時が20時22時になっているようなものである。

19時定時だから、19時以降は時間外診療の診療報酬を請求するのはおかしいような気もする。

チェックする、機関もそんな目で見ていなので、注意喚起もしてないだろう。

チェックする機関が機能しなけれな医療費は増大する。

お店と、トラブルを起こしている医者は定時で終わり。

聞けば、駐車場を借りたころ、うちのこの駐車場は、親戚から借りているという事をやったら吹聴していたそうである。

お店の人は、元々地元の人なので、やたら嵩(かさ)にかかった物言いをしたそうである。

おまけに、土地を持っている人について、自分は親戚だ、親戚だぁたとをいう事を振り回すので

「○〇さんのところののお嫁さんの親戚でしょ?」

と云ったそうであるが・・・聞いてないようである。

心底、○○なんか売ってるような店の経営者だから、阿呆だろう、客も阿呆だろう・・・ト

端(はな)からバカにしているようである。

ところがである。

今どきの○○のお店に来ている客層は非常に分厚いのである。

一般の人、特殊な専門職な職業の方々もいる。

その人たちが、○○医より馬鹿か、アホかというえば、微妙であろう。

医者だから、偉いなんて思っているは阿呆である。

ただ、医大を卒業するのに、親は大変だったろうなぁと思うだけである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

物の値段について・・・

モデラーの最近の頭の痛い問題は、輸入模型の値段の高騰である。

理由は簡単で、中華メーカーのまとめ押し売り(コンテナ売り)と輸入代理店の利益を確定させたい思惑から、めちゃくな値段設定である。

中国で、数千円が、日本で1万円越えである

先日、中華メーカのヘリコプターにレジン製のフィギアの付いたヘリコプターのキットがある

「キティホークモデル 1/35 アメリカ軍 AH-6J/MH-6J リトルバード フィギュア6体付アの付いたキット」

国内のお値段は、

参考価格14,040円(多分定価)

アマゾンの中古が7,449円

本体のヘリコプターは、国内価格が4,000円ぐらい

単純に計算すれば、六体のフィギア代が1万円?

中国から直接買うと、最安値が 本体3,758円 送料1,548円

似たような値段が、本体3,333円、送料1,754円

ドイツから買うと11,515円(送料不明・・ドイツの送料は高いのよね)

中国からの平均的の価格は5から6千円である。

参考価格のほぼ半分である。

よく行くお店でも、9000円台である・・・しかもあまり出来は良くない・・

ある仲介業者(B社)が1枚かむと値段が跳ね上がる。

ほかの代理店もつられて値上げしている。

本当は、頑張ってほしいが、値段を上げている。

1/32の飛行機キティホークモデル 1/32 アメリカ軍 F-5E タイガーⅡ

一番高いのが 13,624円

販売店の値段は、順番に 11,232円、11,141円、10,100円

アマゾンの中古が9,986円

よく行くお店でも、1万円きるぐらい・・・出来は・・・?1万円の価値はない

中国(原産国)の最安値、6629円(送料なし)

こうして考えると、国内の価格は、大体、原産国の最安値の2倍が、標準的な値段と云える。

これはよくあることである。

以前よく使っていた輸入のレジンの飛行機パーツを輸入していくれる店がある。

ある時、BellX-1A(1/32)のフル米国でレジンキットが米国で発売された。

向こうの値段は、135ドルで、送料は、3000円ぐらい

で、その店にも聞いてみた。

予定価格26,500円・・・・・ちょっと高い、送料プラス利益40%ぐらい

で、もうここから買うのを止めて、製造元のメーカら直接買った。

まとめてほかの製品も、もちまちま買い込んだので、30000円ほど払った。

そのお店、以前、4千円ほどのパーツを頼んだら、1万円越えの請求が来たので驚いたことがある。

輸入品の値段設定は判らないのですが、最近暴利と感じることが多い。

大体、現地の倍の値段が多い。

送料を除くと3倍なんてザラである。

もデラーもう高齢化しているので、だんだん小遣いが減る、最終的には、買えない値段にお辟易する人が増えると…業界の自滅のような気がする

程よい値段のキット出していたサンダーモデルという中華メーカーがあるが、「D」が代理店になったとたんに、割高感のある値段になってきた。

ICMというロシアメーカーの代理店にもなっているは「D」は、じわじわと値段を上げつつある。

OEM生産のレベル社の方が安いなんて逆転現象が起こる。

代理店が生き残りをかけて値段を上げる

モデラ―は、まだ買える範疇だと、好きな機体、戦車、車なら無理してでも買う。

それが積み重なり、何となく無理して買うという事を無理に継続すると、ある一点を超えると、買わなくなる。

メーカーも考えないのか、チーフ店ならチーフテンがどっと出る。

各タイプが一気に出ると書く気が失せる

買おうと思う方が出たころは埋没しててみる気も起らない。

各中華メーカーの怒涛のシリーズ化が続く、タイガー、パンサー、でM4シャーマンと最近は続いてる

でも何となく、少し変・・というのが中華メーカーの悪いところ

製品に愛がない(笑)

パンサーは好きなのでほとんど買ったが…どれを買ってないのかよくわからんモードになる。

ヤークトパンターは、数個買ったが、全部中国直販、売れ残りセール狙いだったので、送料無料・・・3300円ぐらいだつた

国内最安値より安かったので買った・・ちなみに積んである・・・

まぁ、模型も買う事が困難なレベルに突入しつつあるので買えないキットが増えた。

行きつくところまでいけば、模型の趣味を止めてしまう可能性がある。

そうなると、模型人口の高齢化に伴う、人口減以上の減り方をするのではないかと思う。

モデラ―の生きがいは、つくることと、模型を買うという喜びが大切のような気がする・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鉄道模型の「東海模型」さん(岐阜市)廃業してました・・・

岐阜市の数少ない模型屋さんに「東海模型」さんという店があった。

(問屋さんで、東海模型がありますが無関係です。)

名鉄関係の鉄道模型が大変充実していたお店でした。

どうも、聞けば、どうも3年ぐらい前に閉めたようですね・・・

名鉄電車の鉄道模型を製作販売もしていたらしいです(鉄道模型の人でないのでわかりません・・・・)

1階は鉄道模型の山で、普通の模型はあんまりなかった記憶(4年ぐらい前に行ったのが最後だもの)

2階には、古い模型がたくさんありました。

後日聞くと、なかなか2階には上げてもらえないとのこと・・・

1/32の紫電、雷電、1/20(だったけ?)エアロスバル・・・絶版のキットがたくさんありましたので、ちまちまと、行こ5000円だったので・・・・買わせていただきました。

で、先日、久しぶり・・・・4年ぶりです、前を通ると

シャッターが閉まっていて、看板もない・・・

シャッターには

「閉店いたしました。長い間ありがとうございました。東海模型」

という紙が貼っててあった。

私が店を発見したときは、7年前の真夏の暑い日でした。

仕事の途中で・・・・「こんなところに模型店が!」(ちょっと失礼・・・ですが)

仕事で、てくてく歩いていると時々出くわすと嬉しくなってしまう。

時々、帰りに寄っては話をしていました。

店主の方は、結構ご高齢(90過ぎてたかな)でした。

鉄道模型の名鉄関係の沢山のコレクションをどうするかということを頻りに気にしていた。

名鉄に寄付しては?

という話もあったそうである。

実際には、どうなったものやら・・・

岐阜市内の路面電車の模型には惹かれましたが・・・・危険なので止めておきました

聞けば、後継ぎはいないそうで。

ご子息は先に亡くなってしまいている等状況があり、自分が死んだら店はやめるしかないとしきりに言ってみえました。

聞けば、元トヨタ自動車販売の社員さんだったそうである。

販売の指導、マーケテイングをなさっていたそうで、若いころは全国を経めぐっていたそうである。

VWのビートルがたいそう好きだったようである。

頻りに、レベルの古いVWのキットを勧めるので辟易したこともありますが、いいお爺さんでした。

ある模型屋さんで、店主が亡くなったことは聴いていたので、どうなったなと思い見に行くとあにはからず、なくなってました。

ちょっと寂しい。

個人の模型店は本当に減りました。

岐阜駅の近くの模型店では、子供は皆無と言っていました。

来るのは常連ばかりで、常連もどんどん減っていくとのこと。

「いつまでやるのかなぁ」

というか

「いつまでやれるのかなぁ」と・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タミヤさん

模型の話を少々

以前ならタミヤ模型の製品は、大体、新製品が出てから半年ぐらいはいつでも買えたような気がする。

最新の製品はブルムベアー

21764963_1450701568338834_174051156

子供頃(30年から40年前は、いつでも買えた感覚がある。

でも、時代は変わり、タミヤの製品だからと言っても、いつでも買える時代ではないという事が判明しつつある。

と云うか、もうずいぶん前から新製品を買わないと再生産は何時になるのかわからない時代が来たのである。

スポット生産という名前の再生産である。

時としては、売れ行きの悪いものなら、何十年と再販がない場合がある。

で、再販するときにはアップデートするから偉いなぁと思ったりもする。

先日、タミヤの新製品であるフィギアのセットが、大手販売店の店頭から無く、店員に聞く、再生産の予定がないの再入荷の予定はありませんときた。

21766383_1450701548338836_672264064


私、それを見て少々焦った。

探して買うのは嫌である。

単に、探して買うのが面倒なのである。

この年になると、探して買うという行為は不毛である。

その店が何個仕入れて全部売れたのかは知らないが(30個ぐらいかな?)、そんなことを書かれると少々焦る。

いつものお店に聞くと「まだあるよー」とのこと

2個取り置きしてもらった。

翌日取りに行くと、こんな話が聞けた。

聞けば田宮には、まだ何カートンか残っているらしい。

ちなみに1カートン60個

新製品なので、田宮さんは、1カートンでしか問屋に卸さない。...

これは商慣習で、新製品はカートン単位での販売、

新製品の旬が過ぎた頃に、再販在庫は少量卸が可能である。

今は時期的にも微妙である。

9月である、半年決算のところも意外と多い。

問屋でも半期決算のところが多いらしい、つまりは、余分な在庫は少しでも持ちたくない。

ある店では、店頭商品が無くなったので、問屋数店舗に聞くと、1カートンなら取りますという。

もう60個ぐらい売った後なので、さらに60個は売れる気はしない。

この店主の読みは結構あっていることが多い。

半分の30ならという事で、30個は再入荷。

ちなみに、私、普段、ドイツ軍のフィギアセットは買わない人のである。

が、今回のフィギアは、気にはなっていた。

が先週は買わなかったが、即、電話して2個確保

ついでに、フィギアセットを買うつもりで来店して、ブルムベアも2個目を買った(←バカ)

コーテイングシートを買い忘れていたので、先日1枚買っておいた。

が、昨日行くとすでに売り切れ・・・再発注するという事なので、頼んでおきましたが・・・

基本的に、田宮さんは、再販をすることは確実であるが、1年後か、2年後かは判らない。

どこかのメーカー(グンゼ産業)みたいに、再販は全然ないところもある。

田宮さんは、市中在庫に結構気を掛けているようで、市中在庫が無くなると出すパターンである。

ヤフオクで高値が出だすと、再販を検討するという噂も聞いたことが有る。

私の基本姿勢は、金があるなら、あとで後悔するぐらいなら買っておこう!(単なる杞憂?を発展させるバカ?)である。

今のモデラーのタミヤの新製品に関する姿勢は、二通りに分かれる。

「タミヤならいつでも買えるから新製品が出ても買わなくてもいいや」という人

「タミヤでも、新製品が出たなら買おう、いつ再販するかわからないし、タミヤの新製品なら問題なかろう、でサクサク作りたい」という人。

つまりは、「欲しいけどほかの模型買わなきゃいけないから、外国製の(たぶん絶対作らないキット)を買う方を優先して、タミヤを後回しにする。

タミヤの模型雑誌で、New KIT Reviwを読んで、これなら買うか・・・で店に行くとないので後悔する。」

で、とにかく新製品が出た、これは買わねばと買う人は基本的に、タミヤの製品の組みやすさ、自分お手を入れる余地のがあり、工作を楽しむ、新製品を買ってすぐに作る」、大体タミヤの戦車を途中で放棄したというパターンはまり聞かない。

この二パターンである。

私は、後者の「新製品が出たらとりあえず、買う人である。」興味がまったくないようなものでも買うが、全然買ってないものもある。

傑作といわれるナースホルンなんかかってません・・・

ドラゴンも、AFVCLUBもあるから、まぁいいかであるが、たぶん、この2社の製品は1ミリも作る気がない(現時点では。)。

ナースホルンが造りたくなると、たぶん、タミヤの製品を探して買いそうである。

基本的に、中華メーカーのキットがあまりにも高額である

例えば、ドラゴンという、中華メーカーでは、すでに老舗になりつつある会社は、以前は、3000円から5000円程度であった。

飛行機のH社が代理店頃は、こんな感じの値段設定だった。

飛行機のH社とP社の二社の体制になると、値段を少し上げた。

ドラゴンは、AFVキットの別ブランドを立ち上げたた。

そうしてP社が代理店になった。

P社の取り扱い分は大方2から3割方高かった。

長谷川は、代理店契約を切られて、他の模型メーカにドラゴンブランドは移った。

そこも、長続きせず、数年でP社がドラゴンの代理店になった。

すると価格帯は、いきなり5000円以上が当たり前モードになった。

以前の再販の製品の値段は大体倍である。

フィギアのセットは、1500円ぐらいだったものが、3000円弱である。

兵隊4から6・7人の値段としては買う気はない。

タミヤの戦車が買えてしまう。

P社の値段設定が強欲モードなのは深い訳がある。

大昔、で、飛行機のH社は、ファインモールが個人ブランドだったころに、95式軽戦車を9800円で販売したことが有る。

 その値段設定をした人が当然の様に居る。

 その人が造った会社がP社であり、「欲しいと思えば高くても買うのがモデラー」と勘違いしたようである。

 だから、価格設定はめちゃくちゃである。

 月に1個買うレベルではない値段が多い。

 サラデインという英国の六輪装甲車があるが、定価が7000円幾らである。

 いつも買う店でも5000円弱である。

 デキは・・・まぁ、その値段を出して苦労を買う様な事はしなくてもいいかなという感じである。

 だから買っていない。

 30年前の9800円のキットもすさまじいものがあるが、現在のドラゴンの値段は設定はすでに購買意欲を無くすものばかりである。

 戦車1台に9800円を出す気ない。

 しかも出来は良くない。

 サクサクとは作れない。

 微妙な調整が多い。

 やたらパーツが多いだけである。

 途中で嫌になるので、 精神衛生上よくないからである。

 今、お手つきがあるので、それの下地が終わったらブルムベアつくろかぁなと思う

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧