HIEN(TONY)  Instrument panel (飛燕 計器盤)

Imperial Japanese Army Type 3 Fighter IHIEN
Instrument panel replica
Some parts are original)
Kakamigahara Aerospace Museum Collection
Filming at the time of the old exhibition and at the current state of the exhibition
大日本帝国陸軍 三式戦闘機 飛燕
メーターパネル レプリカ
一部のパーツはオリジナル

各務原航空宇宙博物館収蔵
旧展示時の撮影と、現在の展示状態の撮影

Dsc00047 

 

 

Dsc_0122 Dsc_0123

Dsc_0121 Dsc08507 Dsc08506

Dsc08503 

Dsc08501

Dsc08499 Dsc08498 Dsc08497 Dsc08496

Dsc00049

Sight

Dsc00058

Dsc00060

Dsc00061

Control panel in the cockpit that retains the original color
オリジナルカラーを残すコクピット内のコントロールパネル

Dsc00745

 

| | コメント (0)

"HA140 engine" stored in Kakamigahara Aerospace Museum.「ハ140エンジン」各務原航空宇宙博物館に収蔵されている。

The picture shows the HA140 model stored in the Kakamigahara Aerospace Museum.
HA40 performance improvement type.
Higher compression ratio, higher rotation, and a water-methanol injection device added to raise the maximum boost pressure.
The following is a description of the prototype HA40.


写真は、各務原航空宇宙博物館に収蔵されているハ140型である。
ハ40の性能向上型である。
高圧縮比化・高回転化し、水メタノール噴射装置を付加して最大過給圧を上げた。
以下は原型のハ40についての説明である。


Dsc_01531Dsc_01691

 

The Ha40 is a liquid-cooled inverted V-type 12-cylinder engine manufactured by Kawasaki Aircraft. Kawasaki Heavy Industries licensed the Daimler-Benz DB601 engine.
It was produced at the Akashi Factory of Kawasaki Aircraft.
It was mounted on the Type 3 fighter Hien (Cord name TONY).
HA40 was used only in the Imperial Japanese Army Air Corps.
The same liquid-cooled inverted V12 engine for aircraft, manufactured by Aichi Aircraft (currently Aichi Machine), was licensed and produced in the Atuta type 21 type. This was used by the Imperial Japanese Air Force Corps. It was installed in "SUISEI". It was very difficult to produce a large 12-cylinder crankshaft with Japanese casting, machining technology, and metallurgical technology at that time.
At that time, there were in-line 6-cylinder engines for automobiles even in crankshafts produced in Japan, but in-line 12-cylinder did not exist. (Star engine has short crank)

HA-40 and Atuta 21 type are not compatible.
The incompatibility was that the Army-specified tolerance was a direct copy of the tolerance of Daimler Benz. It was very difficult to use Japanese crafting techniques and metallurgical techniques at that time. At the completion inspection, almost all of them failed in some cases. On the other hand, the Atsuta engine rarely fails the final inspection because it adopted loose tolerances that match the Japanese craftsmanship at that time (instead, the engine often broke in the battlefield).

ハ40は、川崎航空機が製造した航空機用液冷倒立V型12気筒エンジンである。ダイムラーベンツ社のDB601エンジンを、川崎重工業が、ライセンス生産したエンジン。
川崎航空機明石工場で生産された。
三式戦闘機 飛燕に搭載された。
ハ40は,大日本帝国陸軍航空隊でのみ使用された。
同じ航空機用液冷倒立V型12気筒エンジンである、愛知航空機製(現在の愛知機械)がライセンスを取得して生産したのは、アツタ型 形式は、21型。これは、大日本帝国機軍航空隊で、使用された。彗星に搭載された。
当時の日本の鋳造、工作技術、冶金技術では、12気筒の長大なクランクシャフトの生産が非常に難しかった。
当時、国内で生産されていたクランクシャフトでも自動車用の直列6気筒のエンジンはあったが、直列12気筒は存在していなかった。(星型エンジンは、クランクが短い)
ハ40とアツタ21型は互換性がない。
互換性はないのは、陸軍の定めた公差は、ダイムラーベンツ社の公差をそのまま引き写したものであった。当時の日本の工作技術、冶金技術では非常に困難を伴った。完成検査で、ほぼ全量が不合格となることもあった。一方、アツタエンジンは、当時の日本の工作技術に合わせた、緩い公差を採用したために、完成検査で不合格となることは少なかった(その代わり、戦地ではよくエンジンが壊れた。)。

 

Dsc_01711 Dsc_01701

Dsc_01541

Dsc_01551

Exhaust pipe attachment part has no cover for the previous 3 cylinders

排気管取り付け部は、前の3気筒分はカバーがない

 

Dsc_01621

A plate-shaped cover is attached to the rear three cylinders.

「排気管取付ケ所」="Exhaust pipe installation place" is written on the surface of the cover

後ろの3気筒分には、板状のカ バーが付いている

カバーの表面には「排気管取付ケ所」と書いてある

 Dsc_01111

Dsc_01101 

Dsc_01561

Behind the engine (black and Silver parats)is a supercharger

エンジンの後ろに見えるのは、過給機

Dsc_01131

 

 

Dsc_01161

Dsc_01811

Dsc_01581

 

Dsc_01981

上面

 

Dsc_01601

Dsc_01611 

"Air intake" is described on the circular plate

円形の板には「空気取入口」と記載

 

Dsc_01631_20200512140801

エンジン下面(鏡に投影)

Dsc_01651_20200512140801

Dsc_01671_20200512140801

Dsc_01671

Dsc_01681 

Dsc_01721

Elbow parts made of copper or brass are "drain pumps"

Cylindrical parts are "air intake"

真鍮か、銅製ののエルボーパーツは「排油ポンプ」

円筒形のパーツは、「空気取り入れ口」

Dsc_01731

Supercharger (reproduction)

Dsc_01751

Spark plug wire, spark plug cover

点火プラグ線、点火プラグカバー

Dsc_01791

Dsc_02121

Dsc_02161

Dsc_02141

Dsc_02131

Dsc_02111

 

Dsc_02161

Dsc_02201 Rear end of spark plug  点火プラグ後端

  Dsc_01781 

Near the engine rack

エンジン架部分付近

Dsc_01771

 

  Dsc_01861

Dsc_01881

Dsc_01891

Dsc_01901

Dsc_01921

Dsc_01951

Dsc_01961 

Dsc_02171

Dsc_02181

Dsc_02101

 

Dsc_01971

All rights reserved

The competent court for copyright is the
Nagoya High Court.

無断転用禁止

著作権に関する管轄裁判所は、名古屋高等裁判所とする。

 

 

 

| | コメント (0)

Zero-type shipboard fighter type 52 Engine cover /Near the canopy

Zero-type shipboard fighter type 52
Owned by Mitsubishi Aircraft (repair aircraft)
Engine cover (This has been completely repaired. The shape is not round)
Near the canopy
The mesh is because the net was hung on the ceiling where it was exhibited for a while.
(Currently, this aircraft is stored in the museum of Mitsubishi Aircraft Oe Factory. Shooting is prohibited.)

 

零式艦上戦闘機52型
三菱航空機所有(修復機体)
エンジンカバー(これは全面的に修復されているた。形状的に丸みが足りない)
キャノピー付近
網目は、一時期展示してあった場所の天井に網が吊ってあったためである。
(現在この機体は、三菱航空機大江工場の資料館内に収蔵されている。撮影は禁止となっている。)

Dsc03668

 

  Dsc03673

 

 

Dsc03409

Dsc03407

Dsc03613

  Dsc03412

    Dsc03404

Dsc03402

Dsc03616

Dsc03415 

Dsc03416

Dsc03419

  Dsc03562 Dsc03569

Dsc03563 

Dsc03566 

All rights reserved

The competent court for copyright is the
Nagoya High Court.

無断転用禁止

著作権に関する管轄裁判所は、名古屋高等裁判所とする。

 

| | コメント (0)

ZEKE TYPE52 Leg storage partft) Owned by Mitsubishi aircraft (repair aircra)

Zero-type shipboard fighter type 52
Owned by Mitsubishi aircraft (repair aircraft)
Leg storage part
The painting of the storage is not green because of the end of the war. Also, since 1945, there is no application of an anticorrosive undercoat.
(Currently, this aircraft is stored in the museum of Mitsubishi Aircraft Oe Factory. Shooting is prohibited.)

零式艦上戦闘機52型
三菱航空機所有(修復機体)
脚収納庫部分
収納庫の塗装は大戦末期の為に青竹色ではない。また、昭和17年以降は、さび止めのアンダーコートの塗布もない
(現在この機体は、三菱航空機大江工場の資料館内に収蔵されている。撮影は禁止となっている。)

 

Dsc03303

Dsc03312

 

 

Dsc03318

Dsc03323

 

Dsc03325

 

 

Dsc03398

Dsc03399

Dsc03647

Dsc03649

Dsc03659

Dsc03663

Dsc03645 

All rights reserved

The competent court for copyright is the
Nagoya High Court.

無断転用禁止

著作権に関する管轄裁判所は、名古屋高等裁判所とする。

| | コメント (0)

マツダK360 資料写真 K360 walk around  Materials for hobbyists who make models

 


Let's overcome the Coronavirus together.
Toyo Kogyo(MAZDA) K360

Materials for hobbyists who make models

Let's enjoy making models at home.
Please leave the link free.
Please contact us for diversion posting.

 12

3_2020032811250114152224282930314342414039_2020032811260138373633325753525150444546474967666564635859_202003281128016061627574737272_2020032811280168697071_20200328112801718685848382818079787796959493928788899091106105104103102979899100101116115114113112107108109110111126125124123122117118119120121137136135134133128129130131132147146145144143138139140141142149thumb1154153149152

All rights reserved

The competent court for copyright is the
Nagoya High Court.

無断転用禁止

著作権に関する管轄裁判所は、名古屋高等裁判所とする。

| | コメント (0)

岡本工業製航空機ホイール

Dsc00136

某所の航空機用(天山?)のホイール刻印に昭和19年岡本工業株式会社と記載があった。

現物を見たことはなかったので少々うれしい。

岡本工業は、もう忘れ去られて自転車メーカーである

戦前、丸石と人気を二分したメーカーである。

 

この会社は、明治時代に、岡本兄弟商店を設立して自転車を製造していた。
 この時の自転車が、ノーリツ號である
1919(大正8)年1月22日 株式会社岡本自転車自動車製作所設立
(1919(大正8)年1月26日登記・岡本兄弟商店の 改組織
【目的】
1.自転車、自動自転車、自動車の製造販売及同付属品の製造販売
1.兵器の製造並びに飛行機の付属品の製造販売
1.自転車、自動車付属品及び原料の取次販売
改組織前の目的は、「自転車の製造販売」のみ。

資本金は50万円(1919(大正8)年4月 1日資本増加決議、100万円に増資)8)。

(合資会社岡本兄弟商店、株式会社岡本自転車製作所 登記簿謄本)

岡本自転車自動車製作所は、組織改編とともに、自動車の生産をもくろみ社名に加えた。併せて、自動車産業への足掛かりとして、利益を度外視して航空機用車輪の製造を開始。

大正8年当時陸軍航空部に、6000個の部品を納入。

(自転車万歳(ノーリツ80年の歩み)1974(昭和49)年岡戸武平 中部経済新聞社 64頁)

しかし、現実的には、自動車の製造は行っていなかった。

同社の広告には、自転車と自動車(車種不明)の絵は載っていた。

実際に自動車関係の事業を行うのは、中京工業化(通称、中京デトロイト化構想、計画)で、アツタ号のパーツの一部を生産したことに始まる。

1920(大正9)年

 岡本自転車自動車製作所

 日本最初の飛行機用車輪を完成、同年陸軍省指定工場の名を受け、「モ」式軍用飛行機車輪を生産する。

((自転車万歳(ノーリツ80年の歩み)1974(昭和49)年岡戸武平 中部経済新聞社 ノーリツ号小史 沿革及び推移5頁)

1926(大正15)年725

岡本自転車自動車製作所は、関連会社を設立

「株式会社 名古屋自動車工業所」

目的 自動車、自動自転車(オートバイ)製作売買及び修理、自動車の賃貸 

 (出典 同社商業登記簿) 

1933(昭和8)年中

 1 岡本自転車自動車製作所の製作したパーツを使用した、国産大型車アツタ号の生産開始、3月末完成

   1号(フェートン力軍テスト用)、2号車(日本車輛使用の社用車)完成

 1 岡本自転車自動車製作所、側車付自動二輪車とオートバイの製造を開始

   一般向けは「ノーリツ」号、軍用は「95式側車付自動二輪車乙」の名称で販売。

  (「名古屋工業の現勢」名古屋商工会議所 発行 1936(昭和11)年5月 64頁)

 2 「95式側車付自動二輪車乙」の発注時期は、不明、昭和初頭に陸軍の命令で始まったのではないかといわれる。

 (論文「日本内燃機”くろがね“軍用車両史95式”側車付“と”四起“の技術と歴史背景」 2004(平成16)年 坂上茂樹 第10237頁)

1934(昭和9)年

  側車付自動二輪車(サイドカー)完成し、陸軍省へ納入

  自転車万歳ノーリツ88年の歩み 岡戸武平 1974(昭和49)年刊行  

1936(昭和11)

  ダイハツ、くろがね、陸王各社と競合小型乗用車(指揮官用乗用車:岡本号)を完成、陸軍へ納入

1937(昭和12)

  岡本航空機工業株式会社を設立

  名古屋市南区笠寺に12万坪の工場設立

1941(昭和16)年

  岡本工業株式会社、岡本航空機工業株式会社を合併 

  航空機の脚柱、及び車輪の最大メーカーととなった。

  国内7か所に工場を拡充、3万人余の人を要した軍需工場として稼働

  なお岐阜県の垂井町の工場のみ国内唯一の自転車専用の軍需工場として自転車の生産を継続した。

1945(昭和20)年8月

  敗戦、生産中止

  7工場のうち、本社、笠寺、樽井工場を除いて戦時賠償指定工場として閉鎖

 

All rights reserved,The competent court for
copyright is the Nagoya High Court.

無断転用禁止,

著作権に関する管轄裁判所は、名古屋高等裁判所とする。

 

| | コメント (0)

front wheel of Hien(KI-61)Ki-61 ホイール

Former Kawashima Town Hall, Gifu Prefecture (1951-4 Kawashima Matsukura Town, Kakamigahara City (Kawashima Kaikan))
(Kawashima Town is currently incorporated into Kakamigahara City)
Open to the public, shooting requires permission
There is a front wheel of Hien(KI-61) from the Local Museum, a permanent exhibition at other halls, and a model of a 500 pound bomb.

旧岐阜県川島町役場跡(各務原市川島松倉町1951-4(川島会館内))
(川島町は、現在は、各務原市に編入されている)
一般公開、撮影は許可が必要
郷土資料館収蔵の飛燕のフロントホイール、他のホールも常設展示、500ポンド爆弾の模型がある。

Dsc07750_2

Wheel cover thickness 1.6 to 1.8 mm
Stop the bab in three places
The screw has a round head and a flathead screw
The material of the screw is normal iron

The hole cover has 6 screws on the outer circumference.
The screw has a round head, and a manais screw

The bell-shaped hole in the wheel cover is the cover part of the inflator.
The cover body is lost.
The wheel body is a pressed product, and the cover part that is aired is recessed by cutting
The surface of the wheel body is anodized only, without painting

ホイールカバーの厚さ1.6から1.8ミリぐらい
バブの部分は、三カ所止め
ネジは、丸い頭でマイナスねじ
ねじの材質は、通常の鉄

ホールカバーは、外周部分で6カ所の螺子止め
ネジは、丸い頭で、マナイス螺子 

ホイールカバーのなすび型の穴は、空気入れのカバー部分
カバー本体は、失われている。
ホイール本体は、プレス品で、空気いてのカバー部分は切削加工で凹になっている
ホイール本体の表面加工は、アルマイト加工のみ、,塗装なし

Dsc07762


Dsc07761
Dsc07766




Dsc07765





Dsc07746

タイヤの刻印

4.5KG/㎠

BS ブリジストン

ホールの刻印

KI6104423 1型  600×175

 

Dsc07747


Dsc07748

Dsc07767_2

Serial number with convex mold on the tire body
  There is no marking in the square (because it is made of Bridgestone, the marking should be "BS" originally, but it is not included.
It is considered that there is no stamp as a countermeasure against espionage.
Below the square, write "5" (May manufactured?)

タイヤ本体に凸モールドで製造番号
 四角内に、 刻印なし(ブリッジストーン製なので本来は「BS」と刻印が入るはずであるが、入っていない。
防牒(スパイ活動への対抗策)として刻印がないと考えられる。
四角の下に、「5」と記載( 5月製造?)

Dsc07771

The wheel body is made of cast aluminum
Inner rim of reinforcement is made of iron (not alloy)
Aluminum rivets fit the wheel body and inner rim

補強の内側のリムは鉄製

本体との勘合は、アルミ製リベット

Dsc07777


Dsc07778


Dsc07779

| | コメント (0) | トラックバック (0)

試製秋水 J8M/Ki200 (ロケット迎撃戦闘機型) 主翼

Is the aircraft experimental shusui (machines) by Mitsubishi aircraft Corporation from the wreckage reconstructed from measurements at the time of drawing.

Limited, Mitsubishi heavy industries, Nagoya air space system Mfg archives in room, public in General.
J8M (ki200) Navy / army codenamed "19 test fighter.

試製秋水(復元機)三菱航空機が、残骸から計測、当時の図面から復元した機体です。
限定的に、三菱重工業名古屋航空宇宙システム製作所史料室で、一般に公開されています。

海軍/陸軍コードネーム(J8M/キ200)「十九試局地戦闘機」

Main material is wood hollow

Metal brake (bottom view)
Inside the brake's cockpit color and similar colors

主翼の材質は、木製中空構造です

エアブレーキ(下面)は金属製

 

エアブレーキの内側は、操縦席の塗装と同系色

 

 

 

主翼

 

001_209

 

001_4

001_8


001_7


001_109


001_110


001_225


001_224

 

001_218

001_226


001_300


001_520

001_518

 

001_301

 

001_222


001_295


001_294



001_220


001_215


001_214


001_213


001_212


001_298

 

 

 

001_347

001_312


001_317




001_346


001_93


001_94


001_97


001_250

 

 

 

001_128

001_328



001_193


001_333


001_334


001_335


001_364


001_275

 

001_509


001_510


001_511


001_512




001_513

 

001_501


001_275









001_245


001_246


001_247


001_248


001_249_2

 

001_255

001_242_2

 





 

001_251


001_252


001_253


001_254


001_243



001_244



 

 

 

























| | コメント (0) | トラックバック (0)

試製秋水 J8M/Ki200 (ロケット迎撃戦闘機型)

試製秋水(復元機)

試製秋水。海軍(J8M/キ200)

「十九試局地戦闘機」

Is the aircraft experimental shusui (machines) by Mitsubishi aircraft Corporation from the wreckage reconstructed from measurements at the time of drawing.

Limited, Mitsubishi heavy industries, Nagoya air space system Mfg archives in room, public in General.

Navy / army codenamed J8M (yi200)
"19 test fighter.

Near the pilot's seat
Taken in a closed canopy in unclear, sorry.
Said was disabled is open to open and close the canopy becomes the cause of the failure.

試製秋水(復元機)三菱航空機が、残骸から計測、当時の図面から復元した機体です。
限定的に、三菱重工業名古屋航空宇宙システム製作所史料室で、一般に公開されています。

海軍/陸軍コードネーム(J8M/キ200)

「十九試局地戦闘機」
操縦席付近

キャノピーを閉じた状態での撮影で不鮮明で申し訳ない。
キャノピーを開閉すると、故障の原因となるので、開けることは不可と云われました。

 

 

001_75



001_133


001_79


001_169


001_170


001_315


001_313

 

 

 







001_194




001_342


 

 

 

001_359

 

001_360


001_361







001_343

 

001_336

 

001_341

 

001_404

 

001_358





001_339


001_338

 


001_398
001_337


001_141


001_21

 

001_340


001_343_2


001_396


001_343_3


001_356


001_397


001_405


001_403

 

001_402


001_344





001_392



 

 

 

001_395_2


 

001_345

001_393

001_396_2




| | コメント (0) | トラックバック (0)

Ki-61 HIEN(TONY) TYPE3 Main wing

KI-61 HIEN (TONY) YPE3

Main wing
Center section
UNDER PART

キ-61 飛燕 主翼下面部分

_dsc7686

 

_dsc7687


_dsc7688


_dsc7694


_dsc7695


_dsc7696


_dsc7696_2


_dsc7697

Dsc08564

 

Dsc08560

 

Dsc08559





Dsc08561


Dsc08562


Dsc08563

_dsc7700
Dsc08566


Dsc08567


_dsc7698


_dsc7699


_dsc7701


_dsc7702


_dsc7703






| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧